「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

一度きりの人生、本当に「自分」の人生を生きているのか…
考えたことはありますか?
「遠慮しない」未来を描き、
"自分"に還る方法、一緒に考えてみませんか♡


テーマ:

いつもご覧いただき、ありがとうございますラブラブ

 

ぱちこと柏木むつきです。

(初めましての方はこちらこちらをどうぞ)

(YOUKYOUカフェに込めた想いはこちらです)

 

 

今日は、事務の相田と今年の打ち合わせ。

 

 

昔は打ち合わせとかって

重苦しい雰囲気で

「こんなん言ったら叱られるかな…」とかそんな小難しいもの、

というイメージがあったから苦手だったけれど、

今は打ち合わせにそんなイメージは全くない(笑)

 

「この企画、どうしたらもっとみんなが楽しんでくれるかな!?」

「いつかこんなこともしてみたいよねー」

みたいにワイワイやると、

どんどんアイディアが思い浮かんできて、とっても楽しい。

 

夜にはまたまたちゃみこが我が家に泊まりにきた。

3人で晩御飯。賑やかな週末。

(実は一本原稿の〆切が迫っているのに…)

 

 

相田にお願いしていることは、

実は、自分でもできること。

今の自分ができることもあるし、

頑張って覚えたらできることもある(ホームページ更新とか)。

 

 

別に嫌いなことでもない。

 

 

それでもお願いしているのは、

私がやるよりも素敵な仕上がりになっているから。

私一人でやるより、

視野が広がるし、文章も上手だし、対応も丁寧になる。

(相田の気配りと丁寧さに敵う人はいないと思ってる)

それに一人でやるより、

YOUKYOUカフェにかけている時間が単純に増えるから。

そして、何より楽しいから(笑)

 

 

養護教諭として勤務した一年目。

「この学校には私しかいないから…」

と思い込んで全部全部、一人でやっていた。

それこそ、丸ごと全て抱え込んで

「この仕事は私のもの!!」みたいな勢いで。

 

だって、そうじゃないと、

周りから認められないと思ったし、

周りの先生にお願いすると嫌な顔されると思ったし、

もしかしたら、

私にしかできない、と上から目線だったのかも。

 

それを少しずつ少しずつ、

みんなと共有していくことにシフトした。

それは先生だけでなく、生徒も。

 

そうしたら、

私より掲示物が得意な生徒もいるし、

私とは違った目からうろこのアイディアをくれる先生もいたし、

「養護」の枠が広がったように感じた出来事が沢山あった。

 

何より、

「誰も私の気持ちなんてわかってくれない…」

「私の忙しさなんて理解してもらえないんだ」

と思っていたのは、

正直自分の思い込みだったことに気づけた。

 

そういう状況にしていたのは、

自分のエゴだったんだな…って。

 

 

時々YOUKYOUカフェでも

「やるべきリストがいっぱいだよー」

という声を聴きますが、

「本当に全部“あなた”のお仕事?」と返すようにしている。

 

そのお仕事、

中身をもっともっと掘り下げて、細分化してみると、

実は自分“だけ”の仕事にしておく必要がないものもあるはず。

 

そうやって、

一つずつ「枠」を拡げていく。

そうやって、

一歩ずつ「未来」に近づいていく。

 

 

 

{C473020E-D8AF-4FE5-AD50-9C1C9EAD8DD0}

(チョコミン党にはたまらないスイーツ!)

 

 

 

文章に愛を込めたインスタグラムはこちらですルンルンこちらをクリック

 

 

YOUKYOUカフェ♡柏木むつき(ぱちこ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。