★。☆。★。☆。★。☆。★。☆。★。☆。









判決…主文を聞いた後……



気持が急に…落ちた…。






目の前がぼやけてきて



何も聞こえなくなる……というか



誰かに耳を塞がれたような感じで…



聞こえない。



全ての感覚が



自分自身から離れたように感じた。









そして………



ふっと我に返った時は



裁判官の判決理由が終わっていた。







一瞬、自分の身に



何が起きたのか



わからなかったが



前に座っている記者の



激しく動くペンの音が聞えた時



頭の中が



もの凄い速さで動いた。






判決は下された。








今日の夜のニュースで


報道される……






明日の朝刊に載る……





また夫の名前と顔写真が…




言い渡された判決




そして



知られたくなかった



私達が住んでいる住所が………






テレビに…新聞に………。