おはようございます。

 

前置き部分(凪様のウインクをくらうまで云々)だけ昨日公開しちゃったもんだから、今日この部分に書く雪組ネタなくて若干変な感じになってますOzです。(男役道パート3はまだ見てない)

 

書こうと思うと、「うおおおまぁみり!!」(※実咲凜音さんインスタに朝夏まなとさん観劇と現役時代貰ったネックレスのお話)とか、「2018年阪急初詣ポスターは宙組の夢白あやちゃんなのね!」とか、OGと他組の話題しか思いつかなかった…

 

あっ、宝塚の殿堂を満喫するちぎさん(早霧せいなさん)(※ちぎさんインスタより)があったわ。ちぎさんもOGだけど。


ちぎさん、可愛いなぁ…(´▽`)

 

{EE5334DA-19A6-4479-9866-978800186CF9}

(私も観劇時に行きましたよ!サヨナラショーの衣装ももっと至近距離で見させてもらいました!雪の結晶の装飾がめっちゃ繊細だった!!)

 

 

 

 

 

はい、ということで本日は、今回の公演で好きになった雪組生②のほうを書きます。

需要がなくてもこれは書くよ。

①にあたる記事はこちら→雪組『ひかりふる路/SUPER VOYAGER!』③~正解は!~

 

結果的にお芝居とショーの感想も含みます。それをふまえてどうぞ!

 

 

 

■今回の公演で好きになった人②

 

今回、最も「こ、これは…!」と思った生徒さん。

 

 

 

…そう、それは!!

 

 

 

彩風咲奈さん!!

 

 

 

ごめんなさい!なんのひねりもないけど、さきちゃんです!!

 

だってダントンめっちゃ良い!!

 

「♪海の見える街」(ジブリ)の場面めっちゃ好き!!!

 

さきちゃん、いや、もっというなら、ダントンとガブリエル、そしてジブリの場面の黄色コンビ

 

さきちゃんときわちゃん!!すき!!!

 

 

(観劇後、ガチで頭から離れなくなってたOz)

 

愛媛が生んだスター、雪組の御曹司さきちゃん(彩風咲奈さん)。そして花組から組替えして、本公演から雪組生となったきわちゃん(ひらめちゃん)こと朝月希和ちゃん

 

さきちゃん、「大洲の子(※愛媛県大洲市出身)だから~」っていう、いわば特別扱いというか…、はっきり言ってしまうと、今までは良いとか悪いとかっていうのとは別の観点で見てたんですよね私。

「さきちゃんは愛媛の子やけんね、やっぱ応援せんといけんよね!」ってことだったんです。(方言、伝わるかなぁ(笑))

それが今回、いい意味で覆されました。

 

 

 

■『ひかりふる路』のさきちゃん

 

なんといっても、今回のジョルジュ・ジャック・ダントン。

もう何から挙げていけばいいかわからないくらい、好き!!

歌劇の座談会で、演出家の生田先生が「ダントンは登場人物の中で最もシンプル」と評していました。

情に厚くて、豪胆で、行動派で…

たぶん主人公のロベスピエールより、言葉で説明しやすいキャラクターかと。

シンプルだからこそ、(観客の1人として)受け止めやすくて、共感しやすくて、最終的に印象に残ったのかもしれません。

 

あとは、「♪大胆にいこうぜ」のナンバーが単純に好き。

このナンバーの英題?って言ったらいいのかなぁ、ルサンクに併記されてる曲名が、「Drinking Song of Young Revolutionaries」なんですけど、まさにYoung Revolutionariesの勢いを感じる曲かと。

ダントンの人柄、彼と周囲との人間関係を音楽で表現したらあんな感じ!!ってくらいにぴったりに思えました。

月組『All for One』の酒場のナンバー(美弥るりかさんアラミス中心で歌う「♪酒、歌、女、我らに有り!」)の時もそうだったんですけど、組子たちがひとつになって盛り上がってる雰囲気が私の好みドンピシャだってのもあるかもしれません。

「大胆にいこうぜ、男なら」のフレーズはのちに重要な場面でも出てきますし、キャラクターと曲(メロディ)が結びついてる印象ですね。

 

愛する妻ガブリエルとの会話のシーン(「怪我なんかしたらぶん殴るからね」のとこ)は、正直観劇時は「べ、ベタな会話やなぁ…」ってちょっと思っちゃったんですけど(すみません!)、思い返せばふたりの愛情と絆、信頼が感じられて良いシーンだったなぁと思います。ジョルジュとガブリエル、本当に好きな夫婦。

きわちゃん、(これまで花組をほぼ観てきてないので)観たのは今回で2回目なんですけど、器用そうな娘役さんだな、っていう印象です。娘役力があるというか。色んな役をそつなくこなせそうで、これからも楽しみ。こういうポジションの娘役さん、重要ですよね。

 

あ、ダントンといえばもちろん「♪友よ(We Are...)」も大好き!!

