連日のようにコロナワクチンのニュースが流れています。

 

ここに来て我が家の長女(4歳)は気がつきました。

しかも外遊び中に何の脈絡もなく突然。。

 

日本語だとワクチン

英語だと

バックシーーーン!

 

 

急に長女の頭の中で何かが繋がったんだと思います。

 

年明けから、週3~4くらいのペースで

NHKニュース7を副音声にして英語で視聴するようにしています。

もちろん最初はちんぷんかんぷんでしたチーン 

いいえ、今もです。

バックシーーンと発する日までは、ニュースを見ても何も言わなかった長女。

本当に急に言い始めました。

 

そもそも副音声を活用しようとしたのは理由がありました。

初級講座を再受講してみて、英語に触れる時間を増やそうと思ったからです。

 

我が家には1歳の次女もいますので

動画を見せる時間を増やすことにはちょっと抵抗がありました。

そこで毎晩見るニュースの時間を少しだけ英語へ置き換えてみたのです。

副音声への苦手意識はありましたが、結果、やって良かったです。 

 

話を戻しまして長女はというと、

ニュースでvaccineが聞こえる度に

「あ!バックシーーーンってまた言ってる!」と言います。

まるでその単語がもつ音を集めている感じです(笑)

 

私はというと、vaccine=ワクチン は

ラテン語が語源だということを知りました笑い泣き

 

次回は、歌が大好きな次女の成長を書こうと思います。

 

今日の備忘録はこれにて終わりにします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

音読協会 講座の一部をご紹介

 

語絵本の世界をのぞくなら  右差し バイリンガル絵本クラブ

英語圏の絵本を使ったお家での英語導入の基本を学ぶなら  右差し 赤ちゃんから始める英語絵本読み聞かせ「初級講座」