こんにちは

ヘルシーホームアドバイザーの正田純子です

 


シリーズでお伝えしている

「夏を快適に過ごすための家づくりのヒント」

今日は、 その3 です。

 

太陽光を部屋に入れない

《熱い太陽光は窓の外側で遮る》



太陽光がガンガンと直接室内に入り込んでしまう家では、

どんな工夫をしても快適な暮らしの空間にはなりえません。

 
一度、暑くなってしまった室内を涼しくするのは大変だからです。



夏は窓から入り込む日差しをいかに防ぐか…が、快適な暮らしの決め手の一つです。

その日射遮蔽を効果的に行う大前提は、
窓の外側で遮蔽することです。

 
暑さを部屋の中に入れないこと…これが重要です。



伝統的な葦簀(よしず)や簾(すだれ)…昔から日射を遮るものは窓の外にありました。

 

現代の代表的日射遮蔽の道具はブラインドですが、

そのブラインドは、ほとんどが窓の内側にあります。

太陽光をはね返し、日射遮蔽の目的は果たしているのですが

ブラインドそのものは、太陽に暖められて熱くなってしまいます。

そのため、窓際にパネルヒーターが置いてあるような状況になります。

熱さを防ぐべきブラインドが熱源になってしまっているわけです。

 

おすすめは、、「外付けのブラインドシャッター」。

耐油の熱を窓の外でさえぎり、部屋の温度上昇を防ぎます。

また、シャッターを閉めた状態で、ブラインドの角度を変えることができるので

日光を遮りながら、風を入れることができます。

 



昔ながらの、葦簀(よしず)、簾(すだれ)も、おすすめです。

 

 

夏を快適に過ごすための家づくりのポイント、その4、その5は

また明日。