「請われて再び戻ってくる」っていう展開も胸に迫ってくるものがあって…。このストーリーも味方して、ダントンの男っぷりが上がってる気がしました。

ここ、デムーラン(沙央くらまさん)が「君だけが頼りだ」と歌う→ダントンが応えるように歌う→マリー=アンヌ(真彩希帆ちゃん)とリュシル(彩みちるちゃん)も加わって…っていうのがね~

好きです。(今回こればっか)

早く音源が欲しい。

 

やっぱり、今回の作品は主人公マクシム(ロベスピエール)が恐怖政治の方向へ進んでいってしまうので、どうしても“それを止めたい側(マリー=アンヌやダントンたち)”の視点で見ちゃいがちかなぁ。

 

ダントンさきちゃんを改めて振り返ってみると、「こういう彩風咲奈、見たかった!」って思っちゃうようなキャラクターだったかと思います。前回大劇場『幕末太陽傳』で演じた息子徳三郎のアホっぷりからのギャップを感じて「さきちゃん…!!(震)」ってなりますね。太鼓をぽんぽこ叩きながら笑顔で「女郎買いはやっめろ♪女郎買いはいっけね♪」とか歌ってたあの子が!!って。 …え?「ネモは?」って?ネモは、ねぇ…あっビジュアル!ビジュアル最強でした!

 

今回から2番手だっていうことも味方してるとは思います。(やっぱり2番手さんの役ってさ、オイシイじゃないですか…)

望海風斗さん演ずるマクシムと対立する場面(歌で言い争うとことか)を見ると、「に、2番手…!!」って実感しましたし。

 

でもやっぱり、登場人物の中でダントンが好きだと思えて、ダントン邸でのマクシムとの場面が強く印象に残ってるのは、演じるさきちゃんの力あってこそだと思ってます。

(剣を交えてる訳でも、派手に殴り合ってる訳でもないあの場面にものすごい“山場”を感じるのは、望海さんとさきちゃんふたりの演技の力だよなぁ…)

 

(私のアイドルニコライさまの感想にも頷くばかりでしたよ…読んでない方は是非読んでね)

 

 

 

■『SUPER VOYAGER!』のさきちゃん

 

続いてショーですね。

 

誰が何と言おうと「♪海の見える街」ですよ!!

 

雪組生×ジャズ×ダンスって、なんでこんなにイイんだろ。(え?単に私の好みなだけ?ハイ、そうです(即答))

 

もちろん、早霧さんのジャズの場面(『Dramatic “S”!』の「Song & Dance」とか)とはまた違ってて、それも含めて雪組生がジャズアレンジで踊る場面が好きです。

 

今回は、(プログラムに書いてありますが、)「時に爽やかに、時にセクシーに」!

 

この場面に出演しているメンバーもアツい。

(出演者) ※敬称略

彩風咲奈、朝月希和、永久輝せあ、縣千、久城あす、煌羽レオ、桜路薫、天月翼、真地佑果、叶ゆうり、鳳華はるな、諏訪さき、沙月愛奈、笙乃茅桜、杏野このみ、妃華ゆきの、華蓮エミリ、沙羅アンナ、星南のぞみ、野々花ひまり、彩みちる、桜庭舞

 

…激アツだった。

(こうして書き出してみると改めて実感)

 

安定の、「目が足りない状態」でした。

娘役さんのスカートさばきとかうっとりしちゃうし、杏野このみちゃんの衣装の似合いっぷりとか(ああいうお衣装、ほんと似合うと思うの)、沙羅アンナちゃんのショートカット鬘とか、「あたし今雪組見てるわ!」って気にさせてくれる久城あすさん&煌羽レオさんとか、まちくん(真地佑果さん)の笑顔とか…

 

きりがない!!この場面語りだしたらきりがないしやっぱり目が足りなかった!!

 

 

…さきちゃんの話題に戻りましょう。(単なる公演感想と化してたけどこの記事「好きになった雪組生」の話だったと思い出した)

 

ひとこちゃん(永久輝せあさん)、あがたくん(縣千くん)っていう、まさに雪P「うん、推してる」なお二人、そしてその二人の間にドドンと登場する雪の御曹司さきちゃん、っていうね。

 

お芝居のダントンは豪快で、メイクの印象もあってか男!!度が強いですが、ショーのこの場面のさきちゃんはスタイリッシュでカッコいい印象かな。真ん中で決めたときの表情とか目線とか。

 

さきちゃんってやっぱり超絶スタイルなんだわ、と再認識しましたし、やっぱりダンスのひとだわ、って見入っちゃいました。

これまでにもショーでメインになる場面はありましたが、めでたく今までで一番好きなさきちゃんメインのシーンとなりました。

 

 

惜しむらくは、2階席からも観たかったな~というところ。

(2階席から観て奥行きも感じたい派)

 

…はっ、お正月の放送はNHKさんだから、あのNHKお得意の2階サイドからのアングルもあるかしら!?(どきどき)

 

 

 

■ということで

 

結論:さきちゃん、2番手として頑張ってね!

楽しみにしとるけんね!!

 

という状況となりました。

え~、っていうか~、八重歯可愛い中学生さきちゃんが伊予弁話してたってこと想像しただけで愛しいわ~

「音校受験がんばるけんね!」とかあの笑顔で言われたらさ~お姉さん応援しちゃうわ~

 

(妄想が激しいしもう10数年関西在住なんだから今は関西弁だろうよ)

 

(いや…でも家族と電話するときとかにはふと伊予弁でちゃうかもしれない、というドリーム)

 

 

 

 

(余談)

{6A031CA4-7F74-492E-AECA-23C5108A84F4}

(気づいたらこの2枚買ってました。)

 

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました!今日はタカスペ情報を漁る一日になりそうです!

ブログ村参加してます。よろしければクリックしてやってくださると嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村