image

この↑ミー文字でお友だちとの認識の違いがあった。

お友だちはこれをエンガチョと思った。

私はこれがアメリカ由来のものだから

グッドラックの意味でとった。

その意味は真逆である。

ちなみにベトナムだと性的な侮辱となるらしい。

 

 

世界の常識は日本の非常識

その逆もしかり。

 

そもそも常識って誰かの作った

そこでしか通用しないルールみたいなもの。

 

きっと今後はそういう地域的なものは

どんどん壊されていくと思う。

 

それでも共通認識は必要だから

こんな小さな絵文字に過ぎないけど

エンガチョと思う人と

グッドラックで思う人では

コミュニケーションに大きな問題が残る。

場合によっては喧嘩になるかもしれないし。

そのまま音信不通になるかもしれない。

 

 

世界が統一されるためには

というか、人間関係を構築するには

まず愛と思いやりと信頼が必要

その上で成り立つコミュニケーションであれば

きっと言葉を超えて

たとえ間違えて真逆のことを伝えても

話し合ったり、聞き返したり

豊かに心で繋がっていくことができると思うよ。

そうしてできた仲間は家族となって

永遠に変わることないでしょう。

 

 

私は中国に

そういう家族みたいな人たちが沢山いる。

 

私の中国語は幼児が話しているような

可愛いレベルであるウシシ

そして、比較の言い方を間違えて覚えてしまい

 

あなたより私は金持ちだ

あなたより私が賢い

あなたより私は背が高い

あなたより私のほうが痩せている

 

これ全部本当は真逆のことを言いたかったのウシシ

ある日気づいて

きゃ〜っとなったがゲッソリ

誰も怒っていなかったし

今でも笑い話である。

 

そして何よりのことは

彼らは今も私の大事な家族です。

とっても彼らに逢いたくなってきた。

今度の夏はきっと西安に行こうドキドキ

 

さぁLove&joyをご一緒にドキドキ