こんにちは

ヘルシーホームアドバイザーの正田純子です

 

吹き抜けや、リビング階段のような大空間の間取りにしても、

冷暖房効率が悪くならない家の作り方PAC工法。

Passive Air Cycle パッシブエアサイクル工法)

このPAC工法には、外張り断熱が欠かせません。

 

今日は外張り断熱についてお話します。

これを知っておかないと、家づくりの基本のところでつまづきます。

 

時代はさかのぼること…1970年代。

それまでの木造の家は風通しが良すぎて寒かった。

窓枠や玄関の扉が木材で出来ていたため、隙間風が入ってきたり。

床下から風が通り抜けたり

 

時代は、オイルショックの影響で、省エネ推進。

エネルギーを使わないようにする傾向にありました。

暖房エネルギーを無駄にしないために、

住宅業界では、冬を暖かく過ごせる家づくりを目標に、

充填断熱(内ばり断熱)施工が始まりました。

 

充填断熱(内ばり断熱)というのは、

室内の壁と、外壁の間の空間に断熱材を施工する方法。

グラスウールというガラス繊維でできた布団のような素材を、

この空間に詰め込むという方法が、

安価で施工しやすいということで主流になりました。

画像はお借りしています

 

ところが、木造の躯体(家の骨組み)の中に、断熱材を充填する方法で、

密閉された柱や梁が湿気てしまい、

ついには、柱や土台が湿気のために腐ってしまうということが起きました。

 

家の内側でも、畳にカビが生えるとか、

壁紙にカビが生えるということが多発したのです。

 

しかも、柱や梁、土台が腐れば、家の強度が低くなります。

地震で倒壊した家の多くが内部結露による構造体腐れが原因だったことがわかっています。

 

(内部結露の詳しい話は過去記事「内部結露って知っていますか?」)

 

家の強度を守り、家を長持ちさせるためには、

断熱材の施工方法を見直さなければならない。

 

カビやダニから家族を守り、家を腐らせず、

しかも寒かったり暑かったりしない快適な温熱環境が欲しい。

 

そんなわがままを叶えたのが、「外張り断熱」でした。

 

断熱材を躯体(家の骨組み)の外側に施工することによって、

家全体を暑さや寒さから守り、

さらに、室内の壁と外壁の間にできた空間に、

新鮮な空気が流れるような工法を考えました。

 

この空間に新鮮な空気が流れることによって、

柱や梁、土台 つまり家の骨格の木材が適度に乾燥し、

100年、200年も長持ちさせることができる。

それが、PAC工法です。

そして、日本初の「外張り断熱の家」なのです。

 

外張り断熱のPAC工法なら、壁の中を流れる空気が家全体を一定の温度に保つので、

リビング階段や吹き抜けなどの大空間でも、

少ないエネルギーで快適な温熱環境が実現できます。

 

PAC工法の詳しい構造については

「壁の中を空気が流れるヒミツ!パッシブエアサイクル工法とは」のセミナーにご参加ください。

http://www.passive.co.jp/event/

リフォーム工事でも対応可能です。