点と点が線になる

テーマ:

《高知•1日10分でOK!楽しく遊ぶように勉強する子を育てる~楽しい家庭学習法~

親勉インストラクターの永坂真実です。

  


先日病院へ行ったときに、

娘が本棚である本を見つけました。

 

それを手に取った娘は

目をこれでもかと輝かせて、

院内に響き渡るほどの大きい声で

「ママーー!!坂本龍馬の本あったー!!」

と叫び私のところまで走ってきました。

  

もちろん待合にいた人たちの全視線が私たち

親子に注がれたのは言うまでもありません。笑

 



 

でも一体なぜそんなに興奮したのか...?

 

そうそれは彼女が「点と点が線になる」

と言う体験をしてしまったからなのです。

 

今までは私や夫が「坂本龍馬だね」

と言っても「ふーん」程度の

認識だったのですが、

 

この日自分の目で坂本龍馬発見したことで、

「あぁ!この人いつもママとパパが

言ってる人や!」と点と点が線となり、

嬉しくて叫ばずにはいられなかったんですね。

 

次回はこの《点と点が線になる》という

体験が今後どう大切になってくるか?

についてお話しします♪

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます♡