回転の具合がおかしいというか

 

時々引っかかる感じになるリールの修理です

 

あ、色々調べたんですがこのリールの名称の読み方がわかりませんあせる

 

お客さんに聞けばよかった・・・・ガーン

 

 

フレーム中央のヘソを押し込んでやるとスプールが外れる仕組みになっていました

 

 

スプール中央のエンブレムがカッコいいです

 

チェックは音だし用に装着されていてディスクドラグ仕様になっていました

 

点検の結果

 

チェックが減ってしまいギアとのかみ合わせが悪くなっていましたあせる

 

更にチェックの支柱も減ってグラグラに・・・・叫び

 

という事で

 

チェックの支柱はリベットを削り取り外してしまい

 

新しくチェックを製作して

 

新しいチェックの支柱はネジ固定へと変更しました

 

チェックはステンレスで製作させていただきましたので簡単には減らなくなっていると思いますグッド!

 

 

動作も問題なく確認できましたので

 

これにて完成合格

 

既にお客さんの手元に届いております

 

この度は修理依頼いただきありがとうございましたm(_ _ )m

 

また何かありましたらよろしくお願いします

 

楽しい釣りが続きますように音譜

 

それではパー

 

 

 

AD

リール到着のご連絡いただきましたのでアップします

 

チェック支柱のリベットが緩んでしまい裏側の皿も外れてしまったとの事あせる

 

 

マーキスの支柱はアルミですので長い事使ってるとこうなるケースが多いようです

 

 

緩みが進むと支柱自体が傾いてしまいチェックがまともに機能しなくなります

 

ココまで進行するとたいがいの場合はフレーム本体の穴の形状も変形している事が多いです

 

なので純正部品が手に入ったとしても本来の強度で仕上げる事は難しくなります叫び

 

無理やりカシメし直しても十分な強度が得られなければすぐに同じように緩んでしまいますしね

 

ま、純正部品は簡単に手に入らないのでどちらにしても製作して対応するんですけどドクロ

 

今回は強度不足を解消する為に真鍮で作る事を提案させてもらいました

 

ただ、真鍮で造ると色が変わってしまうので好みが分かれる所でもあります

 

2個、もしくはスプリングの支柱も含めて全てを製作交換してしまうのもアリだとは思いますが

 

その分コストは増えてしまいますので微妙なところです

 

で、今回のオーナーさんは破損部分のみ真鍮で製作する事を選択されました

 

実際に作業にかかります

 

やはりリベットの穴は変形してましたのでキレイな○に成型しなおして

 

いざ真鍮を使って支柱を製作しようとした時に

 

超超ジュラルミンで作ってみようかと・・・・・思ってしまいましたひらめき電球

 

元々この構想はあったんですが

 

キレイに潰せる自信が無かったと言うか

 

潰れないと思っていました (硬いからね)

 

ま、ある意味実験してから考えようかと

 

(ダメなら真鍮で作り直せば済む事なので)

 

 

何とか出来ちゃいましたね・・・・・

 

 

当たり前ですが傾きも修正されています

 

 

表の受け皿も同じ材質で製作してありますチョキ

 

少々強引に潰さなきゃいけないのですが強度というか硬度はかなり硬い材質ですのでご安心ください

 

コレで当分は伸びずに使えると思いますグッド!

 

この度は作業依頼いただきありがとうございます

 

また何かありましたらよろしくお願いします。

 

楽しい釣りが続きますように音譜

 

それではパー

AD

リールが届いたとご連絡いただきましたのでアップします

 

リールはハーディのユニーカ

 

片付けをしてたら出てきた親父さんの遺品だとの事

 

修理可能であれば治して使いたいという依頼でした

 

送ってもらい各部の損傷具合を確認したところ十分に修理可能でしたチョキ

 

しばらくお待ちいただく間に

 

同じくもう一台のユニーカが出てきたとご連絡をいただき

 

そちらも追加で送ってもらいました音譜

 

 

年代とサイズが少しだけ違う二台のユニーカ

 

両方ともメインシャフトのガタがかなり大きくなっていましたが (過去最大級かも)

 

もちろんバッチリ元通りに仕上がりましたグッド!

 

 

まず象牙ノブのユニーカ

 

かなりガタは大きくなっておりスプールもフレーム内部に落ち込んでいる状態でした

 

スプールの穴を矯正しつつ真円に戻します

 

で、真円になった穴のサイズに合わせたシャフトを新設してガタなくスムーズに回るように戻し

 

落ち込んだスプールの矯正はメインシャフトの台座を微調整し高さを合わせ

 

 

最後にラッチがかかるメインシャフトのくびれの位置を調整します

 

各部の矯正を確実に行う事で

 

スプールの軸方向と回転方向、両方のガタをコントロールしていますグッド!

 

もちろん今回もピッタリと収まりカタカタ遊ぶような事はありません

 

 

作業の妨げになったのでノブは一度取り外してシャフトを新設しましたので

 

ノブの遊びもピッタリになっています (ノブは固着回避の為に少し遊びを作っています)

 

 

こっちはエボナイトノブの方のユニーカです (クロいノブの方です)

 

このリールのガタが過去最大の方でした

 

もちろんもう一台のユニーカ同様に完璧にピシッと治しましたが・・・・

 

最後の調整段階でかなり迷う事になりました

 

もしかしたらこのリールのスプールは違うリールの物かも知れないという事

 

(時々あります)

 

メインシャフトのガタ修理は色んな方向のサイズを微調整しなければいけないんですが

 

特にスプールの高さというか収まり具合と言えばいいのかな

 

 

スプールの表面エッジの部分とフレームの内側のエッジをピッタリと合うように設定するんです

 

 

ビタッと揃ってるのわかります?

 

ただ、クロノブのユニーカは表面を揃えると奥側の面がフレームから浮いてしまいました

 

要するにスプールの幅が若干足りないという事です

 

この寸法はスプールが本来持っているもので調整できる部分ではありません

 

もしこの部分も寸法が極端に違い

 

何とかしてくれって言われれば違う方法で解決も可能ですがあせる

 

今回の違いは1ミリ以下だったので

 

I氏とアレコレ協議した結果

 

(数パターン試してみました)

 

 

今回はスプールを0.3ミリ程落とした状態にセットして対応させて頂きました

 

もちろん使用に差支えが出るレベルではないと思いますのでご安心ください

 

で、こちらのユニーカも同じくノブは取り外したのでシャフトは新しく製作してあります

 

 

今回製作した部品はすべてくすませてありますので違和感は最小限で完成していると思います

 

ノブの座布団は恐らく元の物ではない形状だったので本来の形状で作り変えさせていただいています

 

親父さんの形見のリールを使い釣りを楽しむ

 

良いですね~

 

更に息子さんが釣りを始めてこのリールを二人で使い始める

 

更に次はお孫さんでしょうか

 

ハーディの古いリールはそれを可能にしてくれますね

 

今まで100年以上前に作られたハーディを数台見ていますが

 

今でも現役っていうか・・・・まったく見劣りしないんですよね

 

見た目を維持しているのも凄いけど

 

今でも第一線で戦える機能だという事が更に凄いんですラブラブ

 

現代のリールに比べると少し重いのが気になるところではありますが

 

それを気にさせない存在感と性能がありますねキスマーク

 

当時の製造技術の凄さと製作者の努力が感じられる道具だと思います

 

これからも大事に使い続けていただきたいですね

 

この度は修理依頼いただきありがとうございましたm(_ _ )m

 

また何かありましたらよろしくお願いします。

 

楽しい釣りが末永く続きますようにグッド!

 

それではパー

 

 

 

 

 

 

AD