民主党の高嶋良充筆頭副幹事長は25日の記者会見で、参院静岡選挙区の藤本祐司参院議員と静岡県連に対する活動費支給停止について「活動費だから活動をしているところに資金を下ろすということだ。ほかにも4人くらいいる」と述べ、党本部が活動が不十分と見なした候補らに対し、支給を差し止めていることを明らかにした。

本当に成功しているの? カワイイと評判らしい宮崎あおいのCM
<京極夏彦さん>新刊小説「死ねばいいのに」を電子書籍化(毎日新聞)
北陸新幹線延伸「在来線共存の課題、解決が前提」 前原国交相(産経新聞)
煙出ない「新型たばこ」 売れ行き出だし好調(J-CASTニュース)
空港需要予測、外れてばかりで見直し判定(読売新聞)
AD
 元妻の連れ子である女子高生(16)との婚姻届などを偽造し、無断で提出したとして、兵庫県警明石署が有印私文書偽造容疑で明石市内の元税理士の男(57)を逮捕していたことが14日、同署への取材でわかった。同署によると、男は「好きだった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は4月18日ごろ、同市内に住む女子高生との婚姻届と、未成年者との結婚に必要な承諾書などを偽造し、同21日に女子高生に無断で同市に提出したとされる。同月下旬になり、女子高生のもとに市から婚姻届の受理を知らせる通知が届いたため発覚、同署に相談していた。

 同署によると、男は女子高生の母と同20日に離婚。女子高生との婚姻届を提出しようとしたが、承諾書がなかったため受理されず、偽造した承諾書とともに提出したという。女子高生はこの男に車でつけまわされたため、今月5日に110番し、同署が事情を聴いていた。

 明石市市民課は「書類に不備や不足がない限り内容を詮索(せんさく)することは不可能」としている。婚姻を解消しても女子高生の戸籍には男の名前が残るため、戸籍を元に戻すには再製手続きを行う必要があるという。

【関連記事】
振り込め詐欺捜査…実は警察装う詐欺団 1カ月で荒稼ぎ2400万円
詐取金は銀座や赤坂のクラブで散財 「開発設計コンサルタント」元部長代理を逮捕
実弟に成り済ました男逮捕 郵便局から融資金詐取 
「電力会社と取引」とウソ 2千万円詐取の元社長ら逮捕  
偽造クーポン使用容疑の無職男を逮捕 大阪府警
少子化を止めろ!

<JR岐阜駅>飛び込み寸前の男性 客3人が制止(毎日新聞)
首相にふさわしい1位でも…舛添人気19%に後退(読売新聞)
もんじゅ、点検のため一時停止 再起動は22日に(産経新聞)
岡田外相が核軍縮要求、「心配ない」と中国外相(読売新聞)
「事実を正確に説明」聴取終えた石川議員がコメント(産経新聞)
AD
 静岡県御殿場市萩原の空き家の物置から同県伊豆の国市中、久松紘子さん(26)の遺体が見つかった事件で、県警御殿場署捜査本部の事情聴取に対し元夫(43)が「(遺体を)物置に置いた」と供述していることが7日、捜査関係者への取材で分かった。捜査本部は死体遺棄容疑で近く逮捕状を取り、久松さん死亡の経緯も追及する方針。

 捜査本部によると、現場の空き家は、元夫が久松さんと昨秋に再婚する以前に先妻らと住んでいた。元夫は再婚して久松さんと同県清水町で同居し、残った先妻らも先月下旬に引っ越していた。

 久松さんは今年に入り元夫と離婚、2月から行方不明になり、母親が県警に捜索願を出していた。首を圧迫され窒息死した疑いがあり、同本部は殺害された可能性があるとみている。

 元夫は4月12日、振り込め詐欺で女性から約92万円をだましとったとして県警に詐欺容疑で逮捕され同30日に起訴されている。【山田毅、田口雅士】

【関連ニュース】
静岡死体遺棄:遺体の女性は窒息死の疑い 殺人の可能性
死体遺棄:元夫と同居のマンション捜索 静岡
死体遺棄:空き家の物置に26歳女性…2月から不明 静岡
振り込め詐欺:泥はね服汚れた…大阪府警が容疑者逮捕
振り込め詐欺:学生が予防ソフト開発 やりとりを疑似体験

ヘリ部隊受け入れ拒否、徳之島3町長が方針確認(読売新聞)
デザイナー人生60年 集大成は「死装束」(産経新聞)
サラダ麺ブームの兆し 背景に女性の健康志向(産経新聞)
【チャイム】もうすぐ見納め「日本一過密な単線踏切」(産経新聞)
<JR埼京線>新宿駅で男性はねられ死亡 約2万人に影響(毎日新聞)
AD