おはようございます。

 

 

月組、

 

 

つきぐみ…

 

 

つーきーぐーみーーーーーーー!!!!!

 

 

(はぁ…はぁ…)

 

 

 

 

本日は、月組宝塚大劇場公演『All for One』千秋楽ですね。

(いきなり通常モード)

 

立ち回りの多い、しかも階段も使って立ち回りをする公演で、怪我による休演者もなく本日を迎えられたこと、いち宝塚ファンながら、本当に喜ばしいことだと思っております。

今日も、幕が下りるその時まで、怪我なく素晴らしい舞台となりますように。(千秋楽映像が楽しみだぜ!!)

 

 

さて、そんな月組さんについてですが。

 

私ですね、ブログタイトル下の説明文(PC版のみ表示かな?)に、

「新幹線のない島の端から、宝塚に想いを馳せる日々をつらつらと。雪組・宙組中心ですが、2017年は全組観劇が目標です!」

って書いてるんですけどね。

 

 

最近月組にご執心すぎじゃない??(⌒▽⌒)

 

 

いや、だからって誰も止めはしないのですが(笑)

私、どなたかの会に入っているわけでもなく、なんなら「ご贔屓は?」って聞かれるとちょっと悩むくらい、節操なくあの人もこの人もその人も好きになってってるヅカファンなのですがね、振り返ればやっぱり雪・宙中心だったわけです。(雪担か宙担かと言われると実はそれもまた悩むのですが)

 

このブログのテーマ別一覧も、宙組と雪組の記事数がグッと多くて、あとの組はたいしたことなかったんですけど。

 

 

AfO効果で月組爆上げ状態…!

 

 

ブログ書いてると、自分の趣味嗜好が客観的に見られますね(笑)

それが吉と出るか凶と出るか…

 

 

 

{3CF2D71B-F6AA-4329-9FEA-BD42BA3F66F0}
本文と全く関連はない、(私が)1ヶ月前の思い出に浸る画像。この時から1ヶ月かぁ…
 

 

 

 

 

 

■月組全国ツアー公演『鳳凰伝』配役発表

 

そんな中、秋の月組全国ツアー公演の「その他の配役」が発表になりました。(→配役はこちら

これまで私のブログをご覧いただいている方には、もはや言うまでもないのかもしれませんけど…

 

カラフ…珠城 りょう (見たい)

トゥーランドット…愛希 れいか (見たい)
バラク…月城 かなと (見たい)
ゼリム…蓮 つかさ (見たい)
 

 

(見 た い)

 

 

鳳凰伝自体は拝見したことがなく、これまで観劇した全国ツアーのお芝居にはあまりいい思い出がないのですが(←酷い言いよう)、

 

 

(やっぱり見たい)

 

 

先日公開された先行画像のたま様が逞しくて素敵すぎた、っていうのもあります。

 

{20453D10-5566-4EFC-9433-24EC1F0F501E}

(これですね)


私、『カルーセル輪舞曲』のテキーラの場面(赤黒ストライプのスーツ)と、『All for One』はダルタニアンのデニム衣装、フィナーレの娘役との場面での衣装などが好きなんですけどね?

この先行画像がまた新たな扉を開いてくださった感じです。(たま様マジ罪な男。いや、女性だけどさ)

 

そして、

(ピエール様による悪魔のささやき素敵情報)

 

 

四国には来ないから、遠征しようか検討中…(結構ガチ)

 

 

 

■『激情-ホセとカルメン-/Apasionado!!III』

 

そんな中、今月は昨年の月組全国ツアー公演もスカステで放送されましたね。

私、初回放送もリアルタイムで視聴してたんですが、あいにくその日(8月6日)は

九州~四国を台風通過中…

こんな状態で初回放送を視聴しました(それでも見た)

 

結局セリフや歌の途中で映像が乱れまくってて、なんかよくわかんないまま激情が終わったんですけどね(笑)

なので、感想は持ちましたが、ストーリーに触れると事故りそうなのでスルーすることにして、

 

①たま様逞しいステキ

(いつも思ってる。あの太もも…

②ちゃぴちゃんマジ悪女ステキ

(あの可愛らしいルイーズ演じてる子が!)

 

 

このふたつの印象が残りましたことをご報告します。

あとは、(ショーも含め)結構な割合で無意識に蓮くん(蓮つかさくん)映り込みを探す私がいて(苦笑)、「全ツだから下級生でもいいポジション!」「映像じゃ見切れてる!見たいのに見られない!」という葛藤に終始しておりました。

 

アパショナード初見の私でもその存在を知っていた、男役さんの女装祭りの場面(正式な場面名を知らない)でも、

 

 

「蓮くーーーん!!可愛いよぉーーーーーー!!(;▽;)」

 

 

案の定こんな感じでした。

 

全国ツアー観劇にあまりいい思い出がないにも関わらず、それでも見たいと思うのは、大劇場ではなかなか機会のない下級生の活躍(出番の多さ)に対する期待と、でも映像化されても案外残らないという事実が私に訴えかけているような気がします。勝手に。

 

 

もし、もしも、全ツにも関わらず秋に私が四国を飛び出して月組を観劇していたら…、その時は生暖かく見守ってやってください…

 (“トップ娘役愛希れいか”だってあと何回見られるかわかんないしさ…)


 

 

お付き合いいただきありがとうございました!ブログ村参加してます。よければクリックお願いしますー!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村