どうも、ぱちんこ特許チャンネルです。

 
 
 
今日のテーマはタイトルにある通り『販売台数を知る方法』です。
 
 
「タイトル詐欺だ!」とか言われたくないので最初に言っておきますが、この方法を知っても皆さんが販売台数を知ることができるわけではありません。
 
あくまでも『正確な販売台数はどうやったらわかるのか』がわかるだけです(^_^;)
 
正確な数字なんてそもそも知る必要もないですが、マメ知識としてお伝えします。
 
 
 
まずは販売台数を「ざっくりと」知る方法から。
 
これは皆さんも知ることができます。(一部条件つき)
 
 
①データサイトの台数を参考にする
 
例えば会員数(ホール数)シェアがホール全体の50%を占めるデータサイトがあるなら、そこに載っている台数を2倍すれば大体の販売台数となります。
(小規模ホールほど会員になっていないという情報がわかっているなら1.5倍くらいが妥当)
 
 
②営業マンに聞く
 
本当のことを言ってくれるかはアナタと営業マンとの親密度合いによります。
 
他社機の予定販売台数も大体共有されてるんじゃないですか?
 
 
③組合が発表した数字を参考にする
 
これは個別情報というより、2019年はこれだけ販売しました、というトータルの数字ですね。
 
毎年減っていることがわかるだけです(;´д`)
 
 
④IR情報を参考にする
 
上場している企業であれば四半期ごとに決算報告を出しているので、そこにはパチンコを何台販売したなどの情報も書かれています。
 
 
 
 
はい、ここからが本題。
 
 
タイトルにある通り、1台のズレもない超正確な販売台数(それも機種別に)を知る方法があります。
 
 
⑤メーカーに教えてもらう
 
ズバリ、これですね。
いや、各人それぞれ言いたいことはあると思います。
 
 
A氏「そんな数字をわざわざ教えてくれるわけがない!」
B氏「情報漏洩はインサイダーに該当するおそれがあるぞ!」
C氏「痴漢!アカン!」
 
 
たしかに、普通に考えたら教えてくれるわけないですよね。
・・・でも教えてくれるんです。
 
 
正確に言うと、通知義務があります。
 
 
現在、ほぼすべてのメーカーは何かしらのパテントプール(特許をうまいことアレするところ)に入っており、実施料として1台あたり○○円(10円単位ではない)を支払っています。
 
1台あたり○○円なんだから、何台売ったか1台単位まで正確に通知する義務が生じます。
パテントプール加盟各社は、お互いに毎月何を何台販売したか通知し合っているらしいですφ(..)メモメモ
 
 
100台とか、何なら0台でも報告しないといけないので、メーカーによってはちょっと恥ずかしい月もあったりするのはご愛嬌。
 
 
逆に言うと特許の絡みがなかったらわざわざ自社の販売台数を他社に洩らすようなことはしません。
 
特許と販売台数なんて一見何の関わりもないのに、実はこんなところにも影響があった、というお話でした。
 
 
 
それではまた。