【雨漏り修理の相場は存在しない?】

 

初めて雨漏りが発生すると、皆さんが最初に調べることが

 

「雨漏り 修理 価格」や「雨漏り修理 費用 相場」などだと思います。

 

雨漏り修理は幾らかかるのか?何屋さんにお願いすればいいのか?どうやって直すのか?

 

などが気になることろでしょう。

 

たしかに雨漏り修理について何も知らないのですから、費用や価格が気になるのは当然なのですが、

 

雨漏り修理の価格や費用にいわゆる”相場”はあってないようなものです。もう少し正確な表現をすると「ケースバイケースなので5万で直ると思ったのに30万かかることもあります。」というようなことになります。

 

なぜそう言えるのか例えでご説明します。

 

【修理費用はどのようにして決まるのか?】

 

あなたが車屋さんだとします。お客さんから「車を修理してください、価格は幾らかかりますか?」と尋ねられたらどのように返答されるでしょうか?

 

「はい分かりました。修理費用は2万円です。」と答えられるでしょうか?決してそのようにはお答えにならないでしょう。

 

パンクしていたら一本1万円もしませんが、窓ガラスが割れていたら2万円以上かかります。

バンパーの交換だったらもっとかかります。ドアが外れてなくなっていたらもっとかかります。

エンジンを変えなければいけないとしたら何十万円もかかります。

 

このように「車の修理」でも、どこを直すか?どれほど直すか?によって修理費用が大きく変化します。

 

住宅の雨漏り修理も全く同様です。

 

雨漏り修理の費用、価格も、どこを直すか?どのように直すか?どれほどきちんと直すか?で大きく変わってくるのです。

 

雨漏り修理の相場というのは「原因箇所はいくつあるか?」「どこが原因か?」「どの程度しっかりした工事をするか?」で決まります。

 

原因箇所が1か所なら安いですが、壁面全体や屋根部材のメーカー不良などが原因だと100万円以上かかります。

 

1Fの窓周りが原因なら安いですが、3Fに原因箇所があれば足場が必要になるので10万円以上はかかるでしょう。

 

雨漏りの原因がシーリング目地の劣化ならば、その部分を撤去打ち替えすればすむので2~3万ですみます。しかし屋上の床全体に広がったひび(クラック)が原因なら塗膜防水が必要なので何十万円かは掛かります。

 

モルタル壁のヒビ(クラック)が原因だとしても100%直すには

①モルタル壁やり直し。

②壁の防水シートやり直し。場合によっては

③板金工事やり直し。が必要になります。(作業日数5日~)

 

しかし予算が少なければ50%で

①ヒビ(クラック)に樹脂注入。

②塗装。 で対処するということになるでしょう。(作業日数1日~)

 

修理費用 = 材料代+手間賃 です。

 

このような経緯で「雨漏り修理の費用」は決まります。

 

【雨漏り修理の費用、相場は】

 

「雨漏り修理の価格や相場ってどんな感じですか?」という疑問の答えです。

 

答え:2.5万円~30万円くらい。場合によってはそれ以上かかります。

 

といった答えになります。

 

ご参考になさってください。

 

《雨漏り調査と修理の専門家 ワイズ・ハンディー》
携帯/080-5697-7910
雨漏り原因を調査して修理するならワイズ・ハンディーへ!のリンクはコチラ☆
普段の仕事ぶりがのぞけるyoutubeマイチャンネルのリンクはコチラ☆