※2019年これまでにない経験を100個することに挑戦中

 

解析三昧の日だった。

 

 

朝はペリカンカフェでモーニングを食べながら、自己解析をする女性と話すこと2時間。

 

午後は新しいコワークスペースで、企業の調査解析手法について議論すること4時間。

 

夜はゆっくり食事しながら、人材育成を大切にする女性に、わたしを解析してもらった。

拘りの日本酒からワインまで、様々なお酒を取りそろえております

※写真はイメージであり、ワインは飲んでいない

 

 

研究会はいくつか参加も運営担当もしてきたが、研究や解析を仕事にしたことは少なかった。

そういう機会があるにはあったが、主業務ではなかった。


しかし、人材育成に携わるようになって、分析ツールと接する機会は増えていた。

MBTI、ソーシャルスタイル、エニアグラム、ストレングスファインダーなど。

 

そうした分析ツールはわたしにとって、社会を理解するためのものとして役立ったが

自己理解や他者理解には使っていなかった。

 

なぜなら、自分を理解することに諦めていたから。

 

 

そして、この日。

 

解析を中心に置いた3つの対話で大切なことがわかった。

続きはnoteで

 

わたしは今日も元気です。