私自身、中学校2年までは「私ってやれば出来るんだから」を絵に描いたような自意識過剰中学生で、

そのゆがんだ思考で「ワークだって提出期限守らなくたって、私は大丈夫。」というお花畑的な考えの持ち主だった。

 

だから、その点今の生徒さんは成績の良し悪しに関係なく、みんな「ワークは終わらせるもの。」という意識付けが出来ているのは素晴らしいですよ、本当に。山形県の真面目さなのだろうか。

 

ですが、地域や学校がちょっと変わると

この「テスト前でもワーク終わってねえ問題」に遭遇するのですな。

 

私も中学・高校・そして国家試験や現在の学習指導を通して感じたのが、

「テスト前にワークやらねえって、テストの点はいらねえって言ってるのと同じだぜ。」という事なのだ。

 

みんな口では「点数取りたい~」「成績上げたい~」といいながらも、ワークの扱いはぞんざいなもんで

、ギリギリまでほっといた挙句に答えを写してはい、提出!となっている人が多いこと多いこと。

 

というか、そもそも1回ギリギリまで終わらせてテストの点を80点とりたいなんて、そうは問屋がおろさないわけなんですよ。

 

あと、ワークや学校課題をおざなりにして、他の教材で勉強をチコチコやってる場合じゃーないのですよ。

野球の試合があるっていうのに、似ているからってソフトボールの練習をしないのと同じように、

勉強だって向こうが求めているものを練習しなくちゃーいけないわけなんですよね・・・。

 

社会人になっても、締め切りを時間を守らない・守れない場合の正当な理由が無い人に信用がないのと同様に、

学校の中で「ワーク」というのは、先生と生徒をつなぐ「信用」なんだと思うな~・・・。ホントに。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【オンライン家庭教師の空きコマ情報です!必見!】

 

オンライン家庭教師「まなぶてらす」の

12月の土曜日の午前コマに、久しぶりにわたくしが降臨します。

 

特に、中三生はなかなか勉強の機会がない!塾や家庭教師に今更申し込めない!などと言う場合の

補足コマとしてどうぞご利用下さい♪

 

オンライン家庭教師まなぶてらす♪

↑「おおうち先生」で検索下さい^^