★マーケティング戦略ビューロー@展示会研究所★

展示会研究所 代表:辻井勝の公式ブログです。


テーマ:
世界保健機関(WHO)は11日午後6時(日本時間12日午前1時)過ぎに、型の豚インフルエンザの警戒レベルを現行のフェーズ5から、世界的大流行(パンデミック)を意味する最高度のフェーズ6に上げることを宣言した。

1968年から1969年にかけて大流行し、数十万人の死者を出した「香港風邪」以来、約40年ぶりの大流行となる今回の新型は「2009インフルエンザ」と名付けられた。

感染者数は10日朝現在で75カ国・地域の2万7737人で、大半は軽症で済んでいるが、141人が亡くなっている。これを受けてWHOは、今回の新型インフルの「深刻度」を「中等度」であると評価している。

若い世代で感染が広まり、30代~50代の感染者が重症化する傾向があるという。

また、各国政府に対し、状況に応じて感染拡大防止から、医薬品以外の対処法を含めた感染症状の緩和策にシフトさせていくべきだと求めている。

医薬品はワクチン、タミフルなどだが「医薬品以外の対処法」というのは以下の3つだ。

「公衆衛生対策:感染予防など健康教育。外出自粛。学校・職場閉鎖。集会等の制限。」
これは休校措置や学級閉鎖などおなじみの施策だ。
弊社業務の展示会関係については「集会等の制限」にかかるものだが、現在いろいろな展示会関係者と対策についての情報交換を行っている。展示会場でのマスク配布や消毒薬の設置など、これから具体的になっていくだろう。

「検疫:健康スクリーニング、渡航自粛。」
夏には夏休みやお盆休みなどで海外に出かける方も多いと思うが、ウイルスの運搬にならぬようくれぐれも注意が必要だろう。
厚生労働省のインフルエンザサイトでは、「楽しく学ぶインフルエンザゲーム(PDF)」なるものも公開されている。家族で、コミュニティでぜひ目を通しておこう。
★マーケティング戦略ビューロー@P-styleブログ★-090612

「個人防御:マスク、手洗い、うがい」
これは、このブログでは既に一ヶ月前から推奨してきたものであり、読者の皆様はたぶん予行演習や備蓄なども終えられていることだろうと考える。いよいよ本番と考えて粛々と励行していただきたい。

マスクは流通量が少なくなってはいるものの、まだ入手が可能だ。増産体制も整いつつあるそうだ。

1)人込みや満員電車の中だけでも、マスクをする。なければハンカチで口を覆う。
2)手洗いを心がける。会社でも学校でもデパートでも駅でも、手洗い場はある。
3)うがいは水で良いし、飲料水を少しずつ飲み下すだけでもうがいの代わりとなる。

WHOでは、パンデミックが終息するにはこれから長くて3年間はかかるだろうと言う。

日本でもこれから感染が拡大し、やがて蔓延期を迎える。それが秋なのか冬なのかは不明だ。さらにいったん終息しても第二波、第三波の感染拡大・蔓延が予想される。

パンデミックの終息には、国の努力だけでなく、上記のような「個人防御」「コミュニティ防御」の励行が重要だ。

恐れず、クールに、適切な公衆衛生のコントロールが求められるパンデミックに、世界に先駆けての「日本での終息」を期待したい。

皆様のご健康を祈ります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。