将棋とピアノを愛するおざわのブログ

弁護士小澤の趣味のページ。
主に将棋とピアノについて書きます。


テーマ:
ジュニアロースクール後編,
模擬裁判の始まりです。
 
まずは人違いでないかどうか,
氏名・住所・本籍・職業が聞かれ(「人定質問」といいます)
検察官が起訴状が読み上げます。
「…罪名及び罰条 殺人 刑法第199条」。
このあたりは実際の裁判の全く一緒です。
そして黙秘権の告知等のあと
裁判長「いま読み上げたものに間違いはありましたか?」
被告人「すべてが間違っています!僕はやってません!」
かくして,全面対決の幕開けです!
 
人前で話すのはやはり緊張するもので,
声が緊張した感じになったのですが,
このお陰で「法廷で緊張している被告人」らしさが出て,
うまく「入れた」という感じでした。
 
今回の模擬裁判は
「無理やり言わせた自白は証拠に使えない」
という法則(自白法則)がメインテーマです。
今回矢手内さんは「僕がやりました」と言ったのですが,
取調べの過程に問題がなかったか,
取調べの様子を録画したものを参加者の皆様に見てもらい
話し合ってもらうということで,
VTR上映となりました。
 
ふてぶてしくもあり可哀想な感もある矢手内社長,
自白が取れず段々声を荒げだす警察官,
そして長い沈黙の上,遂に「やりました」のセリフ。
果たして―。
ちなみに,ポスターの真ん中に映っている強面警察官は,
葉加瀬大蔵(はかせたいぞう)と言います(笑)。
 
そして,メインイベントの被告人質問。
「質問」というとソフトに聞こえますが,要するに尋問です。
弁護人,検察官からの質問のあと,
参加者からも質問できる!というものですが
ここは演ってて一番楽しかったです!
 
学生さんたちの質問が鋭くて,
「鋭い子いたらここ質問してくれるかな~」と思ってた場所を
的確に指摘してきましたし,
果てはこっちの想定外の質問をズバッと聞いてくる子もいて,
とにかく楽しかったです。
 
いや~,それにしても,
矢手内さんの言ってることが嘘くさくて嘘くさくて,
我ながら「なんなんだこいつ」っていう,
 
・検察官にケンカ腰
・その場しのぎのテキトー発言
・誇張がひどい
 
などなど,
弁護人役の先生が素で困惑するレベルの
とんでもない感じになりました。
 
そして最後,
班での検討結果を発表しさらに個人投票。
その結果,
「自白に任意性はあるか」
「有罪か無罪か」
ともに割れる結果となりました。
 
全員同じじゃつまらないから
意見が割れるといいな~と思っていたので,
その通りの結果となり,うまくいったと思いました。
 
かくして,
模擬裁判も成功裏に幕を下ろすことができました。
ああ,午前の部のバトンを落とさずにゴールできて
本当に良かったです。
成功は,何と言っても参加した中高生の皆様が
真剣に考え,真剣に議論してくれたからだと思います。
これなくして成功はなく,
MVPは参加してくれたひとりひとりだなあと
しみじみ感じました。
 
書きたいことはもっとあるのですが,
おさまりがいいのでここで失礼します。
当日の楽しさが10%でも伝わっていたら幸いです。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。