La'cryma Christi @ Zepp Osaka

テーマ:

2/1 のFinal Prayer に行ってきました。


整番も400台だったので、

入場後にグッズを買ったり、ロッカーに寄ったり、

と、ゆっくりした割に中に入ったらやや空いていて、

最下手1柵目の真ん中あたりに潜り込みました。


しかし・・・今回の「下手」は人口過密が予想されます。

最下手はKOJI様、SHUSEはセンター寄りだし、

うまく人波がバラけないと私は埋もれっぱなしで、

2005年 「321の悪夢」 再来になってしまう恐れも。

(あの日、私はSHUSEを一目も観ずに撃沈ドクロ


はい 予想通りメンバー登場もまったく観えないまま(爆)

1曲目 Night Flight で始まりましたね。


いきなり目の前にKOJI様 !!

5年振り(あら、そんなに??)に目の当たりにするKOJIは、

ものすごく、ものすご~~くカッコよくなっておられました。

もちろん以前のKOJIくんも十分カッコよかったですが。

当時は「いつもニコニコ好青年」的なイメージだったのよね(笑)

ところがどうなの??

この日の彼はすっかり「オトナ」の雰囲気で、表情もクール。

どこかで「大人の色気」とか読んだのは、この事だったのか・・・

5年間で一番変わったのはKOJIかも知れませんね。


しか~し、人波に埋もれてもKOJIやTAKAはちゃんと観えるのに、

肝心の、本命の、SHUSEだけまったく観えないってのはど~ゆ~事はてなマーク

見事にマイクスタンドの位置すら判らんダウンダウンダウン

いかん、このままでは悪夢の再来だ。

第一、『SHUSE観えない~』 ってこればかりじゃ、曲に集中できないじゃないか。

という訳で、並んで観ていた娘と別れ一旦ホールに出て、

東京じゃ若干空いていたと聞く上手に移動します。


途中何度も後方の扉から覗いてみたけど、どこも人がビッシリ。

入れる余地は有りません。

これも’321’の時と同じだわ。

一部でガラガラではとの予測も有ったみたいだけど、

かなり良い入りだったと思いますよ。

(これだけ動員出来るなら、やはり続けて欲しいよね)


うわさ通り、上手はやや余裕が有りましたぜグッド!

しかも運良く小柄な方多し。

(下手は’壁’がそそり立っていましたから、苦笑)

いきなりHIROりんの雄姿が目に飛び込んできて、

思わずHIROコールしちゃったじゃないか。

男性の姿もかなりみられました。

それでも余裕が有ると言うのに、下手はどんだけ凄かったんだよ。

最初っから上手にいりゃ良かったシラー


肝心のSHUSEもそれなりに(苦笑)観える 音譜

かつて、ホールの上手指定席でよく眺めていた横顔だ。

紅白+シルバーの羽もやっと確認したわ。

移動したのが Blueberry RainSanskrit Shower 辺りだったので、

ZambaraLhasa、と続く12弦g. ナンバーは、

こころも落ち着いて、じっくり堪能出来ました。

Lhasa のれびさんの’タム回し’ 大陸的で好きなんだよ。

そういや、下手で埋もれて聴いた2曲目 Poison Rain のエンディングも良かった~

HIROギター(だよね)が最後の最後一瞬タメてからブルージーに終わるところがオトナ・・・

あの息詰まる感じが好きだ。

(なんだ下手でも結構聴いてるじゃん、笑)


数年のブランクを経て、みんな’より上手く’なったような・・・

それを一番感じたのはメンバー紹介で聴いたモトリー曲のさわり。

(おいおい、オリジナルじゃないのかい)

もう、音だけ聴いてると外タレかと思う。

やっぱりラクリマって演奏上手いな~~


更にSHUSEの紹介では、ついにあのカリブで生まれた月のイントロ !!

さわりだけかと思ったけど、結構長く聴かせて貰って満足満足。

TAKAの歌はかなり怪しくて皆に助けられてたけど、

そんな暖かさも良いよね。


まさかのサブコン(笑) ギターカッコいい~~

今回はTAKAが暴挙に及ばなくて良かったなぁ(爆)


本編終了後は、メンバー全員の姿を眺めておきたいとまたまた移動(まだやるか)

下手後方1段上に混ぜてもらって、ウワサのデカTを着たSHUSEをシカと観ました。

今までピタTしか着なかったSHUちゃんだけに、

最初「一体アレは何???」だったけど、

昨日のブログ更新で納得です。

(あのデザイン、バードちゃんだけじゃなく3種類出ればよかったのに)


最後は両隣の方と手を繋いで恒例のご挨拶。

お二人ともいい方で、

手を放した後の「ありがとうございました」も、

いつもほっこりして嬉しいです。

やっぱこうゆうお約束事は長年観て来たバンドならではの楽しみですよね。


ちなみにこの時、下手に踏みとどまっていた娘は隣にいらしたSHUSEファンの女性に抱え上げてもらったそうで。

『SHUちゃん見えるかな?』と言いながら(笑)

今まで会ったなかで一番やさしいSHUSEファンだったと感激してました。

お世話になりました合格



毎回TAKAがMCで言ってきた様に、

私も12年前にタイムスリップして今回のライブを楽しもうと思いましたが、

意外にノスタルジックな感じはしなくて、

むしろ、

カッコよくなった~

ますます上手くなった~

と、いまの5人を実感した気持ちの方が大きかったみたいです。


という事は・・・・・

これからも変わってゆくラクリマを観ていたい。

まだまだ驚かせて欲しい。

私にとっては、前向きに未来を感じさせてもらったライブでした。


メンバーだって数年間それぞれの時間を過ごして、

きっとまたラクリマに対する見方も新しくなったと思うし、

数本ではあるけど今回のツアーでまたラクリマでの楽しさを実感したと思うし。

「14日まで」なんてけちな事言わずに、

またやりましょ はてなマークはてなマークはてなマークはてなマークはてなマーク

(切実です)