ヘルスカウンセリングと病院の検査の違い | 健康ダイアリー ~健康寿命を延ばす鍵~

健康ダイアリー ~健康寿命を延ばす鍵~

栄養療法アドバイザーきみのブログ
自分の身体の個性を知ることの大切さ
健康寿命を延ばすキーポイントをお伝えします

 

Infomation
iconメタトロン&ヘルスカウンセリングのご案内は
  HPのinformationからご確認下さい

  ※名古屋・東京 日程追加しました
iconHPはこちら

 

 

以前にもご紹介したことのある

リフトアップとデトックスをしてくれる美容院

のベルジュバンスサロンを沖縄でOPENさせた島崎さん。

 

先日、ヘルスカウンセリングを受けに来てくれ、

『最先端の人間ドックですね!!』なんてステキに表現してくれました。

 

 

 

 

その時のことを島崎さんのお店のブログで紹介してくれています笑顔(色無し)
メタトロン

 

 

たまに『ヘルスカウンセリング受けていれば

病院の健康診断受けなくても大丈夫ですよね?』

というような質問をたまに受ける事があります。

レントゲンやバリウムのリスクを知っている方はそう思うかもしれません。

 

そんな時は、

「ヘルスカウンセリングは“予防” のためのもので、

病院の検査は“発見”のためのものと私は考えています。

だから、両方必要だと思います。」

とお答えしています。

 

 

基本的にヘルスカウンセリングは

→自分の身体の個性を知り

病気になりにくい身体を作るためのヒントを知るためのもので

病気の予防やより高い健康を目指すの為に受けるもの

 

それに対して病院の検査は

→基本的には病気を発見するためのもの

と私は切り分けています。

 

 

 

 

病院の検査でもある程度の予想は可能ですが、

結局解決法は対処療法の薬になるので

問題の根本的な解決にはならないと私は思っています。

そして病気になってから対策をしていては遅い場合もあります。

 

かといってメタトロンのような機械は、

身体の状態を完全に把握出来るようなものではないです。

 

病院の検査も完全ではありませんが、

メタトロンのような機械も完全な物ではありません。


だからどちらか一つを選ぶのではなく、

良いトコ取りをして下さいとよく言っています。

 

 

ヘルスカウンセリングでは身体の状態をしっかり聞いたり、

メタトロンなどを使って身体の中を垣間見ることで、

医療とは違う観点で身体の声を聞くことは出来ます。

 

ヘルスカウンセリングでは

身体が「このままだとこの臓器が限界」と言っている場合は、

日常生活でそこを守る方法をお伝えすることが出来ます。

 

私がヘルスカウンセリングを始めた根底には

自分と縁があった方が

間違った情報で健康を害して欲しくない

現代医療の犠牲になって欲しくない

という気持ちがあります。

 

是非、健康なうちに予防に努めて頂きたいのです。

 

 

島崎さんのお店 shmallow シュマロ 

那覇のTギャラリア沖縄の近くですカット

 

 

 

 

通常メニューは勿論、

リフトアップとデトックスに特化したヘアエステがとってもオススメです♪

 

年明け頃には沖縄でヘルスカウンセリングをする予定です。

沖縄地方の方にお会い出来るのが楽しみですルンルン♪

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

 

 

栄養療法アドバイザー 平澤きみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス