てぃふぉーじのある日常〜footballを添えて

てぃふぉーじのある日常〜footballを添えて

Tifosiのメンバーがサッカーについて勝手気ままにつらつら語るブログ。活動紹介やイベント告知もちょいちょいあります。


テーマ:
 

こんにちは😗

 

就活準備に身が入らない3回生Yです(-_-)

 

 

後輩や同期が読み応えのあるブログ書いてます。サッカー好きには興味をそそられる内容🤓

 

 

さて久しぶりにちょっと書こうと思いますおそらくちょっとじゃない笑

 

 

 

 

 

 

結論からいうと

今年のJリーグは史上最高(攻)レベルで大混戦だーー!

という話です

 

 


(ルヴァン杯も今年は別のチームの手に…)

 

 

 

 

 

 

Jリーグファンとして正直ここまで大混戦になるとは。

 

 

 

J1に関しては、過密日程の影響でしょうか。。

 

 

 

今さら何の参考にもなりませんがTifosi内で開幕前に集めた予想がこちら答え合わせは年末にやります!)

 

 

 

まず今Jリーグに何がおきているのかざっくりつらつら書いていきます。

 

 

 

 

 

一言で表すならカオス。

 

混沌。不規則で乱雑な予測不可能なさま。(意味合ってるかな・・・)

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~

 

 

 

J1。

優勝争いはサンフレッチェ広島の独走態勢かと思いきや、昨年王者の川崎フロンターレがかなり追い上げてきたので分からなくなりました。

3位以下は勝ち点40点台前半の中に4チームが並んでます。こちらはACL圏内&DAZN賞金争奪戦🤑あわよくば優勝をあきらめないといった感じです。

 

 

 

 

 

 

みどころ①広島と川崎の勝ち点差が詰まってきたJ1優勝争い

 

みどころ②ACL出場とDAZN賞金がかかる上位争い

 

 

 

今一番注目されているのは残留争い。勝ち点30点付近に多くのチームが並んでいます。

最下位のV.ファーレン長崎でも8勝しています。18位の成績としては2009年のジェフ千葉の5勝12分17敗・勝ち点27が最高でしたがこれを更新する勢い。。

降格したチームの勝ち点としては2012年のヴィッセル神戸の勝ち点39が最高でした。

これまではひとまず勝ち点40を”残留ライン”として目安にされてきましたが、今年は更新されるかもしれません。。

 

 

 

 

 

 

 

みどころ③J1のほぼ半分のチームが巻き込まれてしまったJ1残留争い

 

 

 

 

 

J2。

勝ち点60点あたりに上位チームが集中しています。7月あたりから松本山雅FCFC町田ゼルビアが2位以内に居続けていますがこれを6チームほどが追いかけるといった感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくない方のためにレギュレーションを説明しておくと、

今年はJ1の17位と18位がJ2に自動降格して、J2の1位と2位がJ1に自動昇格します。

その後、J2の3位から6位までの4チームでトーナメントを行い、勝ち上がった1チームとJ1の16位が試合をして勝った方が来年J1に行くことが決まります。いわゆる”J1参入プレーオフ”。

去年までは(かつてのセレッソやグランパスのように)J2のクラブはプレーオフを2回勝ち上がれば昇格できたところを3回勝ち上がらないといけなくなりました😟

(90分だけ延長はなしで、引き分けの場合は順位やカテゴリーが上のチームが勝ち上がる)

 

 

 

 

 

 

しかし、町田は現時点でJ1ライセンス(J1に参入できる免許のようなもの)を持っていないため、1位や2位になっても昇格できず、J1参入プレーオフにも参加できません。

この場合降格枠・昇格枠に影響が出てきます。町田が1位か2位になればJ1の16位は残留しJ1の17位がJ1参入プレーオフに回ることになります。つまり降格枠と昇格枠が1つ減ります

残留争い中のチームのファンは町田を応援している人が多いのでは。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みどころ④去年よりも厳しいJ1への道のり・自動昇格&プレーオフ出場をかけたJ1昇格争い

 

みどころ⑤J1残留争い&J1昇格争いにも大きな影響を与えるであろう町田ゼルビアの奮闘

 

 

 

 



J2の残留争い、J2昇格争いもあります。J2の21位&22位、J3の1位&2位が入れ替わります。

J2の下位を見るとJ2に居続けてきたチームが苦戦しています。

こちらもJ3のアスルクラロ沼津ブラウブリッツ秋田がJ2のライセンスを持っていないため、例えば沼津と秋田が1位と2位で終わった場合、J2とJ3の入れ替わりなしなんてこともあり得ます。(*先程秋田にJ2ライセンスが交付されました!)去年はその影響でJ2の21位だったロアッソ熊本がJ2残留ということが起きました。現状はライセンスのあるFC琉球鹿児島ユナイテッド秋田が首位を争っています。今年は果たして。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みどころ⑥混戦状態のJ2残留争い&J2昇格争い、J3優勝争い

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~

(スポーツナビやJリーグ公式サイトから画像お借りしました)

 

 

 

 

いつもの癖で← 細かすぎた感はありましたがまとめてみました。🙄

 

 

 

 

これだけカオスなリーグだということは

どのクラブにもまだそれぞれの目標に向かってチャレンジできるチャンスがある、ということでしょう😌

 

 

 

 

 

 

 

莫大なお金が動きまわり、圧倒的な戦力格差もあるヨーロッパとは違い、

Jリーグはまだまだ発展途上です。

全員がイニエスタのようなサッカーセンスを持ち合わせているわけでもありません😐

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなJリーグでもすべてのクラブが

優勝、残留、昇格と、さまざまな目標に向かって

これから終盤戦へと突っ走ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チームが勝ったときの喜び

 

チームが目標を達成したときの感動

 

チームの命運を決定づけるゴールが決まったときの興奮

 

チームの勝利を告げる主審の笛が鳴ったときの安堵感

 

 

 

 

 

 

 

 

それを知っているからこそ

もっと多くのサッカーファンに、Jリーグに興味を持ってもらい、

チームや選手たちを応援してもらいたいと僕は思います☺️

 

 

 

我々Tifosiも多くのメンバーが応援のために

関西や全国のスタジアムへ行く予定です。

 

 

Jリーグのカオスぶりを見てみたいけど

一緒に行く人がなかなか見つからない、

ひとりで見るのは不安、

あるいはとにかくサッカー好きの友達が欲しい、などなど。

 

 

興味があればぜひとも私たちと一緒に応援しませんか?

サッカーを通じていろいろな人と巡り合えるはずです😊

 

 

↓関西圏で行われるJリーグの残り試合↓

 

10月

6日(土)14時 セレッソ大阪vsガンバ大阪  (大阪ダービー)

6日(土)19時 ヴィッセル神戸vsV.ファーレン長崎 

13日(土)17時 京都サンガF.C.vs徳島ヴォルティス

20日(土)15時 ガンバ大阪vs横浜F.マリノス

20日(土)15時 京都サンガF.C.vsアルビレックス新潟 

 

11月&12月

4日(日)15時 京都サンガF.C.vs愛媛FC 

10日(土)14時 セレッソ大阪vs川崎フロンターレ

10日(土)14時 ヴィッセル神戸vsサガン鳥栖 (イニエスタvsトーレス⁉)

10日(土)15時 ガンバ大阪vs湘南ベルマーレ

10日(土)15時 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 (サンガホーム最終戦)

24日(土)14時 ガンバ大阪vsV.ファーレン長崎 (ガンバホーム最終戦)

24日(土)14時 セレッソ大阪vs柏レイソル (セレッソホーム最終戦)

12月1日(土)14時 ヴィッセル神戸vsベガルタ仙台 (ヴィッセルホーム最終戦)

 

おまけ←

12月2日(日)13時 ガンバ大阪U23vsセレッソ大阪U23 (J3・U23大阪ダービー)

 

 

 

 

関西だけでみても残りわずか。。時の流れは早い。。。

 

 

2018年も約3か月です、

時間とお金の許す限り今年のサッカーを堪能しましょう-!

 

 

 

*連絡はTwitterのDMか、Gmailまでお願いします。

Twitter @tifosi_west

Gmail ovest.tifosi29@gmail.com

 

 
 
 

テーマ:

 W杯に行くにあたってサークルのメンバーに寄せ書きを書いてもらいました(メンバー発表前に書いてもらいました)関西らしさが出ていますね

 

 

この寄せ書きが書かれた旗を身に付けておくことで もしテレビなどに映った際、少しでもサークルの存在を知ってもらえたらいいなと思い、持っていきました。 まさかあんなに世界中に見られることになるとは… 笑

 

 どうも大好きY.Nですビックリマークガンバエンブレム京都エンブレム

前回“W杯を現地観戦するのにいくらぐらいかかるのか”というのをブログに書きましたビックリマーク

まだ読んだことがない方はぜひ読んでみてくださいお願い

下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印

https://ameblo.jp/ovest-tifosi29/entry-12394711563.html

今回はW杯の旅のブログ第2弾として今回は日本日本vsコロンビアコロンビアの現地の様子について書いていきたいと思いますグッ

 

まず試合開催都市であるサランスクという都市についてです。 

サランスクモスクワから約630km(電車で約9時間)人口約30万人(≒盛岡市)面積71.5km2(≒鳥栖

でロシアW杯の開催都市の中で1番小さな都市 いわゆる田舎と言われる場所でした…

 
 自分達はモスクワから電車でサランスクに向かいました
車内はこんな感じでした 同じ車両に日本人は自分達ともう1組だけでした 笑(他は全員コロンビア人
 
時間つぶしにサンガのトランプ(まだJ1にいた頃の…泣)で大富豪をやりまくってました 笑
 
そしてサランスクに着いたのですが田舎田舎と言われていた割には田舎ではありませんでしたグッ

 

 

この人混みは宿がない人に向けてのセールです 笑
 
着いた日は試合前日だったので少し街をぶらぶらし決戦に向けて駅近くの宿で休みました
 

そして試合当日 ユニフォーム、ハチマキ、旗、フェイスシール、頭に国旗といういかにも目立ちたがり屋という格好で試合会場のモルドヴィア・アリーナに向かいました。
するとこのようにたくさんの人から一緒に写真を撮ろうと頼まれ続けました 笑 
ありがとうをロシア語で「スパシーバ」、スペイン語(コロンビアの言語)で「グラシアス」と言うのですが
言い過ぎてロシア人にグラシアスコロンビア人にスパシーバを言ってしまうことも多々ありましたニヤリ
結局20分ぐらいで着く予定1時間もかかってしまいました…笑
あるメンバーは「人生最大のモテ期が来た」と喜んでいました爆  笑
1組と撮っているとそこに他の人達も割り込んでくるのが当たり前でした…笑 
ちなみにこの青い服の人達は現地のボランティアスタッフです。 とても優しくて賑やかな方々でした拍手
またハメス・ロドリゲスの元奥さんとも撮ってもらいました(ツイートした時は離婚されたことを知りませんでした…)

 

 

 
さらに登録者数100万人を超えるYouTuberカリスマブラザーズさんとも撮ってもらいました。

この時はまさかお互い1点目、2点目のゴールシーンで映るとは思ってもいませんでした…
 

日本では背番号を付けるのは普通ですがコロンビアの方の大半は背番号なしのユニフォームを着ていました。背番号着けている人たまにいましたがハメス・ロドリゲスファルカオがほとんどでした。

中にはこんな方も…ニヤリ下矢印下矢印

 
さてここで試合会場であるモルドヴィア・アリーナについてです!

最大で44,442人入ることができます(あと2人多かったら…笑)

 スタジアムの敷地に入るには、まずFAN IDチケットの確認をされ、空港のように手荷物検査&金属探知機での検査をされます。この時ポケットWi-Fiは専門の場所で確認されました。

 ちなみにFAN IDチケットは専門の機械で読み取られると登録していた顔写真が表示される仕組みであり、転売予防となっていました。(東京オリンピックなどでも活用されるのかな?)

 また差別的なことが書いていないか旗を一度回収されました 没収されるかと焦った…

ロシアW杯ではVISAがスポンサーだったのでスタジアムでの支払いは現金またはVISAカードのみでした。

 スタジアムでは飲み物はもちろんホットドッグなどの食べ物も売られていました。

ちなみにソフトドリンクはこのような入れ物をに入れてもらえますグッ

ビールは光るコップに入れてもらえます。

 

お待たせしましたスタジアムに入りましょう!!

ピッチとの距離が近くてとても見やすいですクラッカー

やはりコロンビア人の方が圧倒的に多かったですあせる

日本側のゴール裏にも結構コロンビア人がいましたびっくり

スタジアムに入りメンバーと一緒に写真を撮ろうと前の方に行くと十数人のカメラマン達が自分達を撮りにやって来ましたグラサン

その結果…

FIFAの公式Twitterに載りましたニヤリ

しかし残念なことにメンバーの1人だけ見切れてました…ガーン

 

そしていろいろしている間に選手達がアップしに現れました!

コロンビアの選手が現れた時、日本の選手が現れた時の5倍ぐらいの盛り上がりがありましたびっくり

そしてスタジアムでは両国の応援ソングを流しながらスタジアムにいるサポーターが映されました。

日本の応援ソングはウカスカジー勝利の笑みを君とでした!!

日本のサポーターは曲に合わせて応援をしていましたキラキラ

 

そしてスタメン発表です

注目のハメス・ロドリゲスはベンチスタートとなりましたが名前が呼ばれた時

スタジアム全体から湧き上がるような歓声が鳴り響きました!!

 

そして選手入場キラキラ

テレビで見ていた両国旗が広がる瞬間を目の前で見ますビックリマーク スタジアムの雰囲気はもう最高です!!

国歌斉唱ですがコロンビア国歌の迫力が凄かったですびっくり 体全体に鳥肌を感じました!!

負けじと君が代を全力で歌いましたグッ

 

いよいよキックオフです!!!!

前半3分

カルロス・サンチェス・モレノ選手のハンドによりレッドカードレッドカードPK獲得となりましたビックリマーク

蹴るのは香川選手 落ち着いて真ん中に決まりました拍手

実際の映像(生)がこちらです下矢印下矢印下矢印

もうすでに最高です 笑

実はこのゴールシーンの時に自分達がドアップで映りましたビックリマークビックリマーク爆  笑

その映像がYouTubeにも残ってました口笛(30秒あたりです)

自分達が数億人に見られていたと考えると驚きです笑い泣き(友達からも映ったぞという連絡がいっぱい来ました 笑)

 

前半39分

フアン・フェルナンド・キンテロ選手のゴールにより追いつかれてしまいます…えーん

そして前半終了1-1で折り返しますあせる

 

後半14分

ついにあの選手の登場です…  

そうハメス・ロドリゲス選手です!!

この時今日一番の歓声が鳴り響きました!

 

 

国の英雄なんだなぁと感じましたビックリマーク

(写真はなかなか思うようにプレー出来なくてイライラしているハメス・ロドリゲス選手です)

 

後半28分

日本中を沸かした大迫選手のハンパないゴールが生まれました笑い泣き

大迫ハンパないって、あいつハンパないって、W杯の舞台でコロンビアからゴール奪うんやもん。そんなん出来ひんやん、普通。

 

そして試合終了笑い泣き

キラキラ2‐1キラキラ

W杯でアジア勢が初めて南米勢に勝った歴史的瞬間ですクラッカーキラキラ笑い泣き

 

試合終了と同時に応援ソングの「勝利の笑みを君と」が流れました。歌詞とこの状況がマッチしていて更に興奮しました爆  笑

MVP大迫選手ですキラキラ

これまでたくさん試合を見てきましたがこの試合が一番興奮しました!!

そして試合後のコロンビアの方々ですが 日本が勝ってイライラしているかなぁ…と思っていましたが

なんと皆さん日本の勝利を讃えてくれていました拍手びっくり

 

スタジアムの外へ出てコロンビアの方と色々交換しました(日本のハチマキがとても人気でした)

ユニフォーム、国旗(着れるタイプ)、タオルマフラー、ミサンガ、ブレスレット をもらえました拍手

 

また試合後の町ですが「え?負けたのになんでこんなに元気なの?」というぐらいコロンビアの方が盛り上がってました 笑

 

 

では実際に見に行ってわかったこと、思ったことをまとめたいと思いますビックリマーク

・チケットはもぎらずバーコードを読まれる

・試合当日は町中歩行者天国

・チケットを持ってなくても来ているコロンビア人が多い

・派手な格好をしたら写真を撮られまくる

・無料で荷物を預けられる(公式)

・違う国のユニフォームを着ている人も多い

日本人の隣にコロンビア人という席順もよくある

・国旗を持って来てる割合が高い

・試合中電光掲示板はテレビ放送と同じ映像を流している

・ユニフォーム交換は思っている以上に簡単に出来る

コロンビア人はいつでも元気

・みんな優しい

・W杯=祭り

 

さぁここでTifosiが日本、世界にどのように映ったか、インタビューされたか分かる範囲で報告します 笑

・試合中継(世界中)

・FIFA公式Twitter

・NHKのアプリ内でのハイライト&動画のサムネイル

・NHK

・Jリーグ公式

・サッカーキング

・読売新聞

・BBC(イギリスのテレビ局)

・ドイツのテレビ局

おそらくこれら以外にも映っていたと思います 笑

こんなに映っていれば世界デビューしたといえるのではないでしょうかはてなマーク

 

最後にW杯に行った感想を書きたいと思います。

 この旅に総額20万円かかりましたがそれ以上の価値があったと思います。

人生でこれが最初で最後のW杯観戦だと考えていましたが「また見に行きたい!!」これが本音ですグラサン

ぜひ皆さんも一度は生でW杯を見に行ってみてくださいビックリマーク

このブログで少しでも会場の様子を味わってもらえていれば嬉しいです爆  笑

 

本当はこれでW杯のブログを終わろうと思っていましたが、もう少し夏休みが残っているで第3弾“街中編”を書こうかなと思いますグッ

 

ここまでの読んでいただきありがとうございました!!

 

関西サッカー観戦サークル Tifosi への質問・連絡は常時受け付けております。

私達の活動に興味を持たれた方はメールまたはツイッターDMにて是非ご連絡を。

HP:http://tifosi-football.jimdo.com/

Gmail:ovest.tifosi29@gmail.com

Twitter:@tifosi_west


テーマ:
遅くなってしまい、申し訳ありません。お待たせしました!中編です!
前編はこちら

前回はベシクタシュで終わってしまったので、今回は長友選手が所属するガラタサライそしてフェネルバフチェについて書いて行きたいと思います。リアルタイムで僕は今セルビアにいます!


スタートは前回の終了地点、ベシクタシュスタジアムからです。そこまではトラムで来ましたが、今回は地下鉄に乗り換えます。

スタジアム手前にある坂を登ること約20分、地下鉄の駅Taksim駅が見えてきます。2番線に乗ると、乗り換えを一度挟むだけでガラタサライのスタジアムに到着します。駅名はSeyrantepe。スタジアムに行くためだけに延長したかのように、路線図からポコっとはみ出てるところです。


50分程ですかね。乗り換えや地下鉄の乗り方は日本の電車とほぼ同じなので乗り方は割愛しますね。料金の支払いは前編で説明したイスタンブールカードで!

ブルーモスクからガラタサライスタジアムに行く方法も上記と同じ方法で。なので結構時間かかってしまいます。もしガラタサライのサッカーを見たいのであればTaksim駅周辺で宿を取るのが良いのでしよう。9時キックオフが多いのでブルーモスクまで行くと日付超えてしまうのでね。
少し宿代が高くなってしまいますが、周りにはレストランも多く、快適に過ごせると思います。

最寄駅を降りるとすぐスタジアムが見えますが、その前に大きな幹線道路が。マップを見ると
遠回りしないといけない、と出ますが

よーく見ると隣にちゃんとスタジアムまで続く歩道があるので大丈夫です。ただ少し気づきにくいので気をつけてくださいね。僕も通りすがりの人に教えてもらうまで分かりませんでした。

奥に見えるのがスタジアムです!

そして漸くガラタサライのホームスタジアム、Telekom Arena到着!

スタジアムのネーミングライツを獲得してるのがベシクタシュのスタジアムのスポンサーのライバル企業。バチバチですね。


ゲートをくぐると最初に見えて来るのがグッズショップ。2階建てでしたが、ベシクタシュの方が品数は充実してた様に感じます。ユニホームは ベシクタシュと同額の約4000円。別途でナンバー、名前を付けると各15リラかかります。前回は1リラ22円って書きましたが、気づいたら1リラ18円に。訳わかんないですね。日本人旅行者にとってはありがたいことですが。笑




グッズショップを出ると、目の前にバスが一台。ミュージアムとスタジアムツアーにはそれに乗り込み参加します。セキュリティ対策で地下に入り口があるんですって。乗ること約5分。ミュージアムの入り口に到着です。ベシクタシュと違い、音声ガイドは無く、ミュージアムとスタジアムツアー合わせて20リラ。なんと学割が効きました。

入るには厳重な手荷物検査を受けるのですが、僕はそこでベシクタシュのユニホームを没収されちゃいました。笑 
後で返して貰えましたが、本当は返して貰えないそう。なので両方のチームのユニ買う予定ないのならスタジアム行く順番考えた方が良いかもしれないですね。

ミュージアムはすごく立派。今まで受賞したトロフィーがズラリ。それに各年で活躍した選手の写真も。もちろんドログバ選手やスナイデル選手の写真もありましたよ。



最高に楽しいミュージアムでした。ここは本当におススメです。

その後規定の時間になると、こじんまりとしたシネマルームに連れてかれ、ガラタサライ創立エピソードが描かれた映画を観せられます。かなり作り込まれている映画で、素晴らしいものなんですが、言葉がわからない。。
一応英語字幕はあるんですが、前にでかいおっさんが来て見れず。。なので前の方に座った方が良いと思います!

その後ツアーへ。参加者は国内外合わせて40人くらい。かなりの大所帯。びっくりしました。

ツアーのルートはベシクタシュと大体同じ。プレスルームに行って、

ロッカー入って、


選手用通路を通り、


ピッチへ!




ツアー自体は15分くらいですかね。ベシクタシュの方が値段が高い分しっかりと解説してくれた印象はあります。

以上がガラタサライスタジアムへの行き方とスタジアムツアーの詳細でした!

フェネルバフチェですが、僕実はタイミング合わず行けてないんです。1日で回るには2つが限界。時間的にも、体力的にも。
なのでルートだけ説明しますね。まずはガラタ駅で降り、1番橋に近い船着場から船に乗ります。そう、フェネルバフチェは川をはさんだアジア側にあるんです。船の運賃は1.5リラ。イスタンブールカードで払えます。乗ってる時間は20分ほど。十分これで船旅楽しめますので、高い金払ってボートツアーに参加する必要はないと思いますよ!



その後着いたらひたすらまっすぐ。もうこれはオフラインマップに頼ってください。笑 徒歩15分でつくそうです。

以上で中編は終わり!いよいよ後編です。次はベシクタシュゴール裏での観戦レポートです!波乱万丈でした。。。

中編遅れてしまい申し訳ありませんでした。
今度はもっと早く書くようにします。。





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス