トルコの最近のコロナの状況 | OVERSEAS TOURISM
新型コロナウイルスに関する情報について

OVERSEAS TOURISM

トルコの世界遺産イスタンブール歴史地区(トプカプ宮殿やアヤソフィア等)から徒歩3分の中心地にあるトルコ現地旅行会社です。
日本人・日本語の堪能なスタッフが皆様の大切な旅行を心よりサポートいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

皆さん、Merhaba こんにちは!

長い間ご無沙汰しておりました。お元気ですか­?

 

今回は、トルコから現地の状況をお伝えいたします。

 

3月11日にトルコでコロナ感染者が発生してから、今日まで、ロックダウンはなかったものの、

週末外出禁止令や、年齢により、平日外出禁止令も発生され、すべての店舗が店を閉め、

不便な生活が送られましたが、ようやく収束の目途もたってきたことから、

6月より、少しずつ様々な分野で営業が再開され、国際線も徐々に再運航となりました。

まだすべての国への運航とはなりませんが、ヨーロッパなど数か国へは、運航されております。

また、7月4日より日本とトルコ間の運行も可能となりました。

【サーモグラフィーカメラにて体温検査をしておりますので、現時点はPCRは特に行われておりません。】

空港内もソーシャルディスタンスを守られるようステッカーもあちらこちらに貼られています。

 

トルコ人も、マスクをしたり、ソーシャルディスタンスを守りながら、

通常の生活に少しずつもどっている、といった様子です。

 

 

 

レストランやカフェもソーシャルディスタンスを守りながら営業しております。

 

こちらは地下宮殿の入り口です。通常通り営業しておりますが入り口にて、

体温検査をして、マスクをして入場を義務ずけられます。

 

こちらは有名なスルタンアフメット地区の通りです。

 

トルコ人にとってはバカンスは生活の中で楽しみの一つですので、この夏はペンションを貸し切ったり、

キャンピングカ-などを借りてバカンスを楽しんでいる方もいます。

 

トルコの観光地は、すべてオープンされ、同様に、消毒や、体温検査、ソーシャルディスタンスの対策をしながら、

海外からのお客様がいらっしゃるのを心待ちにしております。

 

次回の催行をお楽しみに・・・