中小企業経営者の知恵袋

こんな時代でも、強くたくましく成長を続ける中小企業経営者の皆様の力に少しでもなれたら…そんな想いで情報を発信していきます。


テーマ:

次にご紹介するのは、保険会社のコーオウンドの事例です。

 

カルフォルニアのバークレーにある保険会社「Dealey, Renton & Associates」は、1950年に創業の保険代理店です。

 

創業当初は、製鉄業向けの保険の販売を行っていましたが、徐々に、建設やエンジニアリング業界への保険の業容拡大。現在も、建設やエンジニアリング業界へ保険の他、リスク管理サービスを中心とした統合的なサービスを行っています。

 

現在、西海岸を中心に3つのオフィスを有し、社員数は、90名。社員の平均年齢は、50代前半の会社です。

◆経緯

「Dealey, Renton & Associates」は1985年に米国の法律で認められているESOP(Employee Stock Ownership Plan:税制優遇措置をともなう従業員株式所有制度)に基づき、30%の従業員所有事業化を進めました。

 

そして、2006年には、100%従業員所有事業となりました。

 

コーオウンド化したもともとの経緯は、創業者であるナイジェル・レントンが、子供に絶対に引き継がせたくないという強い気持ちがあったこと、そして、同時に株式を売却したいという事業承継目的があったからです。

 

コーオウンドのもとでは、会社の業績がガラス張りになります。そして、インセンディブ契約の営業マンを除き、社長を含めて、業績連動賞与がもらえます。

 

特に、会社の企業価値に応じて、個々人の口座の金額が増えることは、社員にとってのモチ

ベーションに繋がっているようです。

 

このように、社員のそれぞれがオーナーの一部となったことで、社員は、“他人事”でなく、“自分事”として経営に参画するようになり、その結果、業績が継続的に向上し、また離職率も1%台に低下しました(米国の平均離職率は10%)。特に、ライフプランナーのように個人事業家のプロフェッショナルで構成される保険会社が、コーオウンドを通じて、社員が一丸となって、チーム力を強化していることは非常に興味深い事例です。

 

※トラストは、ESOP導入企業の株式を購入し、管理運用するための信託を指し、トラスティ―とは、信託を運営するメンバーをいいます。

実際に、社員の方々にお話しを聞くと。。。。

 

「最初は、ぴんと来なかったったとのいうのが正直な気持ちです。でも、10年経ってみて、自分たちがオーナーであることを感じ、とてもよかったと思っています。特に、経営情報がものすごく透明で、オープンになったことで、意識が補強され、だんだん、プライドが醸成されていったと思います。」

 

 

そして、コーオウンド化の成功のポイントを伺うと、 

 

「コーオウンド化をしている会社では、100%人を選びます。とくに、役員クラス(エグゼクティブ・レベル)がそうです。手柄をとって、何億円ももらって、次に移るような経営層は、そもそも従業員所有事業ではそのインセンティブがないので、入ってきません。むしろ、じっくりとチームワークを尊ぶ経営層が入ってくるので、従業員所有事業は、濾過器の役割を果していると言えます」

 

いろいろとインタビューをさせていただき、保険業界のようなプロフェッショナルなスキルが多い業界でも、コーオウンド化が、適合するということは、大きな気づきとなりました。

 

(株)オーナーズブレイン 小泉大輔

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

㈱オーナーズブレインさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。