USB で Mac Pro に接続したweb カメラに写る風景のスナップショットを好きなときに撮りたい.

web カメラを操作するアプリケーションはもちろんあって,それを起動すると画面にカメラが見る風景が写されて,シャッターボタンのようなものがあって,それをマウスでポチッとクリックするとパシャッと撮影できたりする.
OSX にデフォルトで入っている Photo Booth もそういう用途に使える.
写真の風景の加工なんかもできるから,それはそれで高機能で便利なのだが,いちいちアプリケーションを起動してマウス操作をする必要がある.

もうちょっと簡単に,コマンド一つで写真を撮れたらいいな,と思っていた.
コマンドで操作できれば,リモートからも操作しやすいし,自動化もできるので便利だ.

そんな矢先,たまたまだが,そういうアプリケーションが見つかった.
コマンドラインで起動できるアプリケーション isightcapture.

http://www.macupdate.com/app/mac/18598/isightcapture

ダウンロードしたファイルに含まれているバイナリファイルを適当なところ(例えば,~/bin/)にコピーするだけの簡単インストール.
使い方もシンプルで

$ ~/bin/isightcapture photo.jpg

とすると photo.jpg という名前で風景がキャプチャされる.
とても便利.
解像度などを設定するオプションもある.

これを,例えば cron で定期的に実行すれば定点観測ができる.
さらに,同時に ftp でそのファイルを送れば,サーバーにどんどん蓄積することもできる.