「できない」ことの何が悪い(笑) | 「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

「自分のままで"養護教諭"になる」柏木むつき/YOUKYOUカフェ主宰【関東/関西】

一度きりの人生、本当に「自分」の人生を生きているのか…
考えたことはありますか?
「遠慮しない」未来を描き、
"自分"に還る方法、一緒に考えてみませんか♡


テーマ:

いつもご覧いただき、ありがとうございますラブラブ

 

ぱちこと柏木むつきです。

(初めましての方はこちらこちらをどうぞ)

(YOUKYOUカフェに込めた想いはこちらです)

 

   

 

 

昨日、6月30日は、

博士課程の願書の〆切(消印有効)でございました。

 

 

どちらかというと、

「ギリギリを楽しみつつも、

計画的にこなすのが得意」

というスタンスが基本装備の私でしたが、

今回ばかりは、

少し立て込んでおりまして…。

 

週末は名古屋にいまして、

その後、28日は、

修士論文の検討会。

 

 

きづけば、

30日の朝に、

願書に最も必要な

「研究計画書」という書類が手つかずで…。

 

 

昔々の私なら

そんなことは有り得ない事態。

プライドがエベレストより高く、

完璧主義だった私は、

「誰の手も借りずに、余裕で出す自分」

をこよなく愛していたので(笑)、

こんな状況は耐え難い非常事態です。

 

 

 

結論から申し上げますと、

ギリギリ、間に合いました!!!

願書、出せた―!!!!!

(郵便局の方にも

「これ、今日の消印ですよね?!

間に合いますよね!?」と血相変えて質問する私。

「はい、ここに消印押しましたからね、大丈夫ですよ」

と笑顔で見せてくれるおじさま。)

 

 

 

ここだけ言うと、

「やっぱりね」とか

「何やかんや言うても、出せるんでしょ」とか

いう人もいると思います。

 

 

正直に言います。

今回ばかりは、

「ギリギリ」のレベルが桁違いだった!!!

 

 

どんなに頭をひねっても。

パソコンの前に5時間座っても。

一文字も出てこない状況。

一文字も書けない状況。

泣きそうでした。

 

 

もちろん計画書は自分で作成するのが鉄則なのですが、

仲間に助言や添削をお願いすることはできます。

昔ほどではありませんが、

その「お願い」が私にとってはちょっとした「壁」でした。

みんなに「できない」自分を見せるのも嫌だし、

何か言われて凹むのが嫌だったから。

 

 

そう、

私には、未だに

ちっぽけで、

おっきなプライドが残っていたのです。

 

 

勇気を出して、

29日の深夜(正確には30日の早朝)、同期に

「願書まだ書けてない…」

って連絡したら、

「じゃ、明日早めに大学院に行きますよ!」

とのこと。涙

 

30日、大学院に行ったら、

同期だけでなく、

先輩も後輩もみんなが親身になって、

「柏木さん、履歴書の方の誤字脱字確認しますね!」

「計画書、文章おかしいところがないか、目を通しましょうか?」

と、助けてくれる…涙

しまいには、

バイトで先に帰った同期からも

「願書、出せました?」

「先に帰ってしまい、お手伝いできずにすみません」

というラインが…泣ける…涙

 

 

衝撃だったのは、

私の研究内容なんて

誰も詳しくは知らないと思っていたのに、

「柏木さんの研究したいことって…つまりこういうことですよね?」

とか、適宜まとめてくれるんです。

 

「え、私でもまとめられていないのに

どうして分かるの!?」

と聞くと、

「柏木さん、いつもめっちゃ熱く

『私は養護教諭を取り巻く○○を研究したくて~』

『学校現場のこういうところを変えたくて~』

とか言ってるじゃないですか(笑)

伝わりますよ、あれだけ言ってれば。」

とのこと。

 

 

…うぅ…泣けました。

 

 

今まで、

「できる」「できない」の尺度にとらわれすぎていて。

同期と出会った時なんかは、

「この人たちには

頭では敵わないけれど、

(すでにここで勝ち負けを判断している)

私には実践経験があるもんね。

(何とかここで優越感に浸って自分を保とうとしている)

と、勝手に彼らと比べて生きておりました。

 

 

でも結局は、

「できる」「できない」なんて、

ある一つの視点からみた尺度に過ぎなくて。

今回のだって見方を変えれば、

私は、

「できない」ことを言うことが「できた」。

そうすれば、

「できない」ことだって「できる」に変換可能。

 

 

「できない」自分だという

セルフイメージを創っていたのも私。

 

 

世界は本当は

想像以上に温かったよ。

 

「できない」自分でも

大丈夫なんだって。

また一つ見えない豊かさに気づいたよ。

 

「できない」ことの何が悪い(笑)

私は「私」のままで上等なのだ(笑)

 

{55B36BAB-F0F7-4500-AAE7-3EEB03A8CC1B}

(これは28日の修論検討会の後に、後輩が企画してくれた

お疲れさま会。「豊かさ」って身近に溢れているな…。)

 

 

 

 

 

 

 

一段落ついたのもつかの間。

次は7月10日に、

ゼミで書いている本の執筆の中間発表…苦笑

 

スリリングな毎日は、

もうしばらく続きます!!!

 

 

明日は日帰り名古屋です♡

 

 

文章に愛を込めたインスタグラムはこちらですルンルンこちらをクリック

YOUKYOUカフェ♡柏木むつき(ぱちこ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス