まずはやってみる! | P&F社長の今日の一言
2018年03月09日

まずはやってみる!

テーマ:ブログ
実は昨日は久々にかなりの体調不良でした。
恐らく顔を合わせた方においては、「なんか機嫌が悪いのかな」
「かなり精神的に弱っているのかな」などと、心配をかけたり、
元気を奪ってしまったりしてしまっていたのでは無いかと思いま
す。心からお詫びします。

本来ならば、調子が悪い時は仕事においても最高のパフォーマン
スなど発揮されるはずもなく、休むべきなのですが、昨日は重要
な会議と、重要な方からの講演などもあって、少し無理をして一
日を過ごしました。

さて、本日は昨日お会いさせて頂き、お話を聴かせて頂いた現代
日本ベンチャーの雄と言われる方の、創業からの歴史やこれまで
やこれからの挑戦についての話から、改めて学んだ事
を書き記し
ておきます。

私が初めて直接その方とはお会いしたのですが、正直な所かなり
“頭の良い経営者”のイメージが強かったのですし、全てが考え
られて大企業となられているイメージがありました。

実際、創業の際の思いや何故そのビジネスをしたのか、そして、
それからのビジネスを拡大させていくにあたっての歴史や事業内
容、そして挑戦においての決断なども聞かせて頂くと、想像とは
全く違うお答えでした。

私も一応ビジネスにおける“セオリー”というものは、ある程度
理解はしているつもりです。経営の基本、戦略というものは大体
こういうものだという事が頭にあります。

しかし、お答えは“セオリー”とは全く違うものでした。
やはり突き抜けている人は、セオリー通りに経営はされていない
ものだなぁと感じましたし、過去における常識、固定観念や知識
などとは違う領域で決断を下されているのだと感じました。

例えばですが、
「今の規模まで至る長期的な構想(ビッグビクチャーという表現
でしたが)は、いつからどうやって考えられたのか?」

という質問に対しては。
「私は、長期的な構想などは、正直あまり考えていませんでした。
これは、世界の大物と言われる経営者も同じ様なもんですよ。
基本的には三か月前くらいしか考えきれていませんね。本当は
10年先ほどの構想を考えて、やっていく方が良いのでしょうが。
とにかく目の前の「やりたい事」「やってみようと思う事」をや
ってきて、たまたま上手くいった事もあり、失敗した事もありの
繰り返しですよ。いま、改めて挑戦しよとしている日本の通信事
業においても三年前など考えもしなかったものです。実は考えて
次の一週間後に役員に発表したようなものです。」

そんなお答えでした。
要するに、考え抜かれた構想や戦略では無く、大義(社会的な意
義)や思いを行動に移してきたという事でしたので、緻密な構想
や戦略の下でやっていないというような話に驚きました。

それは当然謙遜したお答えであり、実際はしっかりと考えられて
いるのだとは思いますが、私なりに受け取ったのはやはり何か行動
を起こそうとしたら考えた答えよりも、思いや意義(使命)など
で大胆に行動する事こそが、本当のベンチャーであるという事

と思います。

やはり、考えた場合“過去の常識”を超える事は中々出来ません。
何故ならば“考える”という事は、自分の中にある知識や経験や
情報を下に“正解”を求めるからです。
だから本当に賢いと言われるような人は、改革など起こせないの
だと思いますし、冒険など出来ないのかもしれません。

改めて私自身決意をしました。
「挑戦」と「創造」を繰り返して、笑顔溢れる豊かな社会を創り
出す!という理念の下で、挑戦や創造していくには、社会に対し
ての意義や使命、そして私自身の思いを下に決断を下すのだ!
と。

これは、我々人と未来グループで働くメンバー皆さんにも伝えて
おきたいのですが、考える事は非常に重要ですし、何も考えずに
無謀なる挑戦は、するべきではありません。
しかし、本気で「こうやりたい!」と思う事に関しては、思い切
りやってみてほしいと思います
。(我々もルールがありますので、
勝手にやってはならない事、自分の権限範囲というものがありま
すが。。。)

まずはやってみましょう!
失敗を本気で許せる文化を創りましょう!
挑戦や創造が出来る企業文化を創りましょう!
過去の常識に捉われていては、新たな価値は
生み出せません!

佐々木満秀さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス