いやぁ、すいませんね昨日のブログで結構荒れてしまいまして、コメントわざわざありがとうございます、そしてこんなブログを閲覧していただいてありがとうございます、どんな内容でもコメントしていただけるってのは嬉しい限りです、そしてブログはやめたりはしませんので大丈夫です、いちおう日本一になるまでは続けるブログと銘打っていますので最低でも日本一になるまではやめません(死ぬまでやることになるかもだけど)、本当にこのブログを見ていただいて、そしてコメントまでしていただいてありがとうございます(しつこいか)

 

さてオールスター前最後の1戦でしたが負けでした、いやはや今日はこういうパターンかよと、さすがに脱力してしまいましたが、レグナルトは責めれません、ここまでこれだけ投げてもらって結果出して10連敗中の1点リードの8回裏で敵地、そりゃさすがにレグナルトといえどプレッシャーかかりますよ、打順もなぜか1番からという中日にとっては最高の打順でしたから。

 

この3連戦中日の1、2番にホントやられてしまいました、今日はジョンソンがなんとか粘って抑えてくれたんですがねぇ、立ち上がりもゼロに抑えてジョンソンはよく投げてくれましたよ、しかし中日もロメロが5回までパーフェクトですからね、正直今日ロメロにノーヒットノーランやられるんじゃないかと思ったぐらいでした。

 

しかし6回表に突破口を開いたのはまさかのカープに来て初スタメンの三好、ポンポーンとツーストライクを取られた後の3球勝負のチェンジアップを軽く合わせたような感じのバッティングでしたが打球は右中間へグングン伸びるツーベースヒット、これがカープの初ヒット、まさかこの間まで楽天にいた三好がノーヒットノーランペースのロメロからカープでの初ヒットしかも長打を打つとは。

 

しかしロメロも3球勝負でしかも2球目と同じ球を同じコースへ投げてくるんですから完全に舐められてます、それだけカープ打線が打たないからなのでしょうが、ここでカープはすかさず代走に田中を送った、三好の足がどうなのかわからないし、走塁技術もまだわからないということでの代走だったのでしょうか、私は別にこの代走おかしいとは思いませんでした、田中は走塁ならカープで1、2を争う技術を持ってます。

 

しかしここから石原、ジョンソンとつながっていくとこでどうするのかと思っていたら、普通にそのまま打てでしたね、作戦も特になかったみたいでした、ただこれが功を奏したかまず石原がボテボテのショートゴロで田中が3塁へ進塁した、結果的に送りバントと同じですね、まあ次がジョンソンなんで石原にヒットを期待したかったんですが、さすがに酷かなと進塁させただけでも上出来と思わないといけないでしょう。

 

そしてジョンソンに代打はさすがにまだ出せないか、ここも特に作戦なしのジョンソンにそのまま打たす、これも功を奏したかボテボテのファーストゴロ、三塁ランナーの田中がもうゴロゴーで突っ込み、ファーストビシエドのバックホーム及ばずホームインの1点先制、パーフェクト一転、ロメロが先に失点するという得てしてこういうものなのかなと、今日も野球の難しさ面白さ感じました。

 

7、8、9番でもぎ取った執念の1点、もうこの1点を守りきるしか勝ちはないと思った人も多かったでしょう、しかしそんな簡単にいくならここまで連敗はしていない、7回表にもチャンスはあった1死から誠也が右中間ツーベース(誠也は得点圏でなければ打つんです調子が悪いわけではない、得点圏になると思い切りの良さがなくなってしまう)メヒアがライト前にポトリと落ちるヒットで1、3塁(これ一か八か誠也スタート切ってホームまで還って来れなかったかなぁ平田結構後ろにいたから捕れないと判断して欲しかった)ここで小窪なんですが今日の小窪がロメロを打てるとは思えなかった、もちろんスクイズも考えにあったかもだが(初球いきなりセーフティスクイズしたけど)思い切って代打磯村でもいって欲しかったかなぁ個人的には。

 

案の定最悪の三振だし、途中出場の田中はファーストゴロ、なんか田中は三振かファーストゴロばっかりのような気がするんだけどなぁ、で当たり前のように無得点、この流れが良くないんですよ。

 

7回裏に先頭の武田がショート内野安打、すかさず代走遠藤ですかさず初球に盗塁とあまりにも簡単に走られすぎでしょ、これで京田が送りバントで1死3塁、もう同点にされたら勝ち目なしの展開で代打井嶺がセーフティスクイズだがこれがピッチャー真正面に転がりジョンソンが三塁ランナー遠藤を目で牽制しファースト送球でアウト、際どかったがなんとかツーアウト。

 

遠藤がかなり飛び出していたのでサードに送球しても良かったかもですが、おそらくサードへ投げた瞬間遠藤はホームへ突っ込もうと思ってたような感じがしました、守備連携のミスが怖かったのでジョンソンがファーストでバッターをアウトにしたのは正解だったと思う。

 

とにかくツーアウト3塁でさらに代打でアルモンテ、まだアルモンテがいたのかと思ったがここでジョンソン踏ん張りショートゴロで7回を無失点、ここで打順も回るのでジョンソンはお役御免、パーフェクトピッチングだったロメロに対しジョンソンはピンチが多かったが粘投でゼロに抑えるあたりはジョンソンの真骨頂、ようやくらしさを見せだしたジョンソンにオールスター明けも期待したい。

 

8回表は下位打線だがあっさり祖父江の前に三者凡退、徐々にだが流れが中日に行ってるような感じはあったか、ピッチャーもレグナルトはもう既定路線だからいくしかない、もうこっちはレグナルト、フランスアで逃げ切るしかないのだ、正直不安は9回のフランスアの方にあったのだが、冒頭に言った通り中日1、2番の連続ヒット、堂上の送りバントで1死2、3塁、ビシエド敬遠で1死満塁。

 

もうこれでゼロに抑えるか、逆転されるかのどっちかだと思った、バッターは高橋周平、ここで高橋が1塁線へのファーストゴロ、ファーストに入っていた安部がバックホームで本塁封殺、はいいとしてなんで石原はファーストへ投げなかったのか、私も良く見ていなかったが高橋って足遅いんですよホームゲッツーいけませんでしたかね、安部がバックホームした後ファーストベースに入っていなかったのか?

 

なんかもったいない感じがあったんですがとりあえずツーアウトまできたのでレグナルトならなんとかしてくれると思っていたらカープにとって嫌な思い出しかない藤井を代打で出してきた、この時点で嫌な予感がした、そしてその予感が的中するといってもまさかの押し出しフォアボールで同点、腰から崩れ落ちました。

 

これでレグナルトの緊張の糸が切れてしまった、即交代させてやらないといけなかった、京田にストレートのフォアボールで勝ち越しとなる押し出し、勝ち越されてフランスアに変えても遅い、正直フランスアも押し出し出すと思っていたが武山が打ってくれて助かったショートゴロでなんとか1点差で止めた、が逆転のカープが今やどこか行ってしまっているのにどうやってここから勝ちに持っていくのか。

 

しかしマルティネスも抑えだと安定感はない、そこに付け入る隙はある、先頭の菊池がここは集中しレフト前ヒットで出塁代走に曽根を送って勝負に出る、ここで西川なんだがこれはサインなのか自分のアイディアなのかセーフティ気味の送りバント、マルティネスとビシエドの間を狙ったんだろうけど結果的には送りバント、正直西川には打って欲しかったサインなら仕方ないけど。

 

1死2塁で誠也なんだがさっきも言ったように得点圏でどうにも中途半端な三振、思い切って3回振るぐらいやって欲しかった結果はどうあれ、2死2塁で安部にかけたが1、2塁間の当たりをビシエドがキャッチしマルティネスにトスしてゲームセット、松山をどこかで使いたかったな、安部がつなげば松山代打だったでしょうかね。

 

これで交流戦明け勝ちなし11連敗(引き分け1を挟む)まさかのまさかですよ、まさかオールスターブレイクまで1つも勝てないとは、7月も当然1つも勝ちなし0勝9敗、オールスターやってる場合なんでしょうか、オールスターで調子を上げてきてくれればいいですけど悪いのはチーム状態なんで、ジャイアンツと11ゲーム差ですか、まあそれは考えても仕方ないけど5位中日と0.5ゲーム差ついに下が見えてきてしまった。

 

ここ3年間忘れてた野球の怖い面がついに出てきてしまった、こうなると厄介ですよまたBクラス地獄が始まるのか、オールスター明けに反発してくれるのか、とりあえずリーグ戦再開の15日まで頭を冷やしましょう、止まない雨はないけど土砂降りのままオールスターブレイクかキツイけどちょっと休みましょう。

 

高校野球でも見て気持ちをまぎらわそう。とりあえず15日の再開まで多分休みます。

 

それでは。



ダウン押していただけるとブログ書くはげみになります。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

押していただいた方ありがとうございます!