感極まって
始まりから終わりまで泣きっぱなしでした。





いやもう
オープニングのメニュー画面で泣いたわ。笑

鳥肌がとまらない。


ぞわあぁぁぁぁ!!!!!
藍沢先生ーーーー!!!(光で見える腕毛に激萌え)


ほんとにほんとに
感想が言えない…………





命と向き合う映画。


であることはもちろんだけど、



相手に想いを伝える

ことがテーマなのかな。


喧嘩をしてしまう緋山先生、
余命数週間の花嫁さんと花婿さん、
緋山先生への想いを胸に秘めたまま、緋山先生の背中を押した名取先生、
身寄りがおらず
「お前たちが家族みたいなもんだ」と素直に言えた藍沢先生。
書ききれないけど、でてくる人皆、伝えたい想いを抱えている。それを口にした人、口にせずとも行動で示した人。それぞれだった。


大切な人間に
胸を張って
「大切だ」と言えることが
いかに尊いことなのか




これは藍沢先生の台詞だけど、
やまぴの思いとも重なるのかな。なんて思ったり。


やまぴは
感謝の気持ちをたくさん伝える。
「いつもありがとね」「感謝しかない」とか。

想いはきっと半分も伝わらないのだろうけれど、
言葉にして、
少しでも伝わればいいのかな。
いつか将来伝わればいいのかなって。


とにかく今は感動でいっぱい。
たくさん泣いた。
悲しくて泣いたり、温かい気持ちになったり、
ただただ藍沢先生が美しすぎて泣いたり。



大好きなチーム
大好きなストーリー
大好きなセリフ

これから1週間は
ブログネタ、コードブルー一色だろうな笑

日本列島がコードブルーで再熱狂!too hot!!