ピーター岡田の音楽の歩み。

テーマ:

最近、初めてお会いする方が増えてきました。

ありがとうございます。

ピーター岡田の事をもっと知りたいと言って下さる方も

多いこのごろです。

 

では、ピーター岡田の音楽人生の歩みを語ります。

所謂、経歴です。

 

大阪生まれ。A型。
妻と二人の娘の4人暮らし。

 

 

【 ピーターの音楽人生の歩み】


■■■ ピーター少年 ~音楽との出会いの時期~ ■■■


・8才
 深夜ラジオ放送にはまり、
 沢山の音楽を聴く。

・12才
 邦楽&洋楽のシングルレコードを集めだす。

・14才
 叔父さんからアコースティックギターを
 いただき、ギターを始める。
 それ以来、学校から帰ると寝るまでギターを弾き続ける。
 
・15才
 ロックに目覚め、エレキギターを購入。
 どうしてもバンドがやりたく、友人に声をかけ結成。


■■■ ピーター少年青春時代 ~バンド活動時期~ ■■■

 
・16才~17才(担当、ギター&コーラス、作曲)
 大阪枚方ブローダウンで、初ステージ。
 ライブ出演のオーディションに合格。レギュラー出演にて、ライブ   活動開始。
 その時のバンド名は、The Blue Hearts。
 ロックンロール&バンク系のサウンド。

 オリジナル曲とカバーにて活動。
 東京で活動している、本家The Blue Heartsが有名になり、
 バンド名を止む無く変更。と同時に、バンドを脱退。
 友人のハードロック系のバンド、「UNON」に参加。
 同じく、大阪枚方ブローダウンで、オーディションに合格。
 レギュラー出演にて、ライブ活動を再び開始。
 と同時に、自信のギター演奏の向上を目指しているとき、
 バンドのベースのお兄さんが、ステージプレーヤーとしても
 活動しており、ギター教室をしていると聞き、門を叩く。
 約1年間、ギターテクニック、アドリブ、音楽理論、
 エフェクト、MTR、PA技術などを学ぶ。
 先生の紹介により、週末はPAの仕事をアルバイトとして

 スタート。
 
・17才~18才(担当、ギター&コーラス、作曲)
 音楽性思考の違いで「UNON」脱退。
 全曲オリジナルのバンド、「D-Boy」を結成。
 勢力的に活動を行う。結成後、2ヶ月で、スタジオにて
 デモテープを製作。100本を3ヶ月で売り切る。
 この時、京都のレコード屋でバイトする。
 枚方ブローダウン、寝屋川ビンテージバーなどのライブハウス、
 イベントでは、枚方市民会館大ホール、

 大学の学園祭などで活動。
 ビンテージバーでは、「すかんち」と対バン。
 一時、ライブハウスの動員数が月間3位となり、表彰される。
 CBSソニーのスカウトマンの目に留まり、

 大阪オーディションに参加。
 パルコの屋上で、公開オーディション。(お客さんは300名位!)
 有名プロデューサーの前で演奏。が!残念。東京進出できず。
 週4回ライブの週もあり、メンバー間に疲労が溜まる。
 
・18才~19才(担当、ギター&コーラス、作曲)
 ベースとドラムのメンバーチェンジがあり、バンド名を変更。
 The Cokesとして再出発。
 京都ウーピーズなどのライブハウス、
 イベントでは、京都ビブレホールなどで、活動。
 音楽性の違いで、ピーター脱退。ボーカルも脱退。
 (短期だが、2歳年下に、ギターを教える)
 
・インディー時代の、THE PRIVATESと交流。
 デビュー前のデモテープをいただく。
 音楽の方向性を、ブリティッシュビートだと感じ、
 ベースとドラムを探す。
 The London Beatsとして、ビートバンドを結成。
 The WhoやThe Jamのカバーを含めオリジナル曲で
 ライブハウスや市民会館小ホールにて活動。
 
・The Stone Rosesの初来日ライブに感動。
 自身の音楽性の可能性を求め、バンドを解散。
 UKニューウエーブ、ギターポップ、
 USAのCMJチャートのインディーバンド的サウンドを目指すと
 同時に、海外でのバンド活動を意識し始める。 
 業界の仕事として、ラジオのチャート作りの会社に

 アルバイト勤務する。
 
・19才~20才(ボーカル&ギター、作詞作曲)
 初のフロントマンとして3ピースバンドを結成。
 メインボーカル&ギターを担当。
 全曲、オリジナルでライブ活動スタート。
 ドラムが学業専念の為脱退。


■■■■■ ピーター少年 ~海外への夢~ ■■■■■

 
・20才~21才(ギター、作詞作曲)
 なかなか、メンバーが見つからない中でも、
 スタジオでの練習は行う。
 メンバー募集では、約200名位とセッション。
 海外でバンド活動をしたいという一心だったが
 思考について来る仲間は現れず、孤立する。
 
・21才
 一人でも、チャレジしたいと一年奮起。
 デモ製作を開始。
 

■■■ ピーター少年 ~海外チャレンジ時期~ ■■■


・22才
 バンド名を「The Blue Nebulas」として
 8曲入りのデモテープが完成。
 8トラック自宅録音にて
 ボーカル、コーラス、作詞作曲、エレキギター、
 アコースティックギター、ベース、キーボード、
 ハーモニカ、ドラムプログラムを一人で行う。
 サポートメンバー:歌詞を英語に変換:midori。
 コーラス:taiyo。
 
・23才
 世界7カ国、約100社にデモテープを送る。
 と同時に、約1ヶ月、イギリスロンドンに滞在。
 地元のミュージシャンと交流を図る。
 London Records、CHERRY RED RECORDS、
 MUTE RECORDS、Au Go GO、などデモテープを
 送ったレコード会社から手紙が来る。
 アレンジや曲は褒められるも、発音が難解だと
 指摘を受ける。


■■■■■ ピーター少年 ~大学時代~ ■■■■■


・24才~29才 
 音楽の魅力をもっと沢山の人に広めたいという思いが芽生え、
 音楽図書館の設立を模索した時期。
 音楽性の幅を広げる為、大学に入学。
 博物館学芸員&図書館司書の国家資格を取得し、卒業。
 レコード&CDのコレクションは3000枚を超える。
 
・(有)写真文化研究所が母体の写真図書館の副館長となる。
 映像を中心とした、国内外の一流アーティストの写真の普及・
 アーカイブ、写真講座運営、写真・映像・民族を中心とした
 専門図書館の運営に携わる。
 結婚を期に愛知に引越し。


■■■■■ ピーター少年 ~カフェ時代~ ■■■■■


・2006年。
 名古屋にて 「おやこカフェ にこ」を妻と開業。
 カフェ運営、各種講座運営を行う。
 妻は調理担当。→妻のブログhttps://ameblo.jp/oyakocafenico
 
・2008年 友人のカナダ人、マイケルグリーンと出会う。
 マイケルより、初めてウクレレを教わる。
 この気軽なウクレレを通して、音楽を広める活動に目覚める。
 秋より、マイケルが先生、私がアシスタントでウクレレ教室を

 開講。


■■■ ピーター少年 ~音楽教室設立時代~ ■■■

 


・2009年 
 ピーターがウクレレ講師として教室を運営。
 約3年で、生徒数が100名を超える。
 
・2010年
 12月に、教室初の発表会を開催。
 
・2011年 
 第6回、「ジ・ウクレレコンテスト」にて、
 教室の生徒さんのバンド、「Shiny Moon」が
 カバー曲にてファイナルに出場。
 パフォーマンス賞を獲得。
 
・2012年
 ナディアパークで開催された、
 「第2回 ウクレレパフォーマンスコンテスト」にて
 「店長と客」で、「はらぺこあおむし」を演奏。
 歌:Aya、ウクレレ:ピーター。
 グランプリを獲得。
 ウクレレ教室と平行して、
 ギターとベース教室も開講。
 
・2015年
 第8回、「ジ・ウクレレコンテスト」にて、
 教室の生徒さんのバンド、「HA」(親子バンド)が
 オリジナル曲にてファイナルに出場。
 作詞:Aki(生徒さん)作曲:ピーター
 アレンジ:ピーター。
 歌&ウクレレ Aki(母)
 ウクレレベース(当時小学3年生のHくん)
 
・2016年
 「おやこカフェ にこ」は、教室の活動に専念の為閉店。
 「おべんとうやNICO」を開業。(昼間のみ)


■■■■■ ピーター少年 ~今~ ■■■■■
 
・2017年
 「にこミュージックファクトリー」の活動に専念するため、
 「おべんとうやNICO」を閉店。
 
 只今、ウクレレ、アコースティックギター、エレキギター、
 ベースギターの生徒さんは145名様以上。
 年齢も4才~70代の方までと幅広く展開中。
 
 10代の頃に培った、楽器の演奏(教室のレッスン)以外に、
 作詞作曲、アレンジ、PAレンタル、レコーディング、
 音楽の学校(ロックの歴史)、イベント企画運営、楽器販売など、
 音楽に関することの総合ファクトリーとして活動中!

 

AD