おはようご…じゃなくてこんにちは、ですね。
 
 
 
やー、風邪ひいてました。
 
 
前回ブログ記事アップしたのが金曜日かな?
金曜の仕事中から体調良くなくて、なーんかやな予感するなーって思いつつ帰宅したら案の定熱出てて…みたいな。
 
 
シーズン的なこともあって、頭の中はもうひたすら「インフルエンザだったらどうしよう!」ですよ。
 
 
雪組千秋楽ライブ中継に行けなくなる!(まずそれ)
 
 
今月、研修でまともに職場行ってないのに、仕事も休まなきゃいけなくなる!?
 
 
仕事のスケジュールに影響出る→最悪、月組遠征にまで影響でる…!?(超重要事項)
 
 
めっちゃ考えました(笑)
 
 
(実際のところ、土曜日の昼にはもう熱は下がったので、インフルエンザじゃなくて単に体調不良だったみたいです。よ、良かった…)
 
 
土曜日は見るぞー!って意気込んでた『LAST EYES』や『ひかりふる路/SUPER VOYAGER!』の円盤を見るのはやめて、ひたすら休んでました。
 
テレビやスマホ見ると目の疲れから体の疲れに響きがちなので控えてたんですけど、代わりに『SUPER VOYAGER!』の曲だけ聴いてましてね。(さすがにすることなさすぎてさ…)
 
 
望海さん「寒いだろ~♪」
 
 
Oz(うん寒いマジ寒気する)
※それ、風邪です
 
 
あのこっぱずかしい歌詞って、風邪の時に聴くためだったのかな…
 
体調が悪い時にあのブッとんだ歌詞聴くと、なんか和みました。
ありがとう望海さん、ありがとう野口先生。
 
 
 
■雪組千秋楽ライブビューイング(主にひかりふる路)
 
体調良くなったので、予定通りライブビューイング観てまいりましたよ。ムラで観劇した12月初旬以来です。
 
『ひかりふる路』はやっぱり楽曲の力が素晴らしくって、のっけから圧にやられました。
特に望海さんやばいですね。(語彙力ないからすぐやばいって言っちゃう)
スクリーン越しに見てるのに、圧が違う…

まあやちゃん(真彩希帆ちゃん)の喉の調子が良くない、みたいな話は耳にしていて、心配でありつつ、でも「まあやちゃんも人の子なんだ…」と思ったりもしてました。(時には不調もあるという点で)
まあやちゃん、どのフレーズも本当にひとつひとつ大事そうに歌ってました。お芝居中の歌はマリー=アンヌの心情と重なって見えて、個人的には良いとすら感じましたね。(ご本人からしたら万全じゃないことは悔しいでしょうが…)
次のお稽古までに少しでもゆっくりできるといいなぁ。
 
あ、望海さんの喉についてはまだ「ほんとに人の子かな?」疑惑(超失礼発言)は晴れてません。1公演であれだけ歌って、それを5週間+5週間…?強すぎじゃない!?
トップでいる限り負担は避けられないので、ご無理はなさらず、これからもあの素晴らしい歌声を響かせてほしいです。
 
 
サン=ジュスト(あーさ、朝美絢さん)の表情を抜くカメラアングルもたくさんあって、劇場では追えてなかったところも見せてもらえました。
あーさの美しいお顔が…!喜んでおられる…!不快になっとる…!等々、喜怒哀楽が逐一気になっちゃって気になっちゃって(笑)
絶対、ライブ中継スタッフにあーさサン=ジュスト推しの人がいたと思うわ。ありがとうございます。
 
「♪友よ」などの特に好きな楽曲ではのっけから涙でちゃいました。ええ曲ばっかりや…
少し残念だったのは、「♪友よ」の曲中、せり上がるダントン(彩風咲奈さん)まではカメラが映さなかったところですかね…カメラが向いた時にはもう現れてライト当たってたよ…しゃーないか…暗い中だから見えないしね…
 
