天王寺動物園(大阪市天王寺区)のアムールトラのセンイチは、平成15年に多摩動物公園(東京都日野市)で生まれたオスの6歳。この年、リーグ優勝した阪神タイガースの監督だった星野仙一さんにあやかって命名された。

 生後4カ月半で天王寺動物園のアヤコ(メス、12歳)に婿入り。当初は別々に飼育されていたが、センイチが繁殖可能になった19年から同居を開始。“姉さん女房”のアヤコを恐れてか、壁をよじ登り逃げようとしたこともあった。その後は徐々に仲良くなり、アヤコが生まれた9年6月以来の赤ちゃん誕生に、関係者の期待はふくらむ。

 今年は寅(とら)年。タイガースの躍進を期待するファンも多く、センイチ人気も一段と高まりそうだ。担当者は「今年はセンイチにも赤ちゃん誕生のために頑張ってもらいたい。応援してください」。

<センター試験>願書受け付け始まる 国公立大2次(毎日新聞)
寛仁親王殿下がご退院 不整脈で転院 宮内庁(産経新聞)
<落語協会>柳家小三治さんが次期会長に内定(毎日新聞)
ターゲット「スイーツ男子」 大阪でチョコ試食会(産経新聞)
核密約報告書提出、2月以降に延期(産経新聞)