※2019年これまでにない経験を100個することに挑戦中。

 

ヘナとは植物の名前。

インドやネパールなど中央アジアに多い。

粉末にして、染料として利用される。

 

腕や足にデザインして乾かすと

一時的にタトゥーのように残るが

1週間ほどで消える。

ネパールでは、メヘンディと呼ばれている。

 

 

初めてヘナタトゥーをしたのは、24歳だったと思う。

アフリカ旅行の帰りに立ち寄ったドバイだった。

 

首から左肩、一旦途切れて、二の腕から手首まで。

冬だったので、仕事に支障はなかった。

たぶん。

 

その後も何度か試した。

 

 

今回は、初めて自分でデザインした。

 

 

時計花。花時計ではない。

 

メヘンディしてくれた女性は

ずっと笑っていた。

 

 

見ていたネパール人は、なぜ3時なのか質問した。

 

一緒にいた日本人が言った。

「おやつ!」

 

 

 

書いてくれた女性は

腕時計をしたことがなかった。

 

スマホでROLEXの写真を出して書いてくれた。

 

どうせならROLEXと入れようかとも思ったが

やめておいた。

 

 

腕時計のポチリ部分から花が咲くようにと説明したが

そもそもポチリ部分のことを知らないようだった。

 

 

新しいことをしてみると

別の発見があって面白い。

 

 

とりあえず、時計も元気。