ヤマユリが開花しているのに昨日の夕方、気づいた。
今日は早速カメラを向けた。

家の北側の石垣沿い、ドアから3mの近さにある。
家の建築前(12年前)から、自生し、この時期に咲き続けている。
近年、近辺のヤマユリが急激に減少している。
猿がここ10年ほど出没。たぶん関係している。

自生しているヤマユリの球根を掘り出し餌にしているようだ。

掘り出した跡が、他の動物とは違い綺麗。
ここで生き残っているのは、石垣沿いという地形と人が行き交うドアが真近いことが幸いしている。


ドアのほぼ正面2mにブルベリーの実がなった。

黒い実を口に含むと、かすかな甘味がする、これから期待が膨らむ
期待できる”なりもの”は敷地内これのみ。栗は猿に先を越されてばかり、あまり期待できない。
美味しいブルーベリー、毎年、収穫している、

この地形、石垣からドア方向に垂れ下がるような地形と、このドアのに近さが幸いしている。

 

サルスベリの穂が赤くなっている

脚立に登り、確かめてみた。

サルスベリは「猿滑」と漢字変換もあります。

木肌が成木ではツルツルとなるので。
漢字変換では「百日紅」もある。

こちらは、夏から秋にかけて比較的長い期間を咲き続けるという意味が込められている。

長く楽しめます。

 

カンゾウが開花している。撮ったのは5日前。今も咲いている。

 

 

来月の瞑想リトリート用の写真も撮りました

 

 

 

 

★ 瞑想リトリート [ 8/10-13 ]  ★ のご案内です

https://ameblo.jp/ozakusan/entry-12391469669.html

 

 

 

***********************************
瞑想・芸術・癒し 空間
石裂山(ozakusan)瞑想の家
〒322-0254 栃木県鹿沼市上久我1842
http://www9.plala.or.jp/ozakusan/
************************************