またも横浜の継投の前にやられたって感じなのかなぁ、しかし昨日2回2/3投げてるエスコバーを今日も4回裏途中から回またぎまでさせるって、もうわかってはいてもラミレスの継投は常軌を逸している。

 

しかし松山のとこで出すのではなく、松山を敬遠気味で歩かせておいて野間にエスコバーをぶつけるというところは、常識はずれの起用でもちゃんと使い所は考えている、松山ではエスコバーでも危ないが野間ならエスコバーは打てないというデータに基づいたものなのだろう。

 

中村祐太はよく投げた、正直4イニングでもういっぱいいっぱいだったような気もするが5回2失点でよく投げ切ったと思う、しかし嶺井のタイムリーは痛かったな、筒香の先制ソロはしょうがないが5回は連続ヒット打たれた時点で交代を考えても良かったかもだが変えるピッチャーがいないのかな、しかしこういう試合は信頼が大事だと思うがね。

 

それでも5回裏會澤のツーベースから今日1軍登録即スタメンの安部のファーストゴロで1死3塁から中村に代打新井の執念の犠牲フライで1点を返す、さらに田中のツーベースでツーアウトながらチャンスを作ると例え調子の悪い菊池でもエスコバーから三上に変えるラミレス継投。

 

この細かい継投は悪い雰囲気になっている間を落ち着かせるための交代でもあるのかもしれない、だとすれば相当な策士でもあるここで三上も期待に応えて菊池を抑えて1点で止める。

 

ここでカープは一岡を6回から投入、1点差ならということだろうか、それならば昨日この継投をしてほしかったってのがあるなぁ2点差ではあったが7回から一岡を投入して、8回フランスア、9回中崎と2点差キープ継投、ってこれ昨日のブログでも言ってるな俺、今日6回から一岡投入ならもう7、8回フランスアを使うってことは大体わかる。

 

しかしここで一岡が先頭のソトにフォアボール、筒香は2球で追い込みながら3球目のストレートをセンター前へ持って行かれ無死1、2塁としてしまう、ここでロペス、倉本を打ち取ってツーアウトまでくるが乙坂にセンター前タイムリーで2点差に戻されてしまう。

 

どうにもこっちはいつもと違うことをするとうまくいかない傾向がある、確かに打順がキツイからってのもあったかもだが、一岡は7回限定ならば崩さないほうが良かった、6回はアドゥワか今村でなんとかしのぐしかなかったのではないか、まあ結果論でしかないが結局フランスアの2イニングという禁断の一手を打つわけですからね。

 

たしかに横浜の2番から5番は怖いですよ、しかしそこにばかり目を持っていってもしょうがない、結局は気持ちで負けては誰が投げても打たれるんだから、中村は気持ちの強さでは1軍ピッチャーの中でもトップクラスだと思う、だから筒香には打たれたが5回宮崎をストレート勝負でゲッツーに打ち取った。

 

しかし6回裏横浜が出してきたのは今永、ここが最大の逆転チャンスだった。今永はやはり今年はよくない、この回先頭の丸が2試合連続38号をライトスタンドへ豪快に持って行き反撃の狼煙をあげると、続く誠也がレフト前ヒットで続く、そして松山がライト線オンザラインのタイムリースリーベースであっという間に同点、しかもノーアウト3塁と一気の勝ち越しチャンス。

 

ここで野間、會澤、安部が3塁ランナーを還せない、ここが最大のポイントだったか、1点でも勝ち越して7回表フランスア投入といきたかったがとりあえず振り出しには戻ったとこでここはゼロに抑えたいとこだが先頭の嶺井に10球粘られてセンター前ヒットを許す、おそらく最初から今日は2イニングと言われていたんだと思う、しかしそれだとフランスアも少し余裕がなかったかもしれない。

 

それでも大和が送りバント失敗(セカンド封殺)でワンアウト、続く宮崎をサードゴロゲッツーで7回表はしのぐあたりはさすがフランスア、結構横浜もバント失敗とかミスは多く流れはこっちにきそうだった、すると7回裏横浜は今永続投、先頭バッターフランスアは当然打席に立って三振。

 

ワンアウトから田中がレフト前ヒット、菊池がつなぐことができないんですよねぇ三振でツーアウト、しかし完全に復調してきた丸がライト前ヒットでスタートを切っていた田中は一気に三塁へいきツーアウトながら1、3塁とチャンス拡大でもう4番が決めるしかない誠也という場面でピッチャーを今永からパットンに変える。

 

ホントによっしゃ誠也いけーというとこでピッチャー交代で間を取りますね、マツダの盛り上がりを沈静化させるための交代ってのもあるのかもですよ、しかしパットンを前倒しで投入も誠也はフォアボールで満塁、そして先ほど同点タイムリーの松山と願ってもないバッターなのだが昨日からあと一本が出ない、ショートゴロで勝ち越せない、もどかしい。

 

とにかくこっちは8回フランスア、9回中崎でゼロに抑えてる間に勝ち越すという戦いなのだから打線がなんとかしないといけないのだが6、7回とチャンスを作りながら勝ち越しまでいけないので流れ的には悪くなっていた。

 

そしてフランスアの回またぎ、こういうのは横浜戦では通用しないのかソトはサードフライに打ち取るが、筒香にフォアボール、そしてロペス、この3連戦でヒット1本だけなんですがその1本がホームランなんですよ、そしてここでフランスアはロペスにストレートで押しまくる。

 

データでもあるのかロペスは速いストレートに弱いという、そのぐらいオールストレートで押しまくった結果が5球目の157キロストレートをレフトスタンドへ持って行かれてしまうまさかのツーランホームラン被弾で勝負あり、結果論にしかならんが1球でもスライダーかチェンジアップを挟んでいれば結果は変わっていたと思うんだがロペスもストレートに負けないように強く振っていましたからね、押しまくるってのもどうだったか。

 

そしてこの被弾で続投させるベンチにも疑問が残った、もう続投させる意味はないでしょう即交代ですよ疲労を残さないためにも、このあと柴田、乙坂に12球も追加で投げさせ44球、これで明日はもう使えない。とにかく今何をやってもうまくいかない時ですね、三連覇確定というフレーズがここまでチームを苦しめているという現実、ヤクルトが勝ったおかげで負けて優勝という複雑優勝はなくなったが選手たちは正直ヤクルトが負けてでも早く決めたいってのが本音かもしれません。

 

まあそういう考えになってる時点で明日の優勝も怪しいんですがね、まさかヤクルトに三連敗で東京ドームに持ち越すってことはないでしょうね、それはさすがにないと思うがゼロではないよ可能性は。

 

まあ明日ヤクルトのタクロー、河田コーチの顔を見れば少しはシャキッとするんじゃないですか、お前らいつまで足踏みしとるんじゃと嫌みの一つも言われるでしょう、感謝の意味もこめてお二人にしっかり目の前で3連覇胴上げ見せてやるのが最高の恩返しでしょう。

 

明日は九里です、ヤクルトはブキャナンです。ヤクルトには12勝ち越しているのでさすがに3つ負けることはないとは思いますが明日どうなるかはわかりません、巡り巡って祐輔に再びチャンスがくるのか大瀬良か、誰でもいいから早く勝ちをプリーズ。

 

それでは。


ダウン押していただけるとブログ書くはげみになります。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

押していただいた方ありがとうございます!