富山県 子育て支援サークル「ぴゅあ」

富山県 子育て支援サークル「ぴゅあ」

のんびりさん、ハイパーアクティブさん、こだわりさんなど(発達障害と呼ぶ人もいる)
個性的でピュアな天使を育てている親の会です。

◆ サークル「ぴゅあ」のブログへ、ようこそ◆



 サークル「ぴゅあ」は、「視線が合いにくい」 「言葉が遅い」 「こだわりが強い」 「じっとしているのが苦手」 「ボーっとしている」 など、発達に心配(発達障害)のある子供を持つ親の会です。

 2か月に1回程度、富山県の呉西地区で活動を行っています。



 同じ悩みを持つお母さん方とお話しをすることで、気持ちが軽くなったり、先輩お母さんの意見を聞くことで、お子さんとの上手な関わり方も学ぶことができます。



 一人で悩んでいないで、サークルに参加してみませんか?

 お母さんが笑顔 ニコニコ になることを、一番に考えているサークルです。




● サークルに参加を希望される方 ●
 


初めて参加申し込みをされる方は、下記のアドレスに 「お名前」 と 「お子さんについて」 をメールしてください。


サークルの開催日程等をメールでお知らせいたします。


pyua115@gmail.com



2回目以降の参加申し込みについても、下記のアドレスに 「お名前」と「参加人数」をメールしてください。


pyua115@gmail.com



● アメンバー承認をご希望の方 ●

個人情報保護の観点から、発達に心配(発達障害)のある子供を持つお母さんで、サークルに参加された方のみを、アメンバー承認させて頂いております。
ご了承下さい。

サロンに参加された方で、アメンバー承認をご希望の方は、「お名前」と「Amebaの名前」と「アメンバー承認希望」の旨を、下記のアドレスにメールしてください。
確認次第、承認させていただきます。

pyua115@gmail.com






● ご注意 ●


お子様とご一緒で参加される場合は、3歳未満のお子様までとさせて頂きます。


その際には、障害名や愚痴等を聞かれる事になることをご了承ください。


このブログでは、個人的な相談などへの返信は行っておりません。


また、コメントへの返信も行っておりません。


セールス、勧誘などのメッセージはお断りいたしております。

サークル「ぴゅあ」の規約については、プロフィールをご覧ください。






4月から、我が子は働き出しました。
コロナ禍で学校生活に制約がありながらも、いろいろな経験をさせてもらい、無事卒業、1日5時間程ですが、軽作業をしています。


働くようになって、改めて気付いたことがあります。

それは、“本人のサインが必要”なことが多いということです。

最初の雇用契約の時は本当に書くところがたくさんあって、とにかく自分の名前・住所を至るところに書き、下に確認のサイン(名前)を書かなきゃならない。
それも、会社用と自分用の2部。

隣で説明しながら本人に書いてもらいましたが、まー大変でした。すぐ集中が切れて遊びだすし、いらいらしてるし。
でも、「社会人として必要なことだから」とがんばってもらいました。

その他にも何かと“サイン”がいることがあり、その都度ギリギリ読める字で名前を書いています。


名前と住所。これは苦もなく書けるようにしておくべきだったなぁ…

改めて今思います。

今まで意識したこともなかったんだけど、意外と名前って書くことが多いし、ウチの子は名前を書くのに手間取っているんですよ。
学校で常に名前を書いているから、名前なんて楽勝だと思い込んでいましたが、実は本人はその都度大変だったのかも。


名前を書く。サインをする。
社会人としての大事な一歩ですね。

歌番組で聞きなれた懐かしい歌を聴いていて、急に涙がポロポロと。

 

「ファイト」

 

 

 

 

幼い頃、覚えた歌をたくさん歌ってた。

今聞くと、全く違うね。

 

『いつもの様に幕が開き~♪』 。。。

って、振り付けて歌ってた。

 

こんなに切ない歌だったとは。

 

 

 

『上を向いて歩こう』 。。。

 

上を向けば涙がこぼれない、ただそう感じてた。

 

 

 

『川の流れのように~』 。。。

 

川のように、時代が過ぎていくよねって。

単純に感じてた。

 

 

 

 

そして今、たくさんの時間を過ごしてみると、

幼さゆえの残酷さや、

無知ゆえの辛さや、後悔が、

たくさんたくさん思い出される。

 

年をとると涙もろくなるのは、

たくさんの経験と繋がる事が増えたからかもしれないね。

 

 

 

 

【戦う君を戦わない人が笑う。】

 

その歌を聴いて、

我が子を想ったよ。

 

【ファイト!】

【ふるえながらのぼってゆけ。】

 

代わってあげることは出来ないね。

だた応援する事しか出来ないけど。

頑張ってること分かっているよ。

エールを送るよ。

 

【ファイト!!】

 

すみません、、、もしかして「その9」をUPしてませんでしたか?

下書きに入れてしまっていたかもです。

それとも消しちゃったのかなぁ?

 

今更ながら、「その9」 UPしますです。。。。

 

えっとですね、、、、こんな奴です、私。

 

詰めが甘い、おドジさんでして。

 

 

ああああああ、やってもうたー!

 

大変失礼いたしました。

 

文脈が前後しますが、、、良かったら読んでくださいませませ。