私、劇場で2回観劇したんですけどね、1回は下手側だったんです。
だから、あの場面でデムーラン(沙央くらまさん)からの手紙を真剣に読みながら下手でせり上がってくるダントンがすっごく印象に残ってたんです。
これは観劇の思い出としてしっかり覚えておこうと思います。
 
Blu-rayもまだ見てないし、久しぶりすぎて語れることも少ないんですけど…あ、東京から追加されたとかなんとか聞いた、ル・バ(永久輝せあさん)のセリフはさすがにわかりました。
恐怖政治へ向かっていく時のやつ。(ざっくり)
ひとこちゃん(永久輝さん)、今回はいつもまとめて登場だし、そんなに目立たない印象だったので、見せ場?が増えたのは素直に嬉しいです。(中身のない浅い感想…)
 
 
…以前からうすうす感じてたんですけど、たぶん私、生田先生の脚本(言葉選びとか)が頭に入りづらいんですよね…
嫌いとかではなくて、人より何倍も時間と回数をかけて噛み砕こうとしないと、登場人物の発する言葉と、表情とか行動とかが結びつきにくいみたいです。
もっと理解して語れるよう精進します。
まずはBlu-ray見ます。(早く見ろよっていう)
 
 
『SUPER VOYAGER!』はお正月のNHKでも見たし、音源も繰り返し聴いてましたが…
 
やっぱり一瞬でした。
 
ほんとに55分もあるのかな…
あ、千秋楽ライブビューイングで改めて実感したのは、「このロケット好きだわ…!」ってことかもしれません。
もともと、ハットかぶってるロケット(の衣装)好きなんですよね~。

ポンポンのところは、千秋楽ということもあってか客席の優秀さ(完璧に振付覚えてる感)が凄かった…
ポンポン自体がキラキラした作りっていうこともあって、客席がみんな揃ってるととってもキレイですね!!
 
 
 
■退団、組替えのこと
 
退団の夢乃花舞さん、沙央くらまさん。
舞ちゃん、最後に望海さんの隣に立ったときの笑顔が素敵でした。望海さんからかけられた言葉に対して本当に嬉しそうで幸せそうで。これからの人生でもあの笑顔でいてほしいなぁ。
 
コマさん(沙央さん)は「最後に一言」って促されて、自分の事じゃなくて「だいもんのお披露目に出られて、一緒に出航できてよかった」って言えちゃうところが…お人柄だよなぁ…と涙、涙でした。
コマさんみたいな上級生にもっといて欲しい、っていうのが心からの本音なんですけど、受け入れるしかないですよね。
在団17年、からすると私が見られたのはほんの一部でしたが、男役も女役も見られて、お人柄が垣間見えるあんな素敵な言葉も聞けて、良かったです。
 
そして組替えの桜庭舞ちゃん。
デュエットダンスの時のカゲソロが素晴らしくて、こんな素敵な子が雪組からいなくなっちゃうのが正直惜しいんですけど、星組で活躍してほしいです!
雪組で新公ヒロイン経験がある訳ではないけれど、新人公演とかでも良い役ついたらいいなぁ…という願望。
同じ元雪娘で歌うまのくらっち(有沙瞳ちゃん)の役とかつかないかなぁ…(口に出しておく系の願望)
 
 
春の雪組全ツ&バウは観られないので、次に観劇できるのは初夏の大劇場の予定です。轟さんも初めてかな。
本音は早くだいきほのハッピーエンドが見たいんですけど、それはまた今後の楽しみにとっておこうと思います。
 
 
それではあらためて。
“寒さに凍える雪の日もあった”トップお披露目公演でしたが、千秋楽おめでとうございました!お疲れさまでしたー!!
 
 
 
 
中身ないのに長文になっちゃいましたが、お付き合いいただきありがとうございました。
ブログ村参加してます。よろしければクリックしていってくださると嬉しいです!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


【追記】
Blu-ray見たら、千秋楽の組子の気迫がより浮かび上がって思い出されました。
恐怖政治に舵をきる時、演台の上の望海さんとか、ダントン邸後の咲ちゃんの頰を伝う涙とか…
すっごい気が早いんですけど(笑)、スカステで東京千秋楽が放送される日が楽しみです。