感覚統合ってなあに? | 自分らしく幸せに生きる力を育てる!0歳~3歳の親子で遊ぶ ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 おやこ遊育らぼ 東京目黒

自分らしく幸せに生きる力を育てる!0歳~3歳の親子で遊ぶ ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 おやこ遊育らぼ 東京目黒

東京目黒区で0~3歳の子どもとママが今よりもっと楽しく遊べる親子教室開業へ向けて準備中です。
子どもが自分らしく幸せに生きるために親ができること、ママやパパが自分らしく子育てするためのヒントなどプレママパパや現役ママパパへのクラスも準備中です。

こんにちは。

 

 

日本乳幼児遊び教育協会 認定講師のあやです。

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

東京目黒区で0~3歳対象のぐちゃぐちゃ遊びの親子教室とプレママやママ向け講座を開講予定です。

 

 

東急東横線 学芸大学駅 

徒歩圏内のスペースにて、

 

ぐちゃぐちゃ遊びの体験コース

(3回セット)開催予定です👐

 

第1回 11月29日(金)

 

 第2回と第3回は12月1~3週までの木曜日      もしくは金曜日で調整を行っております。(確定は10月1日以降)

 

ニコ開催時間は10時~11時頃を予定🖐️

 

 

※詳細や募集は順次こちらのブログ、フェイスブック、インスタグラムにUP致します😃

 

※スペースの確保が難しい場合は、日付の変更や単発講座に変更の場合があります。どうぞご了承くださいませ。

 

 

体験会の最新情報や先行予約はこちらのLINE@から行いますおねがい

他にもLINE@だけの子育て情報を週1回ペースで配信予定です。

ご登録いただけると嬉しいですラブ 

 

 

 

 

 

前回は、夏の終わりにかき氷♡と題して、私の育児記事を書いてみました。

 

 

私は食べることや楽しい大好きなので、これからもたまに乳幼児と行けるスポットをご紹介していく予定です♪

 

 

さて、今回はこちら

 

 

「感覚統合ってなあに?」

 

 

①感覚統合とは?

 

人間の発達や行動の、

脳における感覚情報の統合のこと。

(アメリカの作業療法士のエアーズ博士の作った感覚統合理論)

 

 

脳が発達する大前提として、大人も子どもも

 

 

・楽しい活動

・ちょうどよいチャレンジとなる活動

・成功したときの達成感を得る

 

 

が大切と言われています。

 

 

 

 

チャレンジするものは

簡単すぎても難しすぎてもダメなんです。

 

ちょうどいい難しさ(これの見極めが難しいですよね・・・)が良いといわれています。

 

 

やってみよう!→ チャレンジや試行錯誤 → 達成感(そしてまた、やってみよう!へつながる)

 

プラスサイクルです。

 

 

例えば、私の子どもの話ですが、前ボタンのパジャマを着ることがこれにあたっています。

 

 

すいすいとボタンを自分でとめられませんが、できないわけでもないのでちょうどよいチャレンジになっているようで、ボタンのついたパジャマばかり着たがります。

 

 

成長のプラスサイクルの記事はこちら

「今すぐ実践したい!子どもの成長のプラスサイクルとは?」

 

 

ですので、感覚統合では、「楽しい!」と思う気持ちを重視しているんですね。

 

 

②3つの原則

 

感覚統合には、3つの原則があります。

 

 

①感覚は脳の栄養素

 

感覚とは刺激のことで、

 

・五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)

・前庭格(体の傾きや動きを感じる)

・固有受容覚(筋肉や関節の状態を感じる)

 

これらは、脳が適切な機能を果たすためには必要不可欠であり、集中力や注意力にも影響してきます。

 

 

 

 

 

②感覚入力には交通整理が必要

 

感覚情報のうち、必要なものだけを取り出してくることです。

 

 

 

 

 

③感覚統合は積み木を積み上げるように発達する

 

人がさまざまな事柄を習得していくには、適切な順番があるということ。

 

 

例えば、形の概念がわからないのに、ひらがなや漢字を練習しても「できない」のと同じです。

 

まずは形を知って、そのうえで文字としてインプットして練習して初めてものになります。

 

 

発達もこれと同じで、土台ができていないのにその先ばかり求めても、できないのは当たり前なんです。

 

 

 

 

 

 

③新聞紙遊びで遊育♪ぐちゃぐちゃ遊びでも人気の遊び

 

感覚統合を取り入れた遊びとして、「新聞紙遊び」があげられます。

 

 

こんな効果が期待できます♪

 

・全身の感覚で新聞紙遊びを感じることができる。特に触覚刺激が豊富!!

(ほかに視覚・聴覚・固有受容覚)

 

・見立て遊びをするので、イメージがふくらませる

 

・新聞紙の大きい、小さい、長い、短いなどの概念を知ることができる

 

・お友達とイメージやもの、場所を共有して遊びを楽しむことができる

 

 

この遊び、ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室でも大人気の遊びなんです爆笑

 

 

新聞紙遊びなんて自宅でもできそう・・・えー

 

 

と思ったそこのあなた!!

 

 

お教室で使用する新聞紙の量はものすごく大量なんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

新聞紙の量、ハンパねーーー!!

 

 

なんですグラサン

 

 

45リッターのゴミ袋に満杯の新聞紙を4~5袋使用します。

新聞、半年分くらいでしょうか。

 

この量をご家庭で用意するのはかなり難しいですよね?

 

 

片付けも大変だし。

 

 

だからこそ、親子でぜひお教室へ足を運んでいただき、実際に体感していただきたいです!!

 

一人よりも大勢でやる新聞遊びはまた格別の楽しさです♪

 

 

絵の具と比べると、

地味に見えてしまう新聞紙遊びですが、

ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室での子どもたちの人気は1~2を争うのではないかと思います。

 

 

ちなみに、私の子ども(2歳)は新聞紙遊びが1番好きです。

 

自宅でもやりますが、1時間ほど遊び続けられるくらい好きです。

ちなみにこの量で新聞朝刊と夕刊合わせて1週間分くらいです。

 

 

 

 

 

 

あなたもぜひ、ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室で遊育体験しませんか?

 

全国に広がるぐちゃぐちゃ遊びの親子教室についてはこちらをクリック♪

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

今日もあなたが笑顔で過ごせますように。

 

ぐちゃぐちゃ遊びのおきゃこ教室 東京目黒の最新情報や子育て情報を発信!!

おやこ遊育らぼのLINE@ご登録はこちらまで♪

取り上げてほしいテーマやご質問も随時受け付けております♪

友だち追加