私が生きることに貪欲な理由。 | 柏木むつき/あなた(YOU)とあなた(YOU)をつなぐYOUKYOUカフェ♡
新型コロナウイルスに関する情報について

柏木むつき/あなた(YOU)とあなた(YOU)をつなぐYOUKYOUカフェ♡

「自分のままで“養護教諭”になる」をコンセプトに、YOU(あなた)とYOU(あなた)を繋ぐYOUKYOUカフェを主宰しています。

 いつもご覧いただき、ありがとうございますラブラブ

 

ぱちこと

柏木むつきです。

(初めましての方は⇒こちら

(ご縁リストは⇒こちら

 

 

「遠慮しない未来の創り方」<私の場合>

プロローグ

その① 「受ける」と腹の底から決断する。

その② 「目的地」までの距離を知る。

その③ 「現在地」を正確に把握する。

その④ 「目的地」までの「行き方」を計画する。【前編】

その④ 「目的地」までの「行き方」を計画する。【後編】

エピローグ 「想い」を大事にする。

 

 

タイトル通り、

今日は私がなぜここまで「生きること」に貪欲なのかについて、

ちらっと話したこともありますが、

ちゃんと書いてみようと思います。

 

 

今日は、朝から病院での定期検査でした。

かれこれ28年ほど、定期検査に通っております。

 

{3FFC99E7-71E1-40C6-AAE5-14E71D317C10}

(今通っているのは2つ目の病院です。桜がきれいでした。)

 

 

 

 

プロフィールにはさらっと書いているのですが。

 

私は、

二十歳まで生きられないと言われていた人間です。

 

一度目の病気で

「手術の成功確率は20%」と医師に言われた母親は、

夏の線香花火を見ながら、

私の人生が短いことを覚悟したと言います。

 

その病気で、私は消化器官の

大部分を切除してしまったため、

その後遺症で、

食事と運動に大きな制限がかかった幼少時代を過ごします。

 

幼稚園はほとんど行けていないし、

小学校中学年までは、

遠足は欠席、

体育は内容によっては見学、もちろんプールも見学です。

給食も一人だけお弁当ということで、

正直、周りの友だちと同じように過ごせないことが辛かった。

「お前だけ特別扱いされてずるいよな」と

男子に言われるのが悔しかった。

 

二度目の手術は、

もはやあと半日遅れていたら助からなかった、とのこと。

その時たまたま来ていた叔父の機転で、

一命を取り留めたのでした。

その時にもまた、私は消化器官の一部が壊死して

機能を失います。

 

 

給食のおかずが食べたくて、

こっそり食べたこともあります。

結果、その日の夜に救急搬送。

そのまま入院。

学校の先生も大変だっただろうな。

 

小学校4年生くらいまでは、

とにかく体が弱く、

入退院と自宅療養を繰り返していました。

(今の姿からは想像できない!)

 

 

私は、

皆と同じように学校に行きたかった。

皆と同じように遊びたかったし、勉強がしたかった。

いつも病院のベッドの上で、

一人で計算ドリルをしたり、漢字ドリルをしたり。

ぬいぐるみを並べては話しかけて遊んだり。

本を読んで空想の世界で自由になってみたり。

入院中に仲良くなったお友達と会話することで、

母がお見舞いに来れない時間の寂しさを埋め、

いつも自分を慰めていました。

(後に母が、慣れない高速道路を必死で毎日運転して

病院まで来ていたことを知ります。)

 

 

お友達の中には、

私より先に退院する子、

私が退院しても退院できない子。

そして…今思えば、天国に行ってしまったんだろうな、という子。

色々なお友達と出会いました。

きっと幼心に、

「生きること」と「死ぬこと」の表裏一体の感覚を

その時点で身につけていたのだと思います。

 

 

 

私は、これまで

母の愛が重たくて、苦しかった時期がありました。

でも最近ようやく、

母が私に無償の愛をずっと注ぎ続けてくれていたことを

受け止めることができました。

 

成人式の朝。

母が大泣きしていた時も私は冷静でした。

でも今なら分かる。

「二十歳まで生きられない」と

言われ続けてきた私が、

成人式を迎えることができたその事実は、

きっと私の想像以上に

母にとっては大きな節目だったのだろうと。

 

「妹が初めて立った姿を見れなかった」と、

母が泣くのを見て、

「そんな大げさな」と冷めていた自分。

でもそれは、

私の看病につきっきりで、

妹はいつも友人の家に預けられていたこと。

その友人の家でいつも妹は

大人しく母の帰りを待っていたこと。

そんな背景がありました。

だから妹は今でも

人の機嫌をこれでもか、と伺うし、

感情を表に出さないのだと思います。

 

 

それなのに。

私は、元気になって後遺症もほとんどなくなってからも、

時に健康のありがたみを忘れ、

母の愛を認められず、

妹の愛にも気づかず、

周りの愛にも目を背け。

結果として、

自分自身のことも大嫌いで。

他人と比べ、

自分の醜さに落ち込み、

他人と比べ、

優劣をつけては虚栄心で自分を満たす。

そんな自分が大嫌いで、

生きている価値があるのか、と

常に自分を否定して生きていました。

 

 

そんな過去があったから、

今、私は生きることに貪欲なのです。

ようやく手にした

「自分の人生」。

ようやく気付いた

「自分の存在価値」。

決して遠回りだったとは思いたくないけれど、

やっと私は、

自分の足で

自分の人生を歩む覚悟を決めたのです。

だから私は、

「人生に遠慮しない」と

心に誓っているのです。

それが、沢山の人へのせめてもの恩返し。

そして、これから出会う多くの人への恩送り。

 

 

 

今日も病院では、

小さな子どもを連れた保護者が、

不安そうに待合室に座っていました。

子どもは無邪気に、

笑顔を浮かべて遊んだり、

治療の怖さに泣いたりしていました。

 

不安そうな保護者の顔を見て、

「大丈夫だから。

あなたのせいじゃないから。

私は病気があっても、幸せだったよ」と、

心の中で声をかけた一日でした。

 

 

ようやく出せた

「ありのままで生きていて良い」という許可。

だから私は、

生きることに貪欲なのです。

 

 

文章に愛を込めたインスタグラムを始めましたルンルンこちらをクリック