親子関係が崩れていく要因とは?・・・何が必要なのか? | 福岡☆全国 | 親子関係の悩みはカウンセリングで修復! | カウンセラーマリア

福岡☆全国 | 親子関係の悩みはカウンセリングで修復! | カウンセラーマリア

このブログでは親子関係悩みを持っている人たちへ向けた、親子関係を修復する方法やその考え方についてお届けしていきます。
親子関係や子育てに関するカウンセリングはぜひマリアまで。


テーマ:
元々人は健康な心と愛の心を誰でもが持って生まれてきました。

それが、どこかで自分は価値がないと勘違いしてして苦しい人生を生きていきます。

もし、あなたもそうであれば

それは、いつから?

どんな出来事からだったでのでしょうか?

自分の人生を紐解き始めると、人生は良い方向に流れだします。

親も子も、生きる力を得て新たな再出発したい!

そんな方を応援サポートしています。

いくつもの逆境(親との確執・離婚・子供の死・自身のガン)を乗り越えてきた

親子関係修復カウンセラー
ライフチェンジコーディネーターのマリアです。




今回は、加藤諦三さんの「自分の受け入れ方」

という本を参考に、私の意見も入れながら、まとめてみました。

人間の本質にふれている、とても素晴らしい本です。

自分のうけいれ方(愛蔵版)/PHP研究所

¥価格不明
Amazon.co.jp


ありのままの自分でも価値がある


うまれてから、これまでの人生のどこかの段階で、ありのままの自分には価値がないと錯覚してきました。その思い込みを誰も教えてくれる人に出逢ってきませんでした。

自分は、どこで間違えたのか?に気ずいていなければ、どんどん道を間違えて進んでしまいます。

その間違えることにも教訓があるのでしょうが、どこかで気ずかないと、人生は苦しい流れにのままで進んでいきます。

ありのままの自分には価値がないと劣等感を持っていると、自分の力量以上に頑張ってみたり、他人の言動に振りまわる人生になってしまいます。

(また、子供を厳しく育てていきます。)

そして、ありのままの自分では価値がないと錯覚したノイローゼの人は、エネルギーも無くなり階段を踏んで一つ一つ解決していく力が出ずに、人の助言も受け入れることができなくなっていきます。そして安易に変わりたいとだけ言います。

悩んでいる人の共通点は、自分や自分の環境を受け入れることができない。

ありのままの自分に価値があると気ずけば、運命は希望へと変化して輝いていきます。

なぜありのままの自分に価値がないと思ってしまったのか?


それは、幼いころ幼児期に持った願望が満たされていないからなのです。

大人になって幼児的願望が抑圧されていると、表面は大人の顔をしなければならないから憂鬱になり、イライラする。




社会的に大人の振る舞いをすることは、本当の自分の願望とは逆の振る舞いをしなければならないということである。

だから、「我慢 我慢」で、最後には気力を失い、憂鬱になるのは当然ですね。
なんだかわからないけど、イライラするのもあたりまえでである。

本当は、助けてー!と叫びたいのに、逆に子供を育てあげなければならない。
そうなると生きるのが辛いのも当たりまえである。

人から世話をしてもらいたい時に、人を世話しなければならない。甘えたいときに、人を甘えさせなければならない。

悩みや問題をお持ちな方の多くが、このような状態に近いです。

社会的、肉体的には親でも、心理的にはまだ未熟な子供なのです。

日々を無理していて日々人知れず我慢をしていきてしまっています。

幼児的願望を持っている人が、大人の立場に立たされることは、大変辛い。
自分の願望とは逆のことをすることを周囲から期待されるからである。

したがって、大人になってからも、自分の感情が、この満たされない幼児的願望に心の底で支配されていると、心理的に健康な人には想像できないほど、毎日が苦しく大変な状態である。

人は感情に飲み込まれると今と過去の区別がつかなくなります。

幸せの基盤は愛であり、愛されて初めて、愛する能力もできてきます

幼児的願望とは?


幼児的願望とは、わがままだったり、いつでも褒められたい、注目されたい、求めれれたい、私の意見、を一つ付け加えると、一番は、自分を大事にされたい。

だから人の話題はつまらない。

何かの感情をぶつけているときは、「私の苦しい気持ち、わかってよ!」という心の叫びであり、無条件に「愛してほしい!」という叫びなです。

相手に何かを与える前に、自分が与えてほしいという、幼児のときの素直な思いなのです。

幼いころから、「良い子」を演じている生きてきた人は、何よりもこの幼児的願望が満たされていない。



これが満たされないまま社会的に大人になると、この幼児的願望は心の中に残ってしまいます。

幼児的願望が満たされていない人は、時間をかけて何かを達成することができなかったりします。

その場で、すぐに満足を求めてしまい、人生の流れを信じられなくて、先のことが考えられない

幼児的願望を満たされない人は、それに一生を支配されて、人間関係が上手くいかない。



そして、自分が愛されているかどうか不安だから、常に自分が愛されていることを確かめようとします。

幼児的願望を持っている人は、自分が一番必要としている人に憎しみを持ちます。

愛する人から望むだけ愛されていないから、愛する人に敵意を持ちます。

特に、幼少期に愛されたいと思う母親・父親 特に母親に対して憎しみを持ってしまいますね。

コインの裏表のように愛の裏返しが憎しみとなって出てしまいます。

この感情に負けない自分、それが自分を鍛えるということです。

自分の運命を受け入れることが自律でもあります

親から刷り込まれた人生の歪みを自分の力で直していくことが、自分を成長させてくれる種でもあり、自分が背負った環境を受け入れ、克服していくプロセスが宝物なのです。

ありのままのあなたを認めてくれる人と繋がっていこう


あなたに足りないところは、何一つ本来はありません。

全てはあなたに与えられたギフトなのです。

あなたが悩んでいらしゃるということは、とても素晴らしいことなのです。

どうでもよければ、悩みません。

今のままじゃいけないと思うから悩んでしまうのです。

もっと良くなるための軌道修正のようなものです。

冒頭で書いたように、あなたの良さを教えてくれる人が、今までいなかった、ただそれだけのことなのです。

あなたには、あなただけの良さが必ずあります。

これまで愛されなかったのなら、ありのままを愛してくれて、認めてくれる人と交流していけば、変わっていきます。

あなたが、愛に満ちていけば、周りの人も愛せれるようになり、家族も変化してきます。

表面の出来事だけを変えるのではなく、あなたの心が愛に満ちていけば、人生は、パラダイムシフトが起こってきます。

幼い頃十分に自分という存在が注目されなかった!

自分の訴えを無視された!

自分の言うことに親が耳を傾けてくれなかった!

などの不満が心の底にある、その心の底の不満に日常が支配されていませんか?

心の底に不満があるから「そうならない」と意識しても「そうしないではいられない」という気持ちがあることでしょう。

頭では「こうしたほうがよい」とわかってはいても「どうしてもそのようにできない」こんな状態ではないでしょうか?

この心の底に抑圧されている不満に支配されて、人生を生きるのは、もったいないことです。

破滅を避けるには、まず自分の心の底にある不満に直面する勇気が必要です。

加藤諦三さん、曰く「心の底にある不満に直面する」ということが、「運命を受け入れる」ということであると、語られています。

マリアは、感情には、2段階あると考えています。

怒りの第1感情のその奥には、本当は悲しみという第2感情が隠れています。


人間の悲劇は、心のなかの深刻な未解決の問題を自分一人で解決することが難しいという点にあると。

ただ、自分は幼児的願望が満たされていないと自覚できれば、それにしたがって様々な人生の選択ができる。

自分は誰と友達になった方がいいのか、恋人はどういう人がいいのかというような、さまざまな人生の指針がわかってくる、と先生はおしゃっています。

私自身、そして、これまでの相談を受けてきて、ほんとそうだと思います。

幸せを感じられるかどうかは、とりまく状況よりも、心がそれを感じる能力があるかどうか。

幸せを感じる能力とは、過去の課題を解決できている人の能力である。

過去の感情への執着が断ち切れたときに、未解決の問題が解決したといえます。

まずは、自分の未解決の感情を解放し、必要な知識を学び、焦らずに一歩一歩自分を育てていくことで、自分との関係、家族との関係、仕事での人間関係、仕事への意欲、恋愛関係、夫婦関係が好転していきます。

これまで、クライアントさんをサポートしてきた実例から確信しています。

あなたが本気で取り組めば、あなたの人生は、年齢関係なく、いつからでも変えることができます。

あなたの人生好転を応援しています。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

1人で考えて悩まないで、問題から脱出する協力者を見つけてくださいね。

人に頼ることは、弱さではありません。助けてと言える人は、自分を受け入れることができ、人に応援されて人生を大きく開花していく最強な人なのです。


これまでに、親からの夜逃げ、離婚、13歳の娘の死の逆境を
強運に転じ自分の2度のガンから奇跡の生還した、心の智慧
心理学、脳科学を使った自分でできるプチワークなどを
無料でお届けしています!



p.s.
Blogには書けいないことを、無料のメルマガで配信しております。

親子関係を好転させる秘訣&人生を幸運に変える秘訣
カウンセラーマリア公式無料メールマガジン


心理学、脳科学をもちいたセルフプチワーク7日間ステップメールを最初にお届けしています!

メルマガ登録いただくと、2つのPDFをプレゼントを差し上げます。

1つ目・・・
今の自分の状態を知るきっかけとなる”体とストレスの反応シート”&誕生日からみるあなたの気質”バースデーパーソナリティシート”PDF

2つ目・・・
思春期(10歳~20歳)子供が驚くほど変わる親の言葉・表情の出し方のヒント集PDFをプレゼントします



メルマガ登録プレゼントはこちらから
https://beast-ex.jp/fx4757/1



期間限定で30分お試し電話カウンセリングを実施しております。
親子関係でお悩みの方は今すぐ下記のページをご覧ください。

http://ameblo.jp/oyako-torauma-care/entry-11881488703.html


親子関係の関連記事です


子供が反抗する心理を知り親が意識改革をする

家系の風習の連鎖を止めると家族すべてが上手く動き出す!

恐れは心の闇となる!そんな人生から脱皮するために・・・

親子関係改善には目標&行動設定が必要


福岡・全国☆親子関係修復カウンセラーマリアですさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス