こんにちは

ヘルシーホームアドバイザーの正田純子です

 

以前、木製複合フローリングと無垢の木のフローリングの違いを記事にしましたが

今日は、その続き…。(過去記事 安心で安全な家って?フローリング編

 

 

 

 

 

▲これが木製フローリングの断面。

何枚ものベニヤ板が重ねられて作られています。

 

接着剤にホルムアルデヒドが使われていて危険ですよ~っていうのが

前回の記事だったのですが、

 

「まぁ、有害物質は使わない方が良いけど

無垢のフローリングって高価だしね。

木製複合フローリングでもいいんじゃない?」っていう方に

ちょっとお伝えしたいことがあります。

 

 

 

 

 

人気の高い、ホワイトカラーのこのフローリング

  ▼

 

 

息子のミニカーを落としたら、傷がつきましたガーン

 ▼

 

表面は白っぽい色なのに、

白い層が剥がれて、下の茶色い板が見えてしまっています。

 

子供のおもちゃとか、携帯とか、

落とそうと思ってるわけじゃないけど

落ちちゃうものってありますよね。

 

スマホのガラスにひびが入ったうえに

床にこんな傷まで残っちゃったら……ショック。

 

おっちょこちょいな私の場合、キッチンで手を滑らせて

鍋とか、お皿とか、落とすことが多いです。

時には包丁を落として、足を切りそうになったり(恐ろし…)

 

自分のこどもが、おもちゃを落として床に傷をつけたら

こらー!って言えるけど

友だちのお子さんだったら……

 

うーん

こっちも、相手も、「どうしよう…」って

変な空気が流れちゃうだろうなぁ。

 

家は、毎日生活する場所だから

傷をつけないように気を遣ったり、

掃除などのメンテナンスが大変な素材はお勧めしません。

 

無垢のフローリングで物を落としたら…

へこみます。(気持ちじゃなくて、フローリングが…ね)

 

でも、色が変わったりはしないので、あまり目立ちません。

 

 

 

 

ちなみに、先ほどの白いフローリング。

表面が無垢材で出来ているので、メーカーによっては

あれも「無垢フローリング」って呼ぶんだそうです。

びっくりびっくりびっくり

 

無垢って、一枚板のことだと思ってた~
 
ちゃんと調べないと、想定外の物になっちゃいますね。
 
 
 
 
メンテナンスが楽ちんで、傷が目立たない 一枚板の本物の無垢フローリングで新築&リフォームできます。
www.passive.co.jp/