毎日35度を超える猛暑,夜もなかなか寝苦しい日々が続いていますがあと2週間ほどでお盆休みですね~

 

最近食のワークショップを受ける機会があり少し考え方が変わりつつある私

子供のころ,母がお豆腐をパックからあけてタッパーに移し替えていたこと,油揚げに熱湯をかける下処理をしてから煮炊きしていたこと,すべてにとても大事な意味があったことに今更気づいて,先人たちの知恵の偉大さに感動していたりしています

 

2人に1人がんになる時代,食べ物の影響も少なからずあるようです.メーカーは早く大量にものを供給するために昔ながらの手間暇かけたものつくりを転換,スーパーに並んでいる調味料は添加物のかたまりとなっています

昔ながらに作れば入れずに済むものがたーっくさんはいっています.私は最近それを知って昔ながらの製法をかたくなに守り作り続けているみそ,しょうゆ,酢,味醂,に替えたんです.

手間暇かけて昔ながらの製法にこだわるところ~うちの会社にちょっとだけ似てるなー

 

すべての工程に,人の手を介して物つくりをしています.わざわざ時間のかかるホールガーメント機を使い(なぜなら着心地がいいから,,そしてエコなんです)スチームで成型,洗いにかけて天日(陰干しもあります)で平干し(めっちゃ場所とります),今は懐かしくなってしまったミシンで一つ一つ縫い、全品目と手で検品をしラベルを張り袋に入れる~この一連の動作が私は大好きなんです

どんな方が使ってくださるのだろう,気に入ってくださるだろうかなどと考えながら作業をしているととてもわくわくするんです

 

めんどくさいことも人の手によって作り上げる~ちゃんと作り手の見える商品をきちんと作る

昔ながらの製法を守り,杉樽で3年以上も寝かして作るお味噌のように~

値段はちょっとお高いけど~その価値がちゃんとわかる方の手に届いてほしい

いろんな選択肢の中の一つであり続けたいと思って毎日せっせと手仕事に邁進しています,(老眼の目を酷使して( ´∀` )