情熱を持った集団で! | P&F社長の今日の一言
2018年01月05日

情熱を持った集団で!

テーマ:ブログ
この半年間を「最期」だと思って戦いが始まりましたが、何よりも
お願いしておきたいのは、“全員”が“今”に“集中”して“情熱”
を持って仕事に取り組むという事です。

やはり全体が悔い無きような成果を残す為にも、同じ熱量を持って
同じ方向を目指し(ベクトルを合わす)、目標(予算)を達成し続
ける事です。その為にも、重要なのは“情熱”です。
最高の情熱を持った集団でやれば、最高の成果が出るものです。

私は、今ではそんな事を言わなくなりましたが、創業期から数年間
において、メンバーの多くの方に叱った事が何度もあります。
(私に言われた経験をお持ちの方も多いはずです)
以前にもお伝えしましたが、私の(リーダー)の一日の初めの仕事
は、“メンバーの顔色を見る事”だと伝えましたが、朝一でメンバ
ー皆さんの挨拶や顔色などを見て、調子が悪そうだったり、元気が
なさそうだったり、やる気がなさそうな姿を見ると、必ずと言って
いいほど、叱っておりました。

それは
「やる気が無いなら帰れ!」「気分が乗らないなら帰れ!」
というような事です。

要するに仕事をする際に、やる気が無かったり、気分が乗らなかっ
たり、体調が悪かったりするならば、結局お客様やパートナー様、
そして社内のメンバーに対しても、良い対応が出来るわけもなく、
周りの方々に対しても悪影響を与えるからです
。(特に、私は本気
の時は、やる気のない人を見ると腹が立っていたからですが。。)

この下半期のジンジブのスローガンは「熱闘軍団」らしいのですが、
正に“熱湯”に“冷めたモノ”を入れると、全体が熱湯では無くな
るのです。
熱湯が熱湯たる為には、全員が熱い情熱を持っていなく
てはなりません。なので、少しでも冷めた人がいるならば、結局全
体の温度が下がってしまうのだと思います。

人間ですから、どうしても体調が悪い時、精神的に調子が悪い時、
気分が乗らない時、そんな時はどうしてもあるかと思います。

そんな時は、是非とも“休んでください!”という事です。
そしてやる時は、最高の情熱を全員が持ってやりましょう!という
事です。“休んでいい”というよりは、“どうか休んでください”
という事なのです。それが組織として最高の情熱を持って取り組む
事に繋がるからです。

今年に入り、今日の仕事が終わると、また三連休があります。
しっかりとやるべき時は、集中して緊張感を持って情熱を持って
本気でやり切りましょう!
それが難しいと感じる状態ならば、是非とも休みましょう!

どうせやるなら
本気で!情熱を持って!目標に向かって!
やる時は本気でやる!
休む時はしっかりと休む!
最高のパフォーマンスを発揮する為にも
体調、精神状態を最高の状態にする事こそプロです!

佐々木満秀さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス