弁理士試験の合格者数

テーマ:

今年の合格者数がどの位になるのか気になります。


合格者にとっては希少価値が損なわれるので、

極端に増やされると、ちょっと残念ですね。

そして、もっと合格率が低かったときの合格者は、

既に、そういう思いがあるのでしょうね。。


短答試験と論文試験は、同試験の合格後、

2回の免除が受けられるようになりました。

なので、短答試験を合格した年から、2年以内に

合格する事を前提にしたようにも考えられます。

一方で、免除者は、論文試験や口述試験に

絞って勉強してくるので、一発合格が難しく

なったようにも思えます。


合格者数については、ウワサとして、

耳にすることもありますが、結果はどう出るのか。

上がり続けると思っていた合格者数も、

H17をピークに下がっている気もするので、

終わってみないとわからないですね。