こんにちは

ヘルシーホームアドバイザーの正田純子です

 

 

家族が仲良く暮らせる間取りとしてお勧めしたいのが

リビング階段です。

 

リビング階段というのは

リビングの中に階段をつくること。

 

リビング→廊下→階段…という動線ではなく

リビングの中に階段を置くことを言います。

 

 
 

 

リビング階段は1階と2階の家族の生活をつなぐ

 

階段の役割は1階と2階をつなぐ動線です。

2階には子ども部屋や寝室などの個室が設けられることが多いのですが、

リビングに階段があれば個室へ行くために家族スペースを通らなければなりません。

「見える、聞こえる、感じる」という空間づくりです。

上がり下りのたびに家族空間にいる家族と何らかのふれあいが生じます。

ふれあいの中からこそ、個のプライバシーや相手への尊重の心が
健全に育まれていくものだと思います。
 
思春期の男の子は、家族と話をしない…なんてことも多いようですが
手は放しても心はつながっている…そんな子育てをするためには、
リビング階段は良い効果をもたらすと思います。
 
家族の雰囲気を感じながら、勉強したり、本を読んだり、趣味に耽ったりする方が、

個室にこもるよりも、意外と集中できたりするものです。
そうした意味合いで、リビング階段の効用を考えてはいかがでしょうか。

 


光と風の通り道

 

階段と吹抜けスペースは、光と風の通り道でもあります。
1階へ自然光を落とす、上下の風通しをよくする、

建物全体の温度を一定に保つなど、メリットはたくさんあります。


またデザインとしてとらえても、リビング階段は美しく豊かな広々とした空間づくりになります。

 

 

 

冷暖房の効率が心配

 

その一方で

リビング階段は1階と2階をつなぎますから、

冷暖房が効かない、効いても費用がかさむのでは…と思われる方も多いと思います。

 

PAC工法の家づくりではその心配はまったく無用です。
むしろPAC工法では、これまでつくりたくてもつくれなかった

大きな吹抜けも積極的に設けられます。

 
 
PAC工法の詳細は下記HPをご覧ください。