主語は何?

うちの事務所では、英訳担当者が明細書を英訳してくれます。

ただし、和文の明細書作成者には、英訳しやすい文章を書くことが、要求されます。

これが、なかなか難しい。


日本語では、主語が省略されることが多いと思います。

英語では、主語が必ずと言っていいほど、必要になります。

ということで、日本語でも主語を書くという暗黙のルールが生まれています。


日本語では、通常、人を主語にします。

英語でも、通常は、人が主語になると思いますが、

英語では、人以外を主語にすることも、よくあります。


日本語で、人以外を主語にすると、変な日本語になる場合があります。

物が主語になるぐらいなら、よくあることですが、

動作や状態なんかが主語になると、なんとも言えない変な日本語になります。

日本語で、主語が省略される理由には、そういうこともあるのかもしれません。


そして、無理やり主語を入れると、かえって、変な誤解を生じさせることもあります。

なので、日本語で理解しやすく、かつ、英訳しやすい文章をつくるのに、苦労してます。


最近は、主語には拘らず、短い文章にするだけでもいいような気もしてきてます。

メモ