【フランス】《白・辛口》ジュラシック 2009 ソーミュール ブラン A.O.C. | 輸入ワイン販売|尾崎商店のワインブログ

輸入ワイン販売|尾崎商店のワインブログ

東京・東大和市の酒屋「尾崎商店」のワインブログ
ソムリエ資格を持つワイン担当が、テイスティングしたワインを徹底的に褒めつつ、丁寧に解説・紹介しています


テーマ:
若い時にはそっけないワインも、年月の経過によって豊かな香味を発揮する、というのはよく聞く話ですよね。

ミネラル分の多いものや酸の高いもの、木製の樽によって纏った、木やスモークしたような香りのものなど、ワインがまだ若いうちには、一部の要素だけが強すぎたり、バランスが整ってなかったりで、なにを飲んでいるのかわからなくなってしまいそうなものに出会うこともしばしば。

ワタクシ、佐伯はほとんどすべてのワインを「美味しい」といいながら飲み干すという特技(?)の持ち主なので、ピンと来ないことの方が多い事柄ではあるのですが…。

そんな、硬いワインがデキャンタの中でジャバジャバと空気との接触を促されている中(?)試し飲みした2009ヴィンテージ。

入荷当時の若い状態とは明らかに違う、素晴らしい年輪の重ね方をした、フランス・ロワールからのヴァン・ブランです。

jurassique_11
Jurassic 2009 Saumur Blanc A.O.C.
Domaine du Pas Saint Martin

ジュラシック 2009 ソーミュール・ブラン A.O.C.
ドメーヌ・デュ・パ・サン・マルタン

jurassique_10

ワイン名の「ジュラシック」は、恐竜が繁栄した1億何千年も前のあの時代の呼び名「ジュラ紀」のこと。その「ジュラシック」の地層からの火打石成分などなどをたっぷり吸い上げたブドウからのワインなのよ…ということを表しているんだそうです。

「ミネラル」をワインへとたくさん供給するのが火打石とのことで、ワインに「ミネラル」がないといけないわけではないんだけど、あるとなんだかいい感じ♪というのが一般的に言われているところ。ロワールのワインで時々出会う、火薬の香りだったり、キリっとしてるのになんだかやわらかく感じる飲み口だったりがミネラルの働きなんじゃないかな、と。

jurassique_7

そんなジュラシックの色合いは、しっかり濃いめの金色。
磨いたかのようなツヤのある液面。その下から放たれているような輝きがピカピカと。テリのある、満遍なく行き渡った色付きに、いい感じの熟成を感じ取れます。

jurassique_8

グラスの中でゆったりと、やや重みがありそうな感じで揺れ動く液体には、高密度のエキスによる豊かな香味を含んだ飲み口を想わされます。

jurassique_6

トロリとした口当たり。最初から濃厚な果実味を感じられて、甘さを錯覚するほど。しっとりとなめらかな舌触りで、見事な落ち着きのある味わい。きめ細かく丸みのある酸味が、蜜のように隙間のない飲み口のやわらかさをより際立たせている印象です。

ツヤのある旨みと柑橘系の果物の皮のようなほろ苦みがバランス。口の中に広がるのは、甘さを抑えたレモンのはちみつ漬けを想わせる風味。

jurassique_5

アルコール分13.5%。
豊かすぎる果実味にはエキスたっぷり旨旨な辛口。
ボリュームたっぷり。アルコールの存在感もほどよく。
かなりのフルボディ。

jurassique_4

飲み落とした後に残るのは、蜂蜜のようなツヤのある甘みがほのかに。さらに柑橘系の果物の外皮のようなほろ苦み。キュッと引き締めながら、同時に口の中に乾いた感触を残しながらゆっくりとキレていく、とてつもなく長い、上質の余韻。

jurassique_1

引っかかるような部分を全く感じさせない磨き込んだような感触の、しっとり、ふっくら、たっぷりとした香味が充実した飲み口。ピュアなエキスに満ちた力強さを保ちつつ、熟成によって味わいを美しく調和させた印象があります。

熟成の見事な働きっぷりによって、ミネラルや樽熟成の硬さがほぐれて、溶け込んで、調和した味わいの「ジュラシック 2009」です。

750ml \3,043(税込)にて販売中です。ぜひっ♪

ご質問・ご相談などなど、お気軽に
Mail:makoto-saiki@ozaki-s.co.jp

当店、良酒蔵おざきの電話番号です。
「佐伯(サイキ)」をお呼び出しください。
Tel:042-563-0300

当店ホームページ「ジュラシック 2009」のページは
こちら

ワイン担当 佐伯 誠|東京・東大和市 尾崎商店さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス