『何故血圧が高いのか?』という素朴な質問 | 健康ダイアリー ~健康寿命を延ばす鍵~

健康ダイアリー ~健康寿命を延ばす鍵~

栄養療法アドバイザーきみのブログ
自分の身体の個性を知ることの大切さ
健康寿命を延ばすキーポイントをお伝えします


テーマ:

 

Infomation
iconメタトロン&ヘルスカウンセリングのご案内は
  HPのinformationからご確認下さい

iconHPはこちら

 

 

多くの方が加齢に伴い血圧が高くなります。

そして基準値からハミ出ると

血圧をコントロールする薬が出されてしまいます。

 

 

 しかし、日本高血圧学会が定めた

現行の「上140/下90未満」の診断基準(降圧薬治療開始基準)は、

2000年までは「上160/下95以上」が高血圧と診断されていました。

 

「高血圧は薬で下げるな」の著者で

医師でもある浜六郎先生は、

「血圧上180/下100までは治療は必要ない」とおっしゃっています。

 

昔の日本人の多くは肉体労働が必要だったため、

塩気の多い食品を摂って血圧を上げて労働をしてきました。

血圧が上がらないと体力を使って働くことは難しいですから。

 

生活が豊かになり、

家事や仕事が楽になった結果、

国民全体の数値が下がります。

 

そこで困ったのは製薬会社。

肉体労働が必要なくなった日本人に、

数値を下げて降圧剤を売ろうと目論んだわけです。

 

その結果、降圧剤ビジネスの市場は1兆円規模になりました。

 

 

 

 

降圧剤市場の王者である

「ディオバン」を製造販売する大手製薬会社ノバルティスファーマ社が、

ディオバンの販路拡大ため

臨床試験データを改ざんし大きなニュースになりましたが、
それでも降圧剤の服用者が減った印象はありません。

 

素直で謙虚な国民性に目を付けられ、

こうやって健康を食い物にして、

日本人の資産は大手外資に吸い取られていくのです。

 

こんな話しを何回しても、

降圧剤を飲みたがる高齢者は私の身内に沢山居ます。

つくづく「医療洗脳」とは恐ろしいものです。

 

 


高齢のお医者様の中には、

第二次世界大戦前のドイツ医療の考え方が根底にあり、

症状を訴えても薬を出さずに、

薬以外の方法でよくするアドバイスをしてくれたりする方もいらっしゃいますが、

戦後はアメリカ医療が幅を利かせ、

製薬会社の売り上げを第一に考えた医療になってしまったのでしょうか。

 

現在では医学部の教科書も、

大手外資製薬会社にコントロールされているかもです。

 

 

年齢が上がれば血圧が高くなるものという思い込みなのか、

どうせ大した答えは返ってこないだろうという諦めなのか、

血圧が高いからと医師に降圧剤を勧められた時、

「なんで血圧が高くなったのですか?」と

質問する人は意外と少ないかもしれません。

 

ですが、もし血圧が高いからと医師に降圧剤を勧められた時、

「なんで血圧が高くなったのですか?」と聞いてみてください。

 

年齢のせいにせず、

血圧が高くなった理由を一緒に考えてくれる医師なら、

良き相談相手になるでしょう。

 

血圧が高くなるにはちゃんと理由があります。

しかも、ひとりひとり違います。

 

理由があるなら原因があり、

原因が分かれば対応が出来ます。

 

「血圧が高くなったら薬で下げる」ではなく、

「理由を探って生活習慣から変えてみる」

が良いのではないでしょうか?

 

 

のれん・男 プチコラむんむん のれん・女 

最低でも半年に1回は

海か源泉掛け流しの温泉に入るようにしています温泉

 

なんか「抜ける」感じがするから。

ずっと頭をグルグルしていた案件からスルっと抜け出せて、

リフレッシュできます。

 

ですがそれは、

塩素を使っていたり加水しているお湯ではダメです。

大地のエネルギーがダイレクトに伝わる

源泉掛け流しの温泉が良いのです。

 

東海3県には源泉掛け流しの温泉が極端に少なく、

愛知に住む私には辛いとこなのですが、

その数少ない源泉掛け流しの温泉の中でも、

お気に入りなのが安らぎの温泉旅館「庄助」さん。

 

 

温度がめっちゃちょうど良い

鹿児島の温泉大好きですが

温度が高すぎるのがたまにキズ・・・

 

 

何故か源泉掛け流しとは謳っておらず、

源泉掛け流し温泉を紹介するようなサイトでも紹介されていなくて結構探すの苦労しましたが、

現地で説明書きを読むと紛れも無い「源泉掛け流し温泉」です。

それとも私が間違っているのかな?

 

ここではシシ鍋も食べられます。

イノシシ肉の中で一番美味しいと言われている

子供を産んでいないメスのシシ肉を出してくれます。

 

料理旅館と銘打っているだけあって、

お料理はとても美味しいです。

 

食事をすればお昼でも入泉可能です。

リフレッシュに是非どうぞ露天風呂と猿

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

 

栄養療法アドバイザー 平澤きみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス