■ぷっくりとしたフォルムが美しいドームペンケース2種(オーダーメイド作品) | OXIO-CRAFT(オキクラ)の「革雑貨」制作日記

OXIO-CRAFT(オキクラ)の「革雑貨」制作日記

革工房OXIO-CRAFT(オキシオ-クラフト)の日記です。
レザークラフトによるオーダーメイド作品のご紹介や、ヌメ革作品の制作工程などについて書いています!


テーマ:
本当に気が付いてみれば、年の瀬。
本日は、工房の片づけやら、資料や写真の整理やら、
新しい年を気持ち良く迎えるための準備に、時間を費やしておりました。


さて、今日も整理した写真の中からピックアップし、ドーム型ペンケースをご紹介いたします。


20171230-01
【作品No.20171230-01】
キャメル革で制作し、黄土色麻糸で手縫い縫製しております。
ペンの収納部分は通常通り、革の絞り技法で丸く膨らませていますが
ドーム部分の長さを、お客様のご希望により、少し短く(92㎜)しています。
お客様のご希望は、胸に付けるネームプレートからぶら下げて使用したいとのことで、
頭の部分に、革帯をカシメで取り付けました。


ドームペンケース

※お客様がご愛用のペンを収納したお写真を、メールで送ってくださいました。
作り手としては、どんな風に使ってくださるのかな?というのが一番気になるところ。
本当にうれしいです。
この度はご注文、誠にありがとうございました。




20171230-02
【作品No,20171230-02】
2つセットでご注文いただきました。両方共、生成りヌメ革で制作し、
片方はベージュ麻糸、もう片方はエンジ麻糸で手縫い縫製しています。
エンジ麻糸で縫製した作品の背面には、猫のシルエットをあしらい、木綿布(ワイン)を貼り込みました。
頭の部分には、ハトメ穴加工を施しました。

※生成りヌメ革でお作りしましたので、じっくりとアメ色に変化するのも楽しみです。
片方には猫のシルエットをあしらったことで、可愛らしい作品となりました。
この度はご注文、誠にありがとうございました。




------------------------------------------
本日のおまけ写真カメラ

制作してから、5年ほど経過した生成りヌメ革のロングウォレットです。
よく触る中心部分は、アメ色から、さらに深いチョコレート色に変化しています。
適度な脂分を保っているので、表面は鏡のような光沢があります。

丈夫な「牛革」という素材ですから、あまり気を使わずに扱っており、
傷も多々ついていますが、それも「味」に変わってきています。
長財布
タンニンなめしの革は、生成りヌメ革だけでなく
カラー革も、それなりに少しずつ変化していきます。
それがまた、「自分のもの」として愛着が深まっていく理由です。

この財布は、自分が使用するものなので、あえて血管跡やシワのある部分を使って
制作しています。

お客様によっては、このような部位を敬遠される方もいらっしゃいますが、
革好きにとっては、逆に希少部分に感じることも少なくありません。

天然素材であり、また、命あるものが生きていた証でもあるので、
一層、愛おしく感じてしまいます。

背中や腹など部位によっても、硬さやシワの入り方も違いますし、
牛の育った国や、なめしたタンナーの違いによっても、まったく違う風合いになります。
それが難しくもあり、魅力でもあります。

そんなこともご理解いただいた上で、当方の作品を使っていただけたら嬉しいな、と
思っております。

年々、タンニンなめし革も様々な環境の変化で、希少な素材となってきています。

無駄にすることなく、愛着を持って長く使っていただける作品に変化させていくことが、
自分達の使命だと思っています。(←ちょっと格好つけました(;^_^A))




------------------------------------------

OXIO-CRAFTホームページ  (オーダーメイド制作受付中)

SNS更新 ■Twitter  ■Facebookページ  ■Instagram

WEB販売 ■tetoteCreema

------------------------------------------


オキクラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス