終演御礼

第39回Kyoto演劇フェスティバル「きつねの森の演芸会」は2月17日に無事に終演いたしました。

ご来場いただいた皆様、ご支援・ご協力いただいた皆様、そしてこのブログを読んでいただいた皆様、ありがとうございました。

 

当日の公演の様子は、後日写真とともにアップいたします。

 

さて、本番から一夜明けた18日は、みんなで他団体の公演を観に行きました。

 

こどもの創作劇でお世話になったイシイちゃんが出演している「市民劇団O2劇場」、全国大会に出場することになった「朱雀高校演劇部」、豊中のパワフル集団「すまいるKocho」、プロも出演する、殺陣教室発の「ちゃんばらCLUB喜怒哀楽」の4団体、計4時間ドップリ観ましたニコニコ

 

それぞれに違う魅力がある、力のある4団体の作品を見たことで、みんな刺激を受けたようです。

これからの作品創りのエッセンスになってくれることを期待します。

 

さて、最後はグランドフィナーレ。

全団体がのぼり旗を持って舞台に集合!

そしてカンゲキ賞の発表です。

お客様にアンケートに書いてもらった中から命名されます。

 

ぽっぷ・こーんは「動物の気持ちになったで賞」をいただきました犬おうし座くま

出演も、鑑賞も、スタッフとしても、目一杯楽しみました。

 

最後になりましたが、お世話になった府立文化芸術会館のスタッフの皆様、実行委員の皆様、本当にありがとうございました。

 

ぽっぷ・こーんプロデューサー 堤かおり