著書紹介

テーマ:

【著書:1冊目】

サクランボ「なぜ、あの子は逆転合格できたのか?」

(ダイヤモンド社)


普通の子でもノウハウに基づいたステップを踏めば逆転合格は可能!

話題性を生むために、難関校の名前が前面に出ていますが、受験生を持つ全てのご家庭、指導者に向けたメッセージを発信しています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

(第1章)逆転合格が起きるメカニズム

(第2章)逆転合格の実績偏差値(偏差値50以上の学校)

(第3章)逆転合格のためにすべきこと(心構え編・技術編)

(第4章)超難関16校 大逆転のカギを徹底分析!

(第5章)開成逆転合格を果たした7人の教え子たち

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


成績低迷に悩んでいる方、今までは順調だが確信を持って突き進みたい方、中学受験をすべきか悩んでいる方、塾で教鞭をとっておられる方 すべての皆さんに自信を持ってお届けします。

また、中学受験という前提で書いていますが、書籍の中で書かれた手法は高校受験などにも応用できるものが多くあります。

ぜひご一読ください!!

ひよこ画像をクリック!!これ


【著書:2冊目】

サクランボ「成功した人はみんな『受験ワザ』を使っている」

(講談社)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

(第1章)ビジネス現場で活きる「受験ワザ」

(第2章)資格、検定、免許…「手に職をつけたい」人への「受験ワザ」

(第3章)恋愛・結婚・家庭生活に活きる「受験ワザ」

(第4章)日々の暮らしのピンチに役立つ「受験ワザ」

(終章) 親になった時こそ「受験ワザ」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


日テレ人生が変わる1分間の深イイ話(月曜夜9時)などの番組を手掛ける放送作家・藤澤雅孔氏の企画の元、楽しく読める本に仕上がりました。

大人から子どもまで、保護者も塾講師も一般の方も、誰でも読める本。

小澤だけでは発想が及ばないところを、藤澤氏がカバーしてくれています。

だから自分で読んでも面白い笑・

楽しく書きながらも、「受験はゴールではない」「人生そのものこそ受験」という重要なテーマを背景に綴っています。

話し言葉風で読みやすく、税込価格も880円とお手頃。

ぜひお買い求めくださいビックリマーク

ひよこ画像をクリック!!これ



【著書:3冊目】

サクランボ「文系ママでも大丈夫!

 わが子を算数嫌いにさせない家庭学習の進め方」

(ダイヤモンド社)


ついに待望の算数本を出版!

星絶対の自信作です!!


アマゾンの紹介文

著者は元・早稲田アカデミーのカリスマ算数講師「小澤淳」。

小澤氏は、算数ができる子の母親が行っている家庭学習には“ある共通した進め方”が存在することに着目。

本書ではその内容を7項目にまとめ直し、算数が苦手なお母さんでも十分実践できるよう丁寧に紹介しています。

また、算数の成績が伸びる答案作成術も公開。


世の中には算数本があふれています。

問題集・解法紹介・テクニック集・パズル系・知能開発などです。

その多くは苦手克服のための(あるいは更に伸ばすための)治療薬です。

しかし、今回の私の本は全く違う角度からのアプローチ。

「将来算数が嫌いにならないように」するための予防薬なのです。

例えば高学年になって「図形が苦手」という子は少なくありません。

では、そういう子にしないためにパパ・ママがしてあげられることはないのでしょうか?

素晴らしい塾の先生に育てられればラッキーですが、そうでなければ?

有名塾に入れてもエースの先生は受験学年の指導に忙しかったり、たまたま教えてもらう幸運に恵まれても我が子には合わなかったり…。


でも算数は私には解けないし、何をすればいいかわからない!

我が子の算数の未来を100%塾任せにしてしまうのは危険すぎる!
将来図形が苦手にならないように、家庭でできる予防策があったら! 

その答えを私の長年の指導経験から一挙公開していますビックリマーク


「あの…先生? うちの子の算数は既にボロボロなんですが…」

そんな声が聞こえてきそうですね。

任せてください!

そんな方にも本書は十分に役立ちます。

例えば「計算ミスが直らない」という子は受験直前にも多く存在します。

ではこういう場合、小学校何年生の計算からやり直せばいいのでしょうか?

整数の四則混合?分数?それとも??

「文章題が解けない」という場合は和差算からなのか分配算からなのか。

でも、現実には塾の授業は待ったなしにどんどん進行してしまい、「戻る時間」はなかなか確保できない。

そんな方こそ本書を手にとってください。


「ウチの子これが原因かも!」という気づきがいっぱいあることでしょう。


チェックポイント例題がたくさんあります。

ぜひ我が子の病状?を診断してみましょう。

闇雲に問題を解いても一向に成果が上がらない方は珍しくないでしょう。

本書を全て呼んだ上で、塾の先生と克服法を話し合うと効果は倍増します。

また、受験直前の小6生にとっても役に立つ内容があります。

既習の内容に対し「そうだったのか!」と理解が深まる題材がけっこうあります。

 コラムでは良い記述の具体例を紹介しています。

勉強の合間に読むことをお勧めします。


執筆協力真野尚己氏(佐鳴予備校)、山近晃広氏(Value&Credo)、鏑木ひろみ氏


内容ギッシリの自信作です。 ぜひ1冊お求めくださいビックリマーク

ひよこ詳しくは画像をクリック!!これ


【著書:4冊目】

サクランボ中学生の成績が上がる! 教科別「ノートの取り方」 最強のポイント 55

(メイツ出版)


出ました!初の中学生対象本音譜

Amazon学習指導部門1位獲得!!

小澤の教え子のノート写真も惜しみなく公開!

「授業の証明書」と言えるノートは、保護者にとって授業の様子を手っ取り早く知る絶好のツール。

ノートを見れば我が子の理解度もうかがい知ることができます。

ところが、このノート、案外“放置状態”になっていませんか?

「字はきれいに書きなさい!」

「線はまっすぐ!」

「筆算は消さずに!」

「何度ケアレスミスを繰り返すの!」

と親が声を荒げたところで、一向に改善されず・・・。

巷には「○○大生のノート術」などの本が溢れていますが、買ってみたところで我が子には真似できず宝の持ち腐れ状態・・・。


塾の先生も学校の先生も、案外ノートには無頓着だったりします。

単にノートと言っても、「宿題用」「授業用」「まとめ」「復習用」など、その種類と成績を上げるためのポイントは多岐にわたるから、指導者も相当しっかりした人でないと“放置”してしまうのです。


その点、本書は小澤の教え子の図解入りで「良い例」「悪い例」の両方が比較できるから実践的!

是非ともパクってくださいね!


学参ドットコムの紹介文

みるみる差がつく「デキるノート」の鉄則を一挙に紹介。「表紙は、日付、番号で見つけやすく」「余白は多すぎるくらいでちょうどいい」など、どの教科にも共通する、よいノートのポイントを紹介した後、各教科ごとに必要なノートの種類やそれぞれの効果的な使い方を紹介。テスト前や受験に大活躍するまとめノートの作り方も紹介。


ぜひお求めくださいね!!

ひよこ画像をクリック!!これ


 【著書:5冊目】

サクランボ高校受験で成功する! 中学生の「合格ノート」教科別必勝ポイント55

(メイツ出版)


前作大好評につき続編出版!


前作が学校や塾の授業で教わったことをまとめる、いわば「受身のノート」を中心に仕上げたのに対し、今回は自分から自宅で受験勉強を進めていくための「能動的な・攻めのノート」に着眼しています。

指導にプライドを持つ塾が協力し合い創り上げた力作!

自塾のノウハウを惜しげもなく全国の中学生に公開しています。

たった一冊の本ですが、塾の垣根を超えた大きな意味を持つ一冊。

子ども達の合格の一助になれば幸いです。

受験期の勉強法次第で合否は大きく変わってくる。

「合格」するために必要な教科別のノートの取り方を徹底解説。

受験生必読の1冊。(「近刊情報」より)

 

学参ドットコムの紹介文

自分なりに考え、工夫してまとめたり解き直したりする「能動的なノート」の作り方を詳述。すべての教科に共通する勉強法について説明した後、教科別に合格ノートの作り方&使い方を解説。

 

■執筆協力・ノート提供協力■
 誉田進学塾
 みらい学舎
 麹町学園女子中学校高等学校


ぜひお求めくださいね!!

ひよこ画像をクリック!!これ

 


【著書:6冊目】

サクランボ「数学脳を育む(マグネットブロック用図形学習教材)

マグネット玩具を最大限に利用するためにパパママに読んでほしい本!


小澤が監修した、マグスペース・マグフォーマーなどのマグネットブロックを用いて数学脳を育むためのテキスト。

 

マグスペース・マグフォーマーなどのブロックと共にお使いください!

発売元http://teaching.jecology.co.jp/



【著書:7冊目】

サクランボ「13歳からの手帳活用術 はじまる!実力アップ習慣」

(メイツ出版)

 

★中高生向けの成績向上に直結する本!

NHK Eテレ ニューベンゼミでも同じ内容が取り上げられました!


 手帳は単に予定を書き込むものだと勘違いしている人は多いのではないでしょうか。手帳の重要性に気づいていないのです。

 成功している大人には共通点があります。彼らは皆、時間の使い方や優先順位のつけ方が上手い。目標達成のために何が必要で何が不要かを考えているし、他人の何倍も忙しくても、約束したことは必ず〆切を守るし精度も高い。

 しかし、その能力は誰もが生まれ持っていたものではないでしょう。成功している大人達も、初めはほとんどの人が失敗を繰り返し克服してきたに違いありません。大切なのはきちんと振り返りをし、成功につながる計画を立て、それを実行してきたこと。

 「もし、中学生・高校生が成功している大人のノウハウを身につけられたら?」その観点から本書の執筆は始まりました。そうすれば、苦しい現状から抜け出せるし、夢や目標に向かって遠回りをせず着実に歩んでいけます。

 本書を書き進めていくと、手帳の持つ本来の重要性が見えてきた。手帳は単に予定を書き込むものではなく、「自分をよく知り、なりたい自分に近づくための大切なアイテム」であると。

 手帳には①現在の問題点を浮き彫りにする②生活を改善させる③理想の自分に近づくための計画を作ることができる、という3つの大きな役割があります。

 そのために必要な様々な手法を本書で紹介しています。


ぜひお求めくださいね!!

ひよこ画像をクリック!!これ


 

手紙指導(集団・個別・個人)、講演、取材等のお問い合わせはこちらのフォーム よりお願いします。