空き家、家の管理、家の相続まで。全国対応の家のプロ。大工さん行政書士

空き家、家の管理、家の相続まで。全国対応の家のプロ。大工さん行政書士

大工さん行政書士のかねつきです。行政書士かねつき事務所は、「家」をテーマに、島根県だけではなく、全国からの、相談を受け付けております。家のトラブル、一緒に防いでいきましょうね。

それでは、朝8時にブログでお会いしましょう^ ^

NEW !
テーマ:

おはようございます。島根の大工さん行政書士のかねつきです。

 

昨夜、北海道でまた大きな地震がありましたね。

 

最大震度6弱の地震、昨年9月の余震とのこと。

 

発生当初、まったく分かりませんでした。Twitterで知りました。

 

今のところ一部で停電や断水が発生しているようですが、大きな被害が出ていないことを祈るばかりです。

 

 

総務省消防庁の7時現在の資料。

 

 

今日、2月22日は竹島の日。

 

島根県が2005(平成17)年3月に、竹島帰属の告示から100年を迎えたことを受けて条例で定めた記念日です。

 

1954(昭和29)年以降、韓国による不法占拠が続いていることから竹島の領土権の確立に向けた運動推進と世論の啓発が目的とされています。

 

韓国の資料にも日本の領土とされているにもかかわらずです。

 

ここ数年ようやく全国的なニュースでも取り上げられることが多くなった印象です。

 

例年になく韓国の話題、ニュースがホント多いです。

 

一昨日は、日本名の樹木を韓国の樹木へ植え替え「日帝時代の残滓」そんなニュースがありましたけど。

 

韓国には切られる樹木がかわいそうという発想や感情はないのでしょうか。

 

日本統治時代に植えられた樹木まで目障りなのか、と。

 

同じ日本による統治時代があった台湾と比較されることもありますが評価、認識、日本における出来事への反応など全く違いますね。

 

日本統治時代が100パーセントいいことばかりだったなんてことはあり得ないのは分かってます。

 

それでも悪いことばかりでもなかったはずなのに、どうしてなんでもかんでも日本が悪い悪いになるのでしょうか。

 

いまだ韓国の国会議長の発言が終息していないですし。

 

あの発言に加えてどんどん暴言がエスカレートしている様子には呆れるばかり。

 

自国の歴史や歴史認識などとか関係ないのでしょうか。

 

2月22日は竹島の日。

 

韓国の不法占拠の状態にもかかわらず何もできないわが国の政府。

 

韓国に対して、わが国固有の領土。なにかあれば遺憾、誠実に対応、未来志向くらいしか聞かれない状況のままです。

 

今年も記念式典が行われるようですが、日本政府はどんな主張されるのでしょうか。

 

好きな猫種は?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

あなたもスタンプをGETしよう

 

それでは、今日も良い一日になりますように。


テーマ:

おはようございます。島根の大工さん行政書士のかねつきです。

 

昨日は全国的に温かくなったようで、多くのところで3月から4月並みの気温になったようですね。

 

気象庁によると静岡県の三島市では最高気温22.7度を記録したようです。

 

群馬県桐生市や三重県尾鷲市などでも20度を超えたとか。

 

それから、今月は平年より気温が高い日が続くようです。

 

 

このところ鼻がムズムズします。

 

花粉症でもないんですけど、鼻水、くしゃみがよく出ます(^^;

 

また風邪かしら(笑)

 

気象情報会社の「ウェザーニューズ」が関東全域と九州、四国、中国地方の一部で18日までに本格的にスギの花粉の飛散が始まったと発表。

 

花粉の飛散の開始は、東京都では14日早く、平年より5日も早いそうですね。

 

同社の観測では、ピークは東日本、西日本は2月下旬から3月中旬関東各地で歯平年より2倍から3倍多い飛散量を予測しているとか。

 

ヒノキの花粉も4月頃がピークのようですけど。

 

花粉の飛散について植林がどうのこうのとは言いません。

 

仕事がらスギやヒノキとはご縁がありますから^^

 

ただ、山の原木から製材された材料ですから花粉はほとんどついていないとは思われますけど、鼻がムズムズします。

 

今年は例年になくマスクをつけていない日が多いことも影響あるのでしょうか。

 

今朝も鼻水くしゃみです。

 

「こころ」読んだことある?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

あなたもスタンプをGETしよう

 

それでは、今日も花粉には十分お気をつけくださいませ。


テーマ:

おはようございます。島根の大工さん行政書士のかねつきです。

 

出入国管理法、いわいる移民法とも言われてます。

 

外国人労働者に関係する法律でもありますね。

 

4月から施行される改正入管法について議論も深まらず、国民にも理解されないまま強行に改正される入管法とよく聞きます。

 

 

新設の在留資格 イラントルコ除外へ

 

昨日、2月19日の朝日新聞デジタルのニュース記事。

 

4月から施行される改正入管法では、新設される在留資格「特定技能」について法務省はイランとトルコの国籍を持つ人には資格を与えない方針を固めたとなってます。

 

強制退去となった自国民の身柄引き取りに協力的ではないとの理由からなんだそうですけど。

 

4月から施行なのに来月最終判断するとのことです。

 

イランやトルコの人が日本における外国人労働者のどれくらいの割合になるのか、またこれまでどのような問題があったかどうかなどニュース記事では不明です。

 

近隣のお騒がせな国は自国民の身柄の引き取りに協力的ということなのでしょうか。

 

中国や韓国のほうが先決なんじゃないかと思ってしまいましたけど^^

 

外国人労働者についてこれからいろいろな問題があとからあとから出てくるのでしょうか。

 

好きな歌舞伎役者、いる?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

あなたもスタンプをGETしよう

 

それでは、今日も良い一日になりますように。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス