小澤千絵子箏教室のサイト完成!新しい日本の箏曲文化を創りたい☆彡 | 見えない弦を鳴らせ!

見えない弦を鳴らせ!

小澤千絵子Official Blog

 

こんにちはニコニコ音譜

 

 

 

最近せっせと取り組んでいる

自己発信ビックリマーク

 

 

 

今日は私の箏教室の

ホームページを

開設することができましたラブラブラブラブ

 

 

 

それがコチラ↓

小澤千絵子箏教室ホームページ

 

 

 

私はやっぱり

箏で生きていきたいニコニコビックリマーク

 

 

 

それが

私が世の中に提供できる

価値のあるものだと思うからビックリマーク

 

 

 

 

 

さて、

私の箏教室はもしかしたら

多くの人が思い描くお箏の教室と

少し違っているかも照れ

 

 

 

多分ホームページの

イメージ画像を見てくださると

感じる人もいるかなと思うけれど

 

 

 

私は箏を弾く時に

基本的に着物は着ませんビックリマーク

 

 

 

もちろん絶対に着物NGという

わけではないけれど

 

 

 

今の日本人が

基本的に着物を着ている

というわけではないように

 

 

 

その時その時のシーンに合わせて

私服、ワンピース、ドレスなどで演奏します音譜

 

 

 

あと、

私は基本的に

三味線と箏で合奏しませんビックリマーク

 

 

 

もちろんこれも

絶対にNGというわけではないし

 

 

 

それをやっている人や

その音楽を

否定するわけでは全くないです

 

 

 

ただ、

私は基本やらないということです

 

 

 

それよりも

今の時代の豊富な選択肢の中から

選ぶことができるならば

 

 

 

ピアノやギター

チェロやバイオリン

シタールやタブラ

フルートや声楽、そして、ダンス

 

 

 

そんなものと

箏とのコラボレーションの方が

 

 

 

私は純粋に魅力を感じていて

興味があるからビックリマーク

 

 

 

さて、補足として

そもそも箏の世界のことなんて全然知らない!

という方のために少し説明すると

 

 

 

大体のお箏の流派において

きちんとお箏を勉強していくと

三味線の勉強も

しなくてはいけなくなります

 

 

 

お免状を取得したり

先生になったり、という場合には

三味線の試験も受けることが必須

 

 

 

少し昔には箏と三味線

どちらかしかできない人は

「片芸」と言われて批判されていたとか

(うちの祖母の時代)

 

 

 

箏の文化は

三味線とセットになって

発展してきたのです

 

 

 

・・・・・・、

 

 

 

さて、そして

ここからは私の持論ですが・・・

 

 

 

箏が江戸時代に

三味線文化からの影響を受け

ものすごく発展したのは確かなこと

 

 

 

これは、

箏曲にとって素晴らしい財産で

これによって箏は

素晴らしく豊かな表現が可能

になりました

 

 

 

でも日本において箏はそれ以前にも

長い歴史がある

 

 

 

今私たちが使っている箏は、

奈良時代に雅楽の中の楽器として

中国からもたらされた

「楽箏」が直接の祖先だけれど

 

 

 

それ以前にも実は

日本には箏を弾く文化が存在していて

「和琴」であったり

古墳から「弾琴埴輪」

見つかったりしてる

 

 

 

箏が三味線と共に

歩みを進めたのは

長い日本の

箏の歴史において

ほんの1時代に過ぎない

のですビックリマーク

 

 

 

箏には箏独自の運命

箏独自の道がきっとあるビックリマーク

 

 

 

三味線によって引き出された

箏の魅力は

素晴らしいものですが

 

 

 

それは

箏の持つポテンシャルの中の

1つの側面

 

 

 

今は、

三味線と離れたところから

箏への眼差しを向けた方が

 

 

 

箏自身の本質に迫る事が

できるように

私は感じているのです・・・ビックリマーク

 

 

 

・・・・・・・・、

 

 

 

なので

私は三味線を演奏しないし

生徒さんに演奏させることもないし

 

 

 

おそらく、よほどのことがない限り

三味線との合奏というものも

しないと思います

 

 

 

もちろんこれは

今の気持ちであって

将来の自分の可能性を

限定するものではないから

 

 

 

もしかしたら機会があれば

すぐにやるかもしれないけれどてへぺろ

 

 

 

とまぁそんな感じで

 

 

 

従来のお箏教室のイメージとは

だいぶ違った雰囲気でやっている

小澤千絵子箏教室

 

 

 

10年以上前に

私が箏を教え始めた頃は

時々生徒さんから聞かれたりした

 

 

 

「先生はどこの流派の所属なんですか?」

「どういう考えで

教えていらっしゃるのですか?」

 

 

 

当時は

「なんでそんなこと聞くんだろう?」と

疑問に感じていたけれど

 

 

 

今なら答えられます照れ

 

 

 

私は流派の枠で

音楽をやりたくないビックリマークビックリマークビックリマーク

 

 



私は新しい日本の箏曲文化を

創っていく人でありたいと思っています。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 



というわけで

小澤千絵子箏教室の

特徴はというと…




昭和、平成に作曲された曲を学びつつ

主に今、作曲されつつあるものを

演奏していくニコニコビックリマーク




あるいは

箏で演奏したい曲を

自分で作曲したり




他の楽器の曲を

箏にアレンジすることを

学んでいく




作曲家の方と

コラボレーションしながら




今までになかった

箏の表現世界を

自ら生み出していく




小澤千絵子箏教室は

常に創造行為の中にある

教室にしたいなと




そして、

生徒さんたちの

一人一人の感じ方を大切にして

その創造性も育んでいく

お手伝いをすることができたら…




そんな風に思っています




もちろん

お箏を触るのが初めてという方も

はじめの1つの音を鳴らすところから

丁寧にご指導いたします




日本の音楽の世界には

「一音成仏」という言葉があって




どんなに難しい曲を弾く

上級者になっても




「一音をならす」ことの質が

とっても大事なこととして

問われています




なので、その意味では

初心者でも、上級者でも

一音を心を込めてならす

というところでは




みんな同じスタート地点に

いつも立っているビックリマークビックリマーク




心を込めて

丁寧に

音を鳴らしていく

 



いつもその原点に立って

音を聴き

自分の心を聴いていくとこを

中心において…




そんな感じの雰囲気を

大切に育てていきたいなと

思っていますニコニコラブラブ


 


 


こんな箏教室で

お箏を学んでみたいと思った方は




小澤千絵子箏教室の

ホームページをご覧の上↓




小澤千絵子箏教室ホームページ




まずは体験レッスンに

どうぞお越しください

お待ちしておりますニコニコ





 

小澤千絵子オフィシャルサイト

https://ozawachieko.amebaownd